無料

Photo-diary razimn シンガポールGP。アロンソが優勝!!

シンガポールGP。アロンソが優勝!!

------------------(9月29日23時30分追記)----------------------
今回はピケJrのクラッシュのよるセーフティカーの導入が波乱の第1歩だった。
これによってピットはクローズ。隊列が整った後にオープンされたが、このときに各車がピットに集中。発進の合図にシグナルを使っているフェラーリはマッサが先に入り、後ろでライコネンが順番待ちという形になった。これが原因かわからないが、多少焦った部分があるのかもしれない。マッサが給油リグが抜けきらないうちに発進してしまう。これが危険行為とみなされ、ドライブスルーペナルティを喰らい、最後尾まで落ちた。これは以前のライコネンのアクシデントと同じような形ではないだろうか?

タイトル争いが赤信号のライコネンはラスト数周まで5位走行。なんとかポイントを持ち帰れそうなときにクラッシュ。うねうねしたターン10の縁石にはじかれてカーブを曲がりきれなかったようだ。これで今年のライコネンは終わってしまったといわれても仕方がない。

今回、1年ぶりの優勝を手にしたアロンソは金曜フリー走行からすばらしい走りを披露。3回のうち2回がトップタイムであった。この流れが続けば優勝も見えてくる。しかし、予選Q2で燃料タンクの異常で予選15位となってしまった。
決勝では、今までとは違い、スタートから果敢に前車を攻めていく姿が目に入る。もしかしたら、シンガポール+ルノー+アロンソのマッチングは最高だったのかもしれない。ピケJrにとっては最悪のGPだったろうが・・・

中嶋一貴は序盤に1ストップ作戦のトゥルーリに引っかかるもオーバーテイクしてからはすばらしい走りを披露。結果的に8位入賞をもぎ取った。チームメイトは2位を獲得。この調子で一貴にはがんばってほしい。

ホンダはバトンが9位完走。しかし、これではとても復活とはいえたものではない。
トヨタはグロックが4位入賞。ヤルノは終盤にリタイヤという結果だった。
日本勢の奮起を期待したい。

------------------------とりあえず、オートスポーツWEBより。-----------------------------
 初のナイトレースとなったF1第15戦シンガポールGPは28日、61周の決勝レースが行なわれ、途中セーフティカーの混乱を切り抜けたフェルナンド・アロンソ(ルノー)が優勝を飾った。2位はペナルティストップを受けるもSC中に混乱を抜けたニコ・ロズベルグ(ウイリアムズ)、3位はルイス・ハミルトン(マクラーレン)だった。

 東南アジアだけに突然の雨が心配れたシンガポールGP。しかし、決勝日を迎えたマリーナ・ベイ・サーキットはドライのまま。天気予報でも雨の予報は出ていない。煌々と照らされた照明の中、20台のF1マシンがフォーメーションラップに飛び出していく。気温は28度とそれなりの暑さだが、湿度78%とかなり蒸し暑い。ジャンカルロ・フィジケラ(フォース・インディア)はパーツ交換、セッティング変更を施したためピットスタートを選択した。上位陣はハードめのタイヤを装着するチームが多い。

 迎えたスタート、ポールポジションのフェリペ・マッサ(フェラーリ)が好スタートをみせ、2番手ハミルトン、3番手ライコネンと続く。クビカ4番手、ベッテル5番手と続く。クビカはヘイキ・コバライネン(マクラーレン)とスタート直後に接触するが、両者とも大きなダメージはなし。中嶋一貴(ウイリアムズ)はひとつポジションを落とし11番手で1周目を終えるが、後方からアロンソが激しくポジションを脅かす。

 場所によってはかなりコース幅が狭いシンガポール市街地サーキットだけに、1周目以降はオーバーテイクが減っていく。しかし、9番手のヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)のペースが上がらず、その後方は大渋滞。10番手ニコ・ロズベルグ(ウイリアムズ)が何度か仕掛け、7周目に激しいブレーキングスモークとともにオーバーテイク! ロズベルグは9番手に浮上。さらに一貴、アロンソと抜いていきトゥルーリは順位を落としていく。一方、トップのマッサは懸命に逃げを打つが、2番手ハミルトンもその差を3秒程度に保つ。3番手のキミ・ライコネン(フェラーリ)は10周を過ぎたあたりでファステストラップをマークし、こちらも離されずについていく。

 ピット戦略にも注目が集まる今回のレースだが、最初にピットに向かったのは11番手につけていたアロンソ。13周目にピットに入り前を追う。他にもピットインの準備をしていたチームがあったが、その直後の14周目、ネルソン・ピケJr.(ルノー)がクラッシュ! これと同時に、マーク・ウエーバー、デイビッド・クルサード、ルーベンス・バリチェロらが一気にピットイン。セーフティカーが導入される。3台はタイミングが良くペナルティは科せられなかったが、その時にピットインを想定していた4番手クビカ、9番手ロズベルグもピットへ向かい給油。こちらはSC中のピットインのためやむなくペナルティを科せられている。

 17周目にピットがオープンとなると、首位マッサから上位陣はほとんど全員ピットへ。しかし、ここでなんとマッサが給油が終わらないうちにピットアウトし、ホースを引きちぎってしまう! マッサはホースを引きずりピット出口に停車。その後方に控えていたライコネンは給油装置が無く、こちらも遅れてしまう。マッサはピット出口でホースを外してもらいなんとかピットアウトするが、大きく遅れてしまった。

 この混乱が終わってみると、トップに立っていたのはロズベルグ。2番手トゥルーリ、3番手にはジャンカルロ・フィジケラ(フォース・インディア)となる。この2台はSCラン中にピットに入っていない。リスタート後、ロズベルグは一気にリードを広げるが、予想通りフィジケラ以下は大渋滞となってしまう。なお、SC中のピットインの混乱でマッサにドライブスルーペナルティ、ロズベルグ、クビカに10秒ストップのペナルティが科せられた。クビカはペナルティをこなし最下位に、一方大きくリードを広げていたロズベルグは4番手でコースに戻ることに成功した。

 SCラン中にピットに入らなかった2台のうち、フィジケラが30周目にまずピットイン。続いてトゥルーリは34周目にピットイン。どちらも長いストップとなり1ストップと予想された。これでトップに浮上したのはアロンソ、続いて2番手にロズベルグ、3番手にクルサードという展開。ハミルトンは4番手までポジションを戻してきた。2番手ロズベルグは41周目にピットへ、首位アロンソは翌周にピットへ向かう。

 どのタイミングでコースに戻るか注目されたアロンソだが、ギリギリで首位を守りコースに復帰! それを見てかデイビッド・クルサード(レッドブル)、ハミルトン、セバスチャン・ベッテル(トロロッソ)、グロック、ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)らが相次いで2回目のストップを行なう。各車がストップを終えると、首位アロンソ、2番手ロズベルグ、3番手にハミルトン、4番手にグロック、5番手にトゥルーリという展開となる。クルサードはピットでの遅れ、ブレーキトラブルにより遅れてしまった。

 6番手トゥルーリは、トヨタのダブル入賞を目指しひた走っていたが、トラブルにより後退。しかもその直後、マッサがターン18でスピン、戻ろうとしたところで水が出てしまい、ここに乗ったエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)がバリアにクラッシュ! これで残り10周を残してセーフティカーが出動! シンガポールGPは9周を残してのマッチレースとなった。

 リスタートではアロンソが昨年までの強さをみせるかのように抜群のリスタート! 一方、ロズベルグは後方ハミルトンからの猛攻をなんとかしのぐ。残り3周まで順位のアロンソ、ロズベルグ、ハミルトン、グロック、ライコネンと続いたが、残り3周でなんとライコネンが単独クラッシュ! これで中嶋一貴が8番手に浮上した。

 結局その後も上位の順位は変動せず、見事な復活劇をみせたアロンソが昨年のイタリアGP以来となる今季初表彰台&初優勝! ルノーF1にとっては2006年日本グランプリ以来の優勝となった。2位はロズベルグで自己最高位。ハミルトン3位ではマッサとの差を7点に広げることになった。4位はグロックで、GP2の初代、2代目、3代目王者が2~4位という結果となった。中嶋一貴は8位でフィニッシュし1点を獲得。次戦に迫った富士スピードウェイでの日本GPへ向け好材料となった。

 コンストラクターズランキングでは、フェラーリがまさかの無得点に終わったためマクラーレンが逆転。こちらも首位になっている。



FC2ブログランキングに参加してます!一押ししてくださると、作者の励みになります!!→
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フェラーリ(F430)の保険料

誰もが知っているスーパースポーツカー、フェラーリ。4.3リッターV8エンジンを搭載し、最高出力はなんと490馬力!!F430はフェラーリのラインナップの中で最も安価・・・ですが、そこは天下のフェラーリ。一番安いモデルでも簡単に買えるような代物ではなく、F430は大体2,...

コメント

非公開コメント

マッサとライコネンの2回目のピットはロリーポップを使用していました。やはり前回のバレンシアでのトラブルといい、あの信号に問題があるのではないかと思ってしまいますよね・・・

ナイトレースということで注目されたシンガポールGPは、市街地ならではの波乱で目が離せない展開でしたね。
各ドライバーが存在感を示す中で、フェラーリ勢のミスが大きく目立ってしまいました。
マッサのピット作業ミスに続いて、ライコネンまでクラッシュを喫するとは・・・
TBさせていただきます
プロフィール

ラジマニ

Author:ラジマニ
のんびりマイペースに綴っていくラジマニ(Razimn)のブログです。F1、鉄道が主です。

最近は年に1回の鈴鹿サーキット詣でを継続中。
鉄道では、東は北海道から西は九州まで、被写体を求めてあちらこちらに出かけています。


鉄道ブログランキングに参加してます!よかったらクリックお願いします!!→鉄道コム
人気blogランキングへ RC Maniax
FC2 Blog Rankingランキング参加中!!クリックよろしく!!

現在使用機材(すべてキヤノン)
IXY 32S
EOS Kiss X3
EOS 7D mark II

EF-S 18 - 55 mm F3.5 - 5.6 IS
EF-S 18 - 135mm F3.5 - 5.6 IS STM
EF-S 55 - 250 mm F4 - 5.6 IS
EF 70 - 200 mm F4L IS USM

EF 50 mm F1.8 II
EF 300 mm F4L IS USM
Extender EF1.4× II

当ブログの記事、画像の著作権は放棄していません.無断での利用、改ざん、複製などは行ってはいけません。

最近の記事
FC2ブログランキング
ぜひクリックをお願いします!!

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
ぶつぶつ・・・
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ユーザータグ

24系 DD51 EF65 381系 485系 トワイライトエクスプレス 115系 キハ40系 EF81 EF64 14系 221系 103系 223系 宝殿 183系 EF510 113系 DE10 EF66 サロンカーなにわ ED79 EF210 山崎 函館 北斗 くろしお 100系 キハ183系 曽根 683系 新大阪 札幌 789系 681系 はまなす 475系 北斗星 205系 287系 北越 白鳥 青森 201系 京都 カシオペア 東十条 12系 四日市 N700系 281系 211系 高岡 姫路 E26系 いなほ 105系 F1 413系 清洲 207系 700系 キハ261系 岡山 583系 日本海 富山 DE15 300系 500系 225系 185系 長岡京 あけぼの 広島 DF200 直江津 谷川 キハ40 油川 東富山 五稜郭 オホーツク 117系 キハ283系 200系 富田浜 大阪 キハ281系 新潟 はくたか 加古川 E231系 大宮 E2系 上野 須磨 尾久 189系 283系 こうのとり 津軽宮田 東室蘭 下滝 柏原 あずさ 御着 E4系 鈴鹿 島本 白浜 向洋 水橋 野田 尼崎 EH500 E3系 本輪西 383系 熊谷 E233系 黒山 キハ85系 茨木 EF200 新倉敷 C56 新青森 785系 しなの 南松本 相生 くびき野 キハ120系 0系 711系 E351系 きたぐに 福知山 敦賀 西明石 EH800 キハ150系 EH200 大沼 福山 321系 堺市 285系 亀田 白石 521系 C57 倶利伽羅 ばんえつ物語 701系 釜谷 長鳥 荻川 平田 枇杷島 227系 松本 カムイ 稲沢 苗穂 間島 和田山 E5系 美袋 亀山 梁瀬 黒井 E127系 春日山 山城 名古屋 富田 ED45 岐阜 SLやまぐち 塚本 引退 佐々木 フェラーリ 網干 塚山 EF67 おおぞら 下庄 赤プレ やくも 塩屋 ひめじ別所 E257系 西川原 村上 つがる サンダーバード とかち 塩浜 石動 313系 E751系 733系 福島 花園 大津トンネル 三岐鉄道 向日町 キハ47 糸魚川 大サロ 西袋 余目 新津 倉敷 加古川線 郡山 赤羽 暁学園前 豊栄 鶴ヶ丘 八本松 文学少女 佐藤琢磨 仁川 藍本 天王寺 相模湖 上夜久野 甲府 天神川 セメント 平野 旧型客車 瀬戸 秋田 新山口 高田 後潟 越中大門 ドクターイエロー 大麻 出雲 会津若松 上石見 今宮 根雨 サンライズエクスプレス しらさぎ 145系 安芸長束 三滝 渡島当別 上野原 左堰 石生 山家 きのさき かいじ 岩見沢 太平洋セメント 泉沢 岩船町 米子 金光臨 923形 東三条 津和野 篠目 上郡 南紀 朝来 DD452 長岡 生山 キハ189系 ラッピングトレイン 芦屋 野田生 池袋 市島 琴似 綾部 丹波竹田 415系 高槻 浅香 トワイライトエクスプレス瑞風 鶯谷 87系 キハ11形 米原  キハ185系 森ノ宮 323系 高尾 C11 春日井 はまかぜ エアポート ブルーノ・セナ 東酒田 砂越 脇野田 金沢 北新井 稲穂 ノロッコ 富良野 横川 のぞみ  阿漕 トロロッソ 落部 厚狭 HOT7000系 杉本町 四ツ小屋 黒坂 510系 原色 堅田 新幹線 マイテ49 27号機 上道 下夜久野 弁天町 紀伊新庄 椿 蟹田 山梨市 キハ52系 瀬辺地 呉羽 千歳 河内堅上 奥内 須原 宮原 E1系 中沢 岸辺 徳島 平林 山科 府屋 島内 213系 新井口 船平山 渋谷 すずらん 南今庄 721系 キハ120 奥出雲おろち 久宝寺 豊岡 保内 落合川 中津川 鶴岡 新札幌 新宮 高井田 紀伊富田 ことぶき タミヤ 中庄 ホンダ 島高松 玉柏 竜野 七飯 川部 E259系  国鉄色 キハ110 桑園 撫牛子 ニセコ 東淀川 七重浜 旭山動物園 梅小路 宗谷 登別 C58 苫小牧 C62 津軽新城 ノスタルジー ワム 回送 倉本 甲種輸送 新神戸 千里丘 上八木 大桑 馬堀  田端 徳佐 253系 武蔵浦和 安治川口 E655系 中島 摂津富田 東京 後三年 飯詰 SAF1 橋本紡 半分の月がのぼる空 山本ケイジ ED75 福知山線 江・浅井三姉妹博覧会 三田 ヘッドマーク KE65 こだま キハ28系 津幡 鍋倉 早通 小岩川 あつみ温泉 上狛 妙高 勝木 越後石山 土崎 キハ181 ひかり 大月 東神奈川 金手 勝沼ぶどう郷 大津京 四方津 酒田 鯨波 梶屋敷 西条 瀬野 津山 HK100 フォーミュラチャレンジ・ジャパン 大歳 311系 キハ85 芦原橋 柏崎 交通科学博物館 くずりゅう 相野 みまさかスローライフ 東高島 桜木町 紀伊浦上 下里 紀伊田原 串本 保々 湯川 紀伊勝浦 121系 サンライナー 紀伊田辺 2000系 アイランドエクスプレス四国II 牧山 新白島 荘原 上磯 札苅 上菅 天空の城竹田城跡号 茂辺地 オヤ31 湯ノ峠 289系 はまかいじ HB-E300系 備中広瀬 伯耆溝口 仁山 青森車両センター 岩代 南部 中富良野 札幌運転所 苗穂工場 川棚温泉 土岐市 大安寺 ノースレインボーエクスプレス ひだ 鹿討 学田 キハE120系 豊浦 キハ110系 E129系 猿橋 堂島 明石 ラベンダー畑 西中 和歌山 広田 長門峡 古座 吉塚 大久保 キハ183 柏矢町 青海 小樽築港 あいづ 朝里 HD300 谷浜 豊科 西高岡 有年 英賀保 DD511 長都 富士スピードウェイ 千種 甘地 崎守 鳥沢 福崎 木曽福島 洞爺 黄金 三里 京橋 大阪城公園 旭山動物園号 フラノラベンダーエクスプレス 南千歳 陣屋町 北広島 ながまれ号 函館運輸所 廃止 上松 大岸 蘭島 塩尻 シキ 長坂 豊幌 みどり湖 2600系 FIA 多治見 トヨタ 坂下 姫路貨物 江別 静狩 礼文 小淵沢 臨時 さよなら運転 長万部 手稲 鷲ノ巣 赤穂 ライコネン 野尻 アロンソ 熱海 長門二見 横浜 滝部 阿川 宇賀本郷 M250 亀岡 魚住 あかつき 湯玉 肥前白石 長門粟野 行田 須佐 上郷 仁保 東港 十条 宇田郷 西九条 玉江 南与野 三見 西浦和 肥前竜王 小串 西日暮里 我孫子町 我孫子 茂尻 朝霧 赤平 三国ヶ丘 F1モデリング クビサ 篠山口 播但線 丹生川 大竹 長居 鷲別 マリンビュー 宮島口 海田市 吉見 梅ヶ峠 西脇市 三軒茶屋 桂川 KTR8000 DD51 阿品 上富良野  加茂中 幡屋 K53編成 宍道 F103 大多喜 西畑 大原 雷鳥 F1 総元 木次 解体 RC 江原 長船 玄武洞 香住 岩美 広野 新三田 直江 F1撤退 出雲市 八鹿 920IS 上総東 薊野 F60 和田 早島 久々原 渡川 大張野 貴生川 東姫路 アニメ 石部 甲西 三雲 備後落合 塩入 土佐北川 大杉 新下関 土佐一宮 出雲八代 上野動物園 零戦 油木 キハ181系 出雲坂根 黒川 出雲三成 IXY 大岩  南風 みの 詫間 だいせん ウィリアムズ 大山口 BMWザウバー ムド 三縄 マクラーレン 2009年 新広 キハ189 仁方 鈴木亜久里 涼宮ハルヒ 瀬戸内マリンビュー E353系 フォースインディア 川原石 安芸阿賀 しまんと  KERS F2008K ND552 レッドブル 仁豊野 香呂 まつかぜ MRT300形 備前原  松崎 手原 RC 湖山 鳥取大学前 国府 キハ187系 サインライズ瀬戸 日本GP 青プレ 名和 金川 祖谷口 備前一宮 庭瀬 サンライズ出雲 8866レ クモヤ443系 法界院 立川 MLRV1000 湯江 EF510 くまげら jはやぶさ 椎田 豊前松江 宮内 越後広田 虎姫 長浜 さつき野 おはよう信越 来迎寺 小倉 塩山 菊名 中山 R32 西諫早 KTR8000形 はしだて 竹田 木之本 E351系 余呉 レールスター 田村 入野 河内 二軒屋 一身田 新今宮 みえ 新疋田 キハ75形 衣浦臨海鉄道 半田埠頭 東成岩 喜々津 コキ72 ヨ8000 8600系 ニコニコ超会議号 羽前水沢 さくら夙川 田沢 南鳥海 遊佐 鼠ヶ関 吹浦 女鹿 仁賀保 羽前大山 カンセンジャー こまち 矢賀 キハ261 高津 はるか 朝日 伊賀屋 和木 近江八幡 キヤ141系 キヤ95系 651系 キヤ143系 DD15 キハ122形 EF510 西国分寺 キハ141系 肥前長田 マヤ34 郷沢 サロベツ C51 美々 ブナ 平和 札幌貨物ターミナル 筒井 鶴ヶ坂 大釈迦 北常盤 風っこ ゆう 島尾 うずしお N2000系 佐古 剣山 蔵本 引田 氷見 矢野口 209系 稲城長沼 讃岐白鳥 石原 地蔵橋 函館市電 日本海縦貫線号 あすか 神埼 251系 E721系 踊り子 田町 勝瑞 文化の森 池谷 みのり 川口 101系 いせ 紀伊日置 周参見 六十谷 川西池田 70-000形 北千住 三浦 芳養 新守山 大曽根 E6系 上野芝 熊取 安中貨物 新宿 吹田 西広島 伊勢崎 駒形  ななつ星in九州 東長原 西河原 紀伊中ノ島 美作加茂 キヤ97系 知和 はやぶさ 仙台 美乃坂本 瑞浪 恵那 フライアッシュ 武並 地福 津久田 岩本 越後早川 勝川 小千谷 越後川口 青野山 矢原 123系 キハ56系 木古内 桔梗 広島電鉄 西武30000系 美作滝尾 能生 ポルシェカレラカップジャパン 梅林 黒井村 下関 備中高松 中秋の名月 シティライナー 江尾 新見 岸本 日羽 尾鷲 新潟貨物ターミナル 石蟹 井倉 豪渓 加茂 木野山 工臨 方谷 宇久井 焼島 箕島 紀伊宮原 いしづち 7200系 8000系 白山 西小倉 とき 上沼垂 サンポート E653系 にちりん 清音 吉田 鶴ケ丘 芦原橋駅 山都 上野尻 徳沢 瀬野八 北長瀬 鴨川 高島 フルーティア 719系 喜多方 津川 王寺 広島車両所 新関 東新津 讃岐府中 北長岡 DF50 DD13 151系 三川 181系 D51 キハ80 ND60 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ブログ内検索
RSSフィード