無料

Photo-diary razimn トヨタ、TF106を正式に発表

トヨタ、TF106を正式に発表

早いですねえ・・・・しかもTF106Bも用意中ですか・・・・
パナソニック・トヨタ・レーシング 全チームに先駆けて新型”TF106”を発表
トヨタ・ウェイの真価をフランス・バランシエンヌの新鋭トヨタ・フランス工場で披露

2006年1月14日(土)(フランス・バランシエンヌ発)

パナソニック・トヨタ・レーシングは、2006年シーズンへといち早くスタートを切った。

1月14日(土)フランスのバランシエンヌにあるToyotaMotorManufacturingFrance S.A.S(TMMF)で、世界中のメディアに向けて、新型“トヨタTF106”の報道発表会が行われた。

TMMFは、トヨタの欧州での最多販車である「ヤリス」(日本名ヴィッツ)が生産されている最新鋭工場であり、トヨタのF1活動と自動車生産との密接な関係を示すために、新型“TF106”の報道発表会場として選ばれた。

パナソニック・トヨタ・レーシングは、2006年シーズンへ向けて、斬新なアプローチを採用した。それは、新型“TF106”のレースカーが、すでに、昨年の11月29日にスペイン・バルセロナのカタルニアサーキットでのF1合同テストから走行を開始し、走行距離を伸ばしていることで、実証された。

新しいV型8気筒エンジンの採用により、各チーム横一線になったチャレンジが始まり、また新たなタイヤ供給先となったブリヂストンとの協力関係の中で、2006年シーズンへ向けて、パナソニック・トヨタ・レーシングは、かつて、前例がないほどに早く新型“TF106”を投入した。

トヨタのアグレッシブな開発プログラムは、F1に明確な指針を与えた。

2005年シーズンの終盤2戦で、“TF105B”がポールポジションを獲得してから、たった、6週間後に新型“TF106”は、ライバルチームの前に投入された。

「我々は、毎年の新型発表会だけのために、年初に新型を発表するのは、今や時代遅れといえる」とシャシー担当テクニカルディレクターのマイク・ガスコインは語る。

「我々は、ますます頻繁に、大事な要素をアップデートせねばならい。これを管理することは大変難しいが、常にF1カーを速くするということは、ただやみくもに既存のコンポーネントやデザインに変更を加えるのではなく、これまで使用してきた良い部分を最大限に活かすことが必要だ。従って、“TF105”から“TF105B”へ、そして、“TF106“のより早い完成へと、絶え間ない進化のプロセスを辿り、スムーズに移行してきた。
そして、また、この進行中のプロセスは“TF106B”へと続き、今現在、2006年シーズン第7戦モナコGPには投入出来る見込みだ。

この、絶え間ない改良のプロセスは、F1プログラムの中でさえ、トヨタの企業理念であり哲学でもある「トヨタ・ウェイ」の基本となる「カイゼン」が活かされていることを示しており、トヨタ・モータースポーツ(有)(TMG)のドイツ・ケルンの工場においても、特に「トヨタ生産方式」(TPS)が役立っている。

TPSは、コンポジット部門やエンジン開発部門で効率を改善するために活かされている。
「TPSは、“トヨタ・ウェイ”の一部であり、絶え間ない改善を通して、無駄を排除、会社内すべてにおいて効率向上が可能だ」と冨田務TMG会長兼チーム代表は語る。

「TPSは、トヨタ自動車はもとより、TMGとF1活動にまで波及された。毎日、我々は、TPSがもたらす効果を実感出来ている」とTMG社長のジョン・ハウエットは語り、「我々は、ケルンで我々の会社のためのTPSグループを作った。それにより、施設全体で、無駄を無くし作業時間を短縮し、効率向上を図ることが出来た。
とくに、CNC部門とコンポジット部門では、顕著であった。改良には終わりはない。TPSの大事なところは、上司からの指示で実行するよりも、自らの行動で、より機能を発揮するという点である」

TPSの適用は、新型“TF106”をいち早く投入するためのチームの活動に、重要な役割を果たした。
大事なことは、2005年シーズンを戦いながら熟成の進んだF1カーを使用して、一刻も早く、V型8気筒エンジンとブリヂストンタイヤをパッケージの一部として経験を蓄積することであった。

エンジン部門テクニカルディレクターのルカ・マルモリーニが説明する。「2006年のV型10気筒からV型8気筒への移行という面において、“TF106”のパッケージで昨年11月と12月のテストを走らせられたことは、極めて有益であった。1月まで待つことになれば、その後、テストで対応し、準備に時間のかかるパーツを変更して開幕戦に間に合わせるのは難しい。我々は早くからテストを行ってきたことで、テストベンチ上で行ってきたことの確認など、全てにおいて最大限の時間を取ることが出来た。どのドライバーも、パフォーマンスと信頼性において積極的なフィードバックを与えてくれた。そして我々は既にレースを戦えるパッケージを用意出来た自信がある。とはいえ開発のペースを止めることはない」

昨年11月に新型“TF106”の心臓部がテストされている間に、基本的に“ボルトオン”出来るような空力とサスペンションのアップデートパーツが開発され、3月12日にバーレーンで行われる開幕戦までに間に合うように、全力で開発されている。

マイク・ガスコインが続ける。「出来る限りぎりぎりまで遅らせる理由は、風洞での空力開発に最大の時間を取りたいからである。我々は、開幕戦バーレーンGPまでの期間に、出来る限り多くの時間走行することでメカニカルパッケージでの信頼性向上を進め、その間に風洞で開発した最新の空力パッケージを組み合わせたいと考えている。もし1月に新型が走り出すのであれば、昨年11月のブリヂストンとのテストで学んだことの多くを活かすことが出来なかっただろう。我々はテストから学んだことを心において、既に次の“TF106B”に対応、導入出来る状況にある。

パナソニック・トヨタ・レーシングの2人のドライバー、ラルフ・シューマッハーとヤルノ・トゥルーリによって、昨シーズン、2度の2位を含む5度の表彰台を獲得したあと、2006年のチームの新たな目標は優勝以外にはなくなった。しかし、チーム代表の冨田務は、その挑戦がどれだけ厳しいものか十分すぎるほど理解している。


「当然の事ながら、2006年の選手権における我々の目標は、表彰台の頂点に上がることである。非常にハードに努力を続けているが、我々が2006年に直面するであろう挑戦や、F1の難しさを過小評価はしていない。もし誰かが浮上すれば、他の誰かが順位を下げなくてはならなくなる。もし初優勝を遂げることが出来たとしても、そのポジションを守るために、よりハードな努力を続けなくてはならないだろう」

冨田務はライバルとどのレベルに位置するのか予想することは不可能だと認める。「何が起こるか予測するのは非常に難しい。特に今シーズンは、新しいV型8気筒エンジン、そして新しいブリヂストンタイヤ、さらに変更された予選方式など、全てが変わってしまっている。目標は、ブリヂストンタイヤ装着チームでの最上位である。我々は昨年、表彰台獲得チームとなったが、ライバルチームも常により上を目指して開発を続けている。明らかにそれはコンスタントに表彰台に上れるチームということを意味しており、そうすれば、表彰台の一番高いところへと上ることも出来るだろう」

シャシー部門とエンジン部門のテクニカルディレクターであるマイク・ガスコインとルカ・マルモリーニは、“TF106”と新しいV型8気筒エンジンは、ケルンの全てのスタッフが、これまでで最も密に協力しあって生み出したものであり、トップを狙っていくために最適なパッケージになっていると自信を持っている。


ジョン・ハウエットは「各部門間の統合が必要だ。組織内の障壁を壊し、それを統合すれば、すぐにでも、大きな改良が得られるだろう。全てのF1チームは、彼らがチームであることを主張したがるが、グループや“帝国”の中では、自然に、「自分の所では作らなく」なり、担当範囲が孤立する傾向にある。“TF106”の後部デザインは、エンジン部門とシャシー部門がデザインおよび製造工程について議論し続けたことで、印象的な仕上がりとなった。そしてそれは大きな進歩をもたらし、我々の“一つ屋根の下での開発”というコンセプトから得られる利益の始まりとなる」と語った。

ルカ・マルモリーニは、比較的短い期間でのV型8気筒エンジンの設計、構築という挑戦に誰もが応えたと語る。「準備期間を含めたこれまで6年間の間に、トヨタチームは多くのノウハウを蓄積してきた。そしてこのエンジンこそは、我々の経験のたまものである。重要なのは、我々が若く、フレキシブルなチームだということだ。我々はV型8気筒エンジンの規則を挑戦として受け入れ、そしてその相違点は技術的に刺激を与えてくれたので、楽しむことが出来た」

2006年シーズン、ラルフ・シューマッハーとヤルノ・トゥルーリは、昨シーズン選手権における4位という成績を反映したカーナンバー7と8を付けてグランプリへと臨む。2003年からのチームメンバーであるリカルド・ゾンタとオリビエ・パニスは、それぞれがサード・ドライバーとテスト・ドライバーの任に就く。

ラルフ・シューマッハーとヤルノ・トゥルーリの両ドライバーは、パナソニック・トヨタ・レーシングでの2シーズン目を迎え、その開発のペースに満足している。彼らは早い時期から新型“TF106”をドライブする機会を得て、年が変わる前から開発に貢献する事となった。

ヤルノ・トゥルーリは、「早くからテスト出来たことが、今シーズンの我々のアドバンテージになることを期待している。我々が最速になれるとは言えないが、新型での走行距離と経験を積んできたことで、準備が非常に上手く行っているのは確かだ。まだ開幕戦やそれに続くグランプリへ向けてやらなくてはならない作業が多くあるが、現在我々は非常に好調で、感触も良い。何も心配していないし自信もある」と語った。

ラルフ・シューマッハーは、「もちろんまだ非常に早い時期ではあるが、新型“TF106”は本当に好感触だ。エンジンの馬力は明らかに低下したが、それでもまだ非常に運転しやすいエンジンで、良いトルクカーブを持っている。新たなブリヂストンタイヤの性能にも満足しているが、我々はシーズン前のテストで全てのプログラムを実行し我々のパッケージを改良するための開発を続ける必要がある。開幕戦までに多くの作業を終えるために、集中的なスケジュールとなっているが、早くから新型を用意出来たことは有利だとも言える。我々は昨シーズンそれを学び、効果を実感した。そしてそれが、序盤の数レースで大きな助けとなった。今年も再びそれを目指している」と語った。


web_big5.jpg

web_big6.jpg

web_big7.jpg

web_big8.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ラジマニ

Author:ラジマニ
のんびりマイペースに綴っていくラジマニ(Razimn)のブログです。F1、鉄道が主です。

最近は年に1回の鈴鹿サーキット詣でを継続中。
鉄道では、東は北海道から西は九州まで、被写体を求めてあちらこちらに出かけています。


鉄道ブログランキングに参加してます!よかったらクリックお願いします!!→鉄道コム
人気blogランキングへ RC Maniax
FC2 Blog Rankingランキング参加中!!クリックよろしく!!

現在使用機材(すべてキヤノン)
IXY 32S
EOS Kiss X3
EOS 7D mark II

EF-S 18 - 55 mm F3.5 - 5.6 IS
EF-S 18 - 135mm F3.5 - 5.6 IS STM
EF-S 55 - 250 mm F4 - 5.6 IS
EF 70 - 200 mm F4L IS USM

EF 50 mm F1.8 II
EF 300 mm F4L IS USM
Extender EF1.4× II

当ブログの記事、画像の著作権は放棄していません.無断での利用、改ざん、複製などは行ってはいけません。

最近の記事
FC2ブログランキング
ぜひクリックをお願いします!!

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
ぶつぶつ・・・
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ユーザータグ

24系 DD51 EF65 381系 485系 トワイライトエクスプレス 115系 キハ40系 EF81 EF64 14系 221系 103系 223系 宝殿 183系 EF510 113系 EF66 DE10 サロンカーなにわ ED79 EF210 函館 山崎 キハ183系 北斗 くろしお 100系 683系 曽根 新大阪 789系 札幌 681系 はまなす 北斗星 475系 205系 白鳥 287系 北越 201系 青森 四日市 カシオペア 東十条 京都 281系 N700系 高岡 211系 12系 姫路 E26系 105系 F1 いなほ 413系 700系 清洲 岡山 207系 キハ261系 583系 日本海 300系 DE15 富山 500系 225系 谷川 直江津 長岡京 185系 あけぼの DF200 キハ40 広島 油川 五稜郭 オホーツク 117系 東富山 200系 キハ283系 キハ281系 新潟 富田浜 はくたか 大阪 大宮 283系 E2系 189系 津軽宮田 加古川 須磨 上野 こうのとり 尾久 E231系 東室蘭 柏原 下滝 E4系 あずさ 御着 鈴鹿 水橋 EH500 白浜 熊谷 向洋 E3系 野田 尼崎 本輪西 島本 383系 0系 C56 785系 E233系 黒山 新倉敷 E351系 新青森 キハ120系 キハ85系 茨木 EF200 711系 くびき野 南松本 しなの 敦賀 西明石 521系 C57 ばんえつ物語 701系 大沼 福知山 285系 キハ150系 321系 亀田 きたぐに 堺市 EH800 福山 倶利伽羅 相生 EH200 稲沢 枇杷島 ED45 227系 E5系 岐阜 富田 平田 名古屋 松本 カムイ 梁瀬 和田山 E127系 荻川 引退 美袋 塚本 白石 黒井 山城 釜谷 SLやまぐち 亀山 長鳥 春日山 間島 西川原 佐々木 下庄 おおぞら とかち EF67 塚山 福島 赤プレ やくも つがる 網干 ひめじ別所 花園 塩浜 苗穂 E751系 石動 村上 サンダーバード 313系 塩屋 733系 E257系 フェラーリ 大津トンネル 赤羽 甲府 瀬戸 秋田 三岐鉄道 加古川線 旧型客車 佐藤琢磨 後潟 相模湖 新津 セメント 上夜久野 郡山 八本松 藍本 西袋 仁川 文学少女 天王寺 向日町 豊栄 天神川 大サロ 余目 鶴ヶ丘 糸魚川 キハ47 平野 高田 暁学園前 三滝 安芸長束 上郡 高尾 きのさき 高槻 石生 山家 浅香 新山口 鶯谷  太平洋セメント 今宮 左堰 C11 会津若松 綾部 米原 米子 朝来 エアポート はまかぜ 415系 岩見沢 323系 森ノ宮 渡島当別 泉沢 大麻 丹波竹田 池袋 篠目 DD452 87系 トワイライトエクスプレス瑞風 923形 ドクターイエロー 金光臨 春日井 市島 キハ185系 南紀 かいじ サンライズエクスプレス 津和野 上野原 琴似 野田生 芦屋 根雨 長岡 生山 しらさぎ 145系 越中大門 ラッピングトレイン キハ189系 倉敷 上石見 キハ11形 東三条 出雲 岩船町 マイテ49 金沢 南今庄 河内堅上 高井田 厚狭 黒坂 府屋 平林 27号機 鶴岡 保内 久宝寺 キハ110 横川 上道 下夜久野 須原 川部 蟹田 瀬辺地 新札幌 渋谷 島高松 島内 E259系 堅田 稲穂 岸辺 呉羽 脇野田 北新井 キハ120 杉本町 新井口 砂越 四ツ小屋 東酒田 山梨市 竜野 キハ52系 721系  山科 すずらん 中沢 奥内 213系 船平山 のぞみ  ノロッコ 510系 タミヤ E1系 新宮 椿 奥出雲おろち 豊岡 弁天町 宮原 玉柏 千歳 富良野 阿漕 ことぶき トロロッソ ホンダ 国鉄色 紀伊新庄 HOT7000系 中津川 落合川 新幹線 紀伊富田 原色 徳島 ブルーノ・セナ 七飯 落部 東神奈川 キハ28系 津山 みまさかスローライフ 福知山線 津幡 こだま 桜木町 東高島 東淀川 明石 フォーミュラチャレンジ・ジャパン 豊浦 鹿討 撫牛子 倉本 田端 KE65  ヘッドマーク C62 津軽新城 江・浅井三姉妹博覧会 桑園 ニセコ 学田 西中 七重浜 大桑 登別 苫小牧 旭山動物園 宗谷 中富良野 ノスタルジー 梶屋敷 越後石山 有年 勝木 吉塚 酒田 相野 妙高 上狛 荘原 東京 長門峡 徳佐 鯨波 橋本紡 鍋倉 山本ケイジ 半分の月がのぼる空 後三年 くずりゅう 柏崎 芦原橋 SAF1 交通科学博物館 飯詰 ED75 121系 梅小路 2000系 大津京 アイランドエクスプレス四国II 猿橋 四方津 ひかり 金手 HK100 勝沼ぶどう郷 西条 瀬野 小岩川 早通 大歳 289系 あつみ温泉 牧山 キハ181 311系 土崎 キハ85 大月 ラベンダー畑 湯川 中島 オヤ31 仁山 DD511 谷浜 英賀保 キハE120系 下里 青森車両センター ノースレインボーエクスプレス 大安寺 摂津富田 南部 札幌運転所 上八木 HB-E300系 安治川口 紀伊勝浦 新神戸 備中広瀬 大久保 HD300 サンライナー 岩代 あいづ 和歌山 柏矢町 千里丘 上磯 茂辺地 札苅 伯耆溝口 紀伊田辺 豊科 川棚温泉 苗穂工場 甲種輸送 253系 中庄 ひだ 串本 三田 馬堀 キハ110系 キハ183 E129系 天空の城竹田城跡号 堂島 保々 武蔵浦和 回送 青海 上菅 古座 広田 紀伊田原 E655系 紀伊浦上 C58 新白島 朝里 土岐市 はまかいじ ワム 湯ノ峠 小樽築港 西高岡 920IS F1撤退 早島 大張野 涼宮ハルヒ F60 アニメ 姫路貨物 三国ヶ丘 新下関 F1 和田 2600系 我孫子町 F103 我孫子 RC 2009年 吹田 ライコネン  上松 ななつ星in九州 トヨタ 青野山 富士スピードウェイ 中秋の名月 クビサ 高島 坂下 野尻 篠山口 F1モデリング アロンソ 多治見 FIA 仁保 RC 新宿 西河原 安中貨物 70-000形 川西池田 北千住 レッドブル BMWザウバー キヤ97系 フォースインディア 鈴木亜久里 F2008K KERS マクラーレン ウィリアムズ IXY 臨時 岩美 香住 横浜 玄武洞 安芸阿賀 新広 行田 大岩 だいせん  長船 新三田 大阪城公園 解体 仁方 広野 熱海 京橋 川原石 湖山 鳥取大学前 キハ187系 日本GP 十条 南与野 ムド 名和 木曽福島 大山口 青プレ クモヤ443系  キハ189 松崎 MRT300形 まつかぜ 8866レ サンライズ出雲 サインライズ瀬戸  フライアッシュ 零戦 三軒茶屋 大杉 広島電鉄 西浦和 上野動物園 西脇市 MLRV1000 上郷 キハ181系 西武30000系 新守山 シキ さよなら運転 久々原 大曽根 KTR8000 黒川 塩入 土佐北川 能生 赤穂 ポルシェカレラカップジャパン 大多喜 瀬戸内マリンビュー 廃止 M250 K53編成 播但線 亀岡 西九条 上総東 薊野 土佐一宮 大原 雷鳥 西日暮里 西畑 総元 長居 美作滝尾 吉見 梅ヶ峠 小串 海田市 マリンビュー DD51 阿品 宮島口 湯玉 宇賀本郷 三見 宇田郷 須佐 玉江 長門粟野 長門二見 滝部 阿川 桂川 鷲別 長都 千種 北広島 黄金 崎守 礼文 大岸 洞爺 ながまれ号 函館運輸所 上富良野 茂尻 赤平 フラノラベンダーエクスプレス 旭山動物園号 陣屋町 南千歳 東港 ND552 芳養 周参見 紀伊日置 熊取 上野芝 仙台 はやぶさ E6系 六十谷 紀伊中ノ島 シティライナー フルーティア 719系 駒形 伊勢崎 東長原 西広島 桔梗 キハ56系 岩本 津久田 瑞浪 越後川口 小千谷 ND60 勝川 越後早川 美乃坂本 恵那 下関 備中高松 木古内 黒井村 梅林 武並 123系 静狩 長万部 丹生川 三里 甘地 朝霧 魚住 肥前竜王 肥前白石 あかつき 福崎 仁豊野 三雲 貴生川 渡川 甲西 石部 香呂 手原 西諫早 喜々津 N2000系 佐古 蔵本 うずしお 引田 8000系 二軒屋 讃岐白鳥 剣山 地蔵橋 伊賀屋 肥前長田 湯江 神埼 池谷 文化の森 勝瑞 備後落合 油木 E353系 立川 鳥沢 しまんと 詫間 南風  みの 小淵沢 長坂 江別 手稲 鷲ノ巣 豊幌 蘭島 みどり湖 塩尻 三縄 祖谷口 加茂中 宍道 直江 幡屋 木次 出雲坂根 出雲三成 出雲八代 出雲市 八鹿 庭瀬 備前一宮 金川 法界院 備前原 江原 国府 喜多方 山都 宮内 越後広田 来迎寺 EF510 塩山 中山 レールスター E351系 おはよう信越 さつき野 遊佐 南鳥海 さくら夙川 鼠ヶ関 河内 虎姫 長浜 入野 菊名 R32 サンポート 讃岐府中 鴨川 あすか 日本海縦貫線号 東姫路 キヤ143系 DD15 函館市電 知和 矢野口 209系 キハ261 稲城長沼 7200系 美作加茂 三浦 吹浦 女鹿 地福 広島車両所 DF50 北長岡 加茂 焼島 新潟貨物ターミナル 工臨 DD13 キハ80 鶴ケ丘 芦原橋駅 瀬野八 王寺 151系 D51 181系 上沼垂 とき ニコニコ超会議号 新今宮 8600系 羽前水沢 羽前大山 こまち カンセンジャー 仁賀保 ヨ8000 コキ72 西小倉 にちりん E653系 白山 矢原 101系 いせ いしづち 筒井 一身田 みえ キハ75形 衣浦臨海鉄道 半田埠頭 紀伊宮原 箕島 東成岩 新疋田 矢賀 椎田 小倉 木之本 豊前松江 jはやぶさ 田沢 くまげら 宇久井 尾鷲 東新津 吉田 清音 新関 三川 上野尻 徳沢 津川 豪渓 木野山 江尾 岸本 日羽 新見 石蟹 方谷 井倉 余呉 田村 キハ141系 札幌貨物ターミナル 平和 近江八幡 キヤ141系 キヤ95系 朝日 はるか マヤ34 サロベツ 北常盤 大釈迦 鶴ヶ坂 ブナ 郷沢 美々 C51 651系 西国分寺 氷見 島尾 みのり 石原 高津 竹田 はしだて KTR8000形 川口 田町 風っこ キハ122形 EF510 ゆう E721系 踊り子 251系 北長瀬 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
RSSフィード