無料

Photo-diary razimn 2007年03月

ロータス99T再販!!

懐かしいマシンですなあ!!ほしい!!!しかも中嶋とセナのヘルメット付!!
(写真などは http://www.tamiya.com/japan/products/20057lotus99/index.htm このアドレスへアクセスしてください)
1/20 グランプリコレクション No.57
ロータス 99T Honda
Item No:20057 2007年3月31日(土)ごろ発売 2,730円(本体価格2,600円)
(全長=208mm 写真は組立、塗装仕上げをした状態です)

【 アクティブサス採用の意欲マシン 】 F1グランプリの名門、イギリスのチームロータスが1987年シーズンを戦うマシンとして登場させたのが、ロータス99T Hondaです。最高出力は実に1000馬力をオーバーすると言われるHonda製1.5リッターV6ターボエンジンを搭載。シャーシはチームのデザイナー、ジェラール・ドゥカルージュの手になるもので、カーボンファイバー製のモノコック構造。また、これまでのスプリングとダンパーのかわりに、コンピュータ制御による油圧でサスペンションをコントロールするアクティブ・サスペンションを採用して話題を集めました。1987年シーズンのドライバーはアイルトン・セナと中嶋悟。A.セナがモナコGPとデトロイトGPに2連勝、この年から初のF1レギュラードライバーとなった中嶋もイギリスGPで4位に食い込むなど、性能の高さを示したのです。

【 模型要目 】 ★1987年のF1グランプリで注目を集めたロータス99T Hondaを1/20スケールで再現したプラスチックモデル組立てキットです。★全長208mm、全幅106mm。★シャープなラインを見せるスタイルをリアルにモデル化。ボディカウルは実車と同様に取り外し可能。★ハイパワーを誇った1.5リッターV6ツインターボエンジンは、ターボユニットをはじめインタークーラーやラジエターなどの補機類まで精密に再現。★リベット止め構造のモノコックを繊細な彫刻で表現。★サスアームは実感と強度をかね備えたABS樹脂製。★サイドミラー面にインレットマークを使用。★車載カメラとアンテナをパーツ化。★スライドマークはA.セナ、中嶋悟両選手用を用意。★タイヤは質感あふれるソリッドゴム製。★形状の異なる両選手用のヘルメットパーツもセットしました。
スポンサーサイト

スパイカーがまた動いた

個人的に思うことは、こんなことする前に自分のマシンを改良すべきじゃないか? そりゃあトロロッソとアグリに先にいかれたら分配金にありつけなくなるからねえ・・・けれども2,3ヶ月かかるんじゃあSTRもアグリも対策のしようがないなあ(個人的な意見ですが・・・)

 スパイカーのチーム代表であるコリン・コレスは、ライバルチームのSUPER AGURI、トロ・ロッソ、そしてレッドブルに対して、法的措置を取ることを誓った。

コレスは17日(土)午後、FIAの責任よりも営利的な問題だとして、スチュワードがSUPER AGURIの新車SA07の合法性に対する正式な抗議を退けた後、自らの決断をメディアに告げている。

「このことを明確にすることは、われわれにとって非常に重要なことだ」

スパイカーが調停を要求するのかと尋ねられると、コレスはこう答えた。

「そうだ、そのように考えている」

論争中のチームにとっては心配なことに、スパイカーはウィリアムズをはじめ、明らかにはなっていないが、トヨタ、マクラーレン、ルノーを含むライバルチーム、FIA、そして重要人物であり、商業的権利を持つバーニー・エクレストンなどに支持されているようだ。

しかし、トロ・ロッソのエンジンサプライヤーであるフェラーリは、中立的な立場を取っていると解釈されている。

スパイカーはSUPER AGURIとトロ・ロッソのレース参戦は認めるが、ポイント獲得は許されないよう求めるつもりだという。

この論争はスイスに拠点を置くスポーツ調停裁判所から、証言を求められることになるかもしれない。そうなれば、結論が出るには数カ月かかることになる。
20070315094053.jpg
スーパーアグリSA07(2007)
20060128101928.jpg
ホンダRA106(2006)
20070311102050.jpg
レッドブルRB3(2007)
20070311102036.jpg
トロロッソSTR2(2007)

オーストラリアGP決勝結果

1位 K.ライコネン(フェラーリ)
2位 F.アロンソ(マクラーレン)
3位 L.ハミルトン(マクラーレン)
4位 N.ハイドフェルド(BMWザウバー)
5位 G.フィジケラ(ルノー)
6位 F.マッサ(フェラーリ)
7位 N.ロズベルグ(ウイリアムズ)
8位 R.シューマッハー(トヨタ)
9位 J.トゥルーリ(トヨタ)
10位 H.コバライネン(ルノー)
11位 R.バリチェロ(ホンダ)
12位 佐藤琢磨(スーパーアグリ)
13位 M.ウェーバー(レッドブル)
14位 V.リウッツィ(トロロッソ)
15位 J.バトン(ホンダ)
16位 A.デイビッドソン(スーパーアグリ)
17位 A.スーティル(スパイカー)
R A.ブルツ(ウイリアムズ)
R D.クルサード(レッドブル)
R R.クビカ(BMWザウバー)
R S.スピード(トロロッソ)
R C.アルバース(スパイカー)
20070318193433.jpg
フェラーリチームの記念撮影


セッションレポート . .
3月18日(日)
晴れ/ドライコンディション
 
 現地時間午後2時(日本時間:正午)、気温21℃、路面温度41℃。2007年開幕戦オーストラリアGP決勝の火蓋が切って落とされた。
 
 フェラーリのフェリペ・マッサは公式予選後にエンジン交換を行なったため、10グリッド降格のペナルティを受けグリッドの最後尾についた。スパイカーのクリスチャン・アルバースはピットスタートを選んでいる。
 
 レッドシグナルが消えると、各マシンいっせいにスタート。ポールポジションを獲得したフェラーリのキミ・ライッコネンは順位を維持したまま1コーナーを抜け、後方ではBMWザウバーのニック・ハイドフェルド、マクラーレンの新人ルイス・ハミルトンが、2番グリッドからスタートした王者フェルナンド・アロンソを交わし、順位を上げる。SUPER AGURIは、10番グリッドの佐藤琢磨が前を行くトヨタの2台に割って入る。しかしアンソニー・デビッドソンはスタートに失敗し、21番手まで順位を大幅に落としてしまう。
 
 先頭のK.ライッコネンがファステストラップを連発しながら後方とのギャップを築く中、14周後に2番手BMWザウバーのN.ハイドフェルドからピットイン。上位勢が1度目のピットストップを終えると、トップのK.ライッコネンは順位を変えず、L.ハミルトン2番手、F.アロンソ3番手のオーダーでマクラーレンの2台がBMWザウバーのN.ハイドフェルドの前に出る。フェラーリのもう1台、F.マッサは1ストップ作戦を採り、Hondaの2台とバトルを展開し最後尾から徐々に順位を上げていく。
 
 37周目、BMWザウバーの一角、4番手を走っていたロバート・クビサのマシンがスローダウン。ピットに戻り、レースを終える。2度目のピットストップも、上位勢ではBMWザウバーのN.ハイドフェルドから行ない、マクラーレンのF.アロンソが、チームメイトのL.ハミルトンを交わし2位に浮上。ペースを緩めず前方のK.ライッコネンを追う。
 
 残り9周で大きなアクシデントが発生。ウィリアムズのアレクサンダー・ブルツとレッドブルのデビッド・クルサードが接触。D.クルサードのマシンがA.ブルツのマシンに乗り上げ、そのまま車体の上を横切るが、幸い両者に怪我はなかった。D.クルサードはここでマシンを降り、A.ブルツも直後にリタイアした。
 
 レース終盤、5番手を走行するルノーのジャンカルロ・フィジケラはペースが上がらない。その後方に最後尾から追い上げたフェラーリのF.マッサが迫る。しかしG.フィジケラはなんとかポジションを守り、ファイナルラップに差しかかる。さらに後方では、トヨタのヤルノ・トゥルーリ、ルノーの新人ヘイッキ・コバライネン、Hondaのルーベンス・バリチェッロの3台がそれぞれコンマ5秒以内に続き激しい9番手争いを演じる。
 
 K.ライッコネンは縁石に乗り上げる場面も見られたが、終始安定した速さを見せ、フェラーリ移籍後の初レース、そして2007年の開幕戦でポール・トゥ・ウィンを飾った。さらに41周目には、自身が昨年マクラーレンで記録した1'26.045のファステストラップを、1'25.235のタイムで約0.81秒上回り、2005年日本GP以来の自身10勝目に花を添えた。
 
 2年連続王者のF.アロンソは2位、チームメイトの新人L.ハミルトンが3位表彰台に入った。4位はBMWザウバーのN.ハイドフェルド。ルノーのG.フィジケラは5位のポジションを守り切り、マッサは最後尾からポイント圏内の6位まで追い上げチェッカーを受けた。トヨタエンジンを搭載するウィリアムズのニコ・ロズベルグが7位、トヨタのラルフ・シューマッハが8位で1ポイントを獲得。もう1台のトヨタ、ヤルノ・トゥルーリが9位でこれに続いた。
 
 そしてSUPER AGURIの佐藤は、11位のR.バリチェッロからわずか4.4秒遅れの12位でレースを終えた。Hondaのジェンソン・バトンはピットレーン速度違反のペナルティもあり15位、SUPER AGURIのA.デビッドソンは16位だった

オーストラリアGP予選結果

PP ライコネン
2位 アロンソ
3位 ハイドフェルド
4位 ハミルトン
7位 ウエーバー
8位 トゥルーリ
9位 ラルフ
10位 琢磨!!!
11位 アンソニー!!!
13位 バトン
16位 マッサ

セッションレポート . .
3月17日(土)
晴れ/ドライコンディション
 
 昨シーズンから取り入れられた予選のフォーマットは、予選を3段階に分け、Q1(1次予選)とQ2(2次予選)でそれぞれ6台がドロップアウトし、Q3(最終予選)に進んだ10台でポールポジションとグリッド順を争うもの。気温21℃、路面温度38℃のドライコンディションの下、今季初の公式予選が幕を開けた。
 
 Q1ではフェラーリ、マクラーレン、BMWザウバー、ルノー勢が、問題なくQ2進出が確実なタイムをマーク。セッションの残り時間が少なくなる中、Q2進出をかけてSUPER AGURI、Honda、トヨタの日本勢がコースイン。アンソニー・デビッドソンはセクター2をファステストで駆け抜け、1'26.086で7番手に飛び込む。佐藤琢磨も9番手まで浮上し、最終的にA.デビッドソンが8番手、佐藤が12番手でSUPER AGURIはF1参戦2年目の開幕戦に、初めて2台揃ってQ2進出を果たした。Hondaのジェンソン・バトンは15番手に滑り込み、チェッカーが振られる中、トヨタの2台も続いてQ2へ進むタイムを残したが、Hondaのルーベンス・バリチェッロは17番手に終わりQ1で姿を消した。R.バリチェッロの他、トーロ・ロッソ、スパイカーのそれぞれ2台、レッドブルのデビッド・クルサードがQ1で脱落した。
 
 Q2で波乱が起こった。マクラーレンが好タイムを出す一方で、コースインしたフェラーリのフェリペ・マッサがタイム計測を行なわずにピットに戻る。チームメイトのキミ・ライッコネン、BMWザウバーらがQ3進出に向けタイムを残す中で、F.マッサは残り時間5分を切ってようやく再びコースへ。しかし、セクター1を過ぎて突如スローダウン。芝上に『F2007』を止め、マシンを降りた。開幕戦の最有力優勝候補といわれていたF.マッサだが、タイムを残せずQ2で予選を終えた。
 
 また、SUPER AGURIの佐藤はセッション終了直前までタイムアタックを行ない、1'26.758で10番手をキープ。念願のQ3進出を実現させた。HondaのJ.バトンは14番手に終わり、Q2までにHondaは2台とも姿を消している。さらに、ルノーのヘイッキ・コバライネンも13番手でQ3に進めなかった。この両者に加え、SUPER AGURIのA.デビッドソン、ウィリアムズの2台、そしてフェラーリのF.マッサがここでドロップアウトとなった。
 
 続くQ3は、フェラーリのK.ライッコネンを先頭に各マシンがコースインし、スタート。フェラーリ、マクラーレン、BMWザウバーがポールポジションを争う展開となった。周回を重ねた各ドライバーは、残り時間8分を切る頃からタイムアタックを開始。マクラーレンの新人ルイス・ハミルトンが1'27.190でトップに立つと、王者フェルナンド・アロンソが1'27.050とトップの座を奪う。しかし、フェラーリのK.ライッコネンが1'26.072を叩き出し、マクラーレンを突き放す。また、BMWザウバーのニック・ハイドフェルドも、1'26.782で2番手に飛び込んでくる。各マシンが再度タイヤ交換を行ない、2度目のタイムアタックが始まると、マクラーレンの2台はL.ハミルトンが1'26.755、F.アロンソは1'26.493と自己ベストを更新するが、K.ライッコネンのタイムに及ばない。チェッカーが振られる中、BMWザウバーのN.ハイドフェルドは1'26.566でマクラーレンの間に割って入り、3番手につけた。またレッドブルのマーク・ウェーバーは7番手に入り、地元オーストラリアの声援に応えた。
 
 Q3に2台とも進出したトヨタは、ヤルノ・トゥルーリが8番手、ラルフ・シューマッハが9番手。佐藤はこれに続く10番手で、SUPER AGURIにとっての予選最高順位をマークした。
 
 K.ライッコネンが今季初、自身通算13度目のポールポジションを獲得。F.マッサがトラブルで16番手に終わったフェラーリには、悲喜こもごもの予選となった。マクラーレンのF.アロンソが2番手に入り、2005年にタイトル争いを繰り広げたK.ライッコネン(当時マクラーレン)、F.アロンソ(当時ルノー)の両者が、それぞれチームを変えた2007年の開幕戦でフロントローに並ぶ。

SA07発表!!

スーパーアグリF1チームは14日、開幕戦の舞台であるオーストラリア・メルボルンでニューマシン、SA07を発表した。

 昨年までの曲線を多用したカラーリングから、直線的なカラーリングに『SS UNITED GROUP』のスポンサーロゴが目を引くSA07。基本的にはオフシーズンにテストを行った『インテリム・カー』から大きな変更は見られないが、テクニカルディレクターのマーク・プレストンはこのマシンについて「パワートレーンに関しては2006年に使ったものを継続して使うので、全く同じだ。空力面ではウイングや他の空力デバイスが変更された。その他のほとんどの部分は同じままだ。ラジエターのパッケージングや電子系統も昨年とほとんど変わらない」と説明している。

 鈴木亜久里チーム代表はこの待望のニューマシンについて、「ウインターテストの期間はSUPER AGURI F1 TEAMにとってとてもいいものだった。SA07の新しいパーツの信頼性の評価など、予定していたことはほとんど終えることができた。時間と予算の関係でできないこともたくさんあったが、それを考えても、ここメルボルンに持ってくることができたマシンにはとても満足している」と現状で作り上げたマシンに期待を寄せている。

 また、このマシンを駆りSAF1での2シーズン目に挑む佐藤琢磨は、「今のチームの状況を考えると、これまでの進歩にはとても満足しているし、マシンの開発状況やチームの雰囲気にも満足している」とコメント。また、新たにチームに加わったアンソニー・デイビッドソンも「僕の目標は1年を通してマシンを改善していくことと、シーズンの終盤にはポイント争いの戦いができるようになっていること。個人的な目標としては、最後のレースをぼくの最高のレースにしたい。1年を通して常に自分を向上させていきたい」とSA07で戦うシーズンに期待をよせている。

 また、マシンには新たに大きなスポンサーロゴが見受けられる。この『SS UNITED GROUP』は中国の石油会社で、マシンのフロントウイング、サイド等に大きくロゴが貼られていることから、メインスポンサーと考えていいだろう。また、新たにイギリスのスピーカバス社とレース用インターコムについてスポンサー契約を結んだことも発表されている。

「去年の今頃は、まだグリッドに2台のマシンを並ばせるために奮闘していた。初めての年で、チームにとってはすべてが新しい経験だった。今年はシーズン前に準備を行うことができ、チームの誰もがスタートを待ちきれない気分でいる。ぼくは琢磨とアンソニーが再び共に働き、SAF1チームで彼らの最高のパフォーマンスを見せてくれることを楽しみにしているし、シーズン開幕戦からポイント獲得を目指す。シーズン末にはグリッドの中程にマシンが並ぶようにしたいというのがぼくの目標であり、これは現実的な目標だと思っている。また、このスタートの段階からファンの皆さんがぼくたちに声援を送ってくれることを願っている」と今週末からの開幕戦、そして2年目のシーズンに向け抱負を語る鈴木亜久里代表。

20070315094040.jpg

20070315094053.jpg

20070315094106.jpg

20070315094021.jpg

開幕直前!!11チーム特集

2007年のレギュ変更点はエンジンのホモロゲとタイヤワンメイク、クラッシュテストの強化、テールランプの取り付け位置低下(ディフューザー効果を下げる為)でしょうか。

20070121202806.jpg

20070310200656.jpg

 フェラーリはホイルベースを延長したり、ゼロキールにしたりと一番変化があったチームです。バーレーンテストで、フロントウイングとリヤウイングを最新仕様に変更してきました。フロントアッパーエレメントとリヤウイング全体の形状が変わっています。またノーズも変更されています。

20070311102548.jpg

さてさてチャンピオンフェルナンドが移籍したマクラ-レンはどうだろうか・・・ポンツーン前フィンをつけたり、そこにミラーをつけて試してみたり、ウイングも前3種類後ろ2種類とたくさん試してますが、フェルナンドは「フェラーリが一番速い」だってサ。さーてどうあるかな???

20070311102816.jpg

昨年とのマシンの変化が少ないチャンピオンチームルノーです。昨年がかなり過激だったのはそのまま引き継いで、前フィンとミラーを合体させていました。それ以外ではあまり変化はなく、(もちろんクラッシュテスト強化はしてある)信頼性には問題はないでしょう。カラーリングにはまだマイルドセブンブルーに印象が強くてなれませんが。ただ、1発の速さがいまいちだとか・・・・

20070310201409.jpg
20070311103231.jpg

ホンダはかなり話題にとんだチームでしたね・・・・まずあのカラーリング・・・あれはびっくりしました。まあテストでもBMWとどっこいどっこいの位置のようです。ノーズをマク風に細くスラントさせてます。ウイングは昨年とあまり形状は変わってませんね。 下のバーレーンテスト(発表会後)なのにまたカラスに戻ってます。やはりスポンサーの露出が絡んでるんですねえ・・・

20070310201151.jpg

今年も躍進がねらえそうなBMW。昨年の正常進化型のようです。チームテクニカルディレクターのウイリー・ランプは「昨年のマシンは最低限の事をしたから今年のマシンはエンジンエアインテークを大きくするなど色んなところを攻めたよ」といっています。しばしばエンジンブローを起こすのが唯一の心配事でしょうか・・・ドライバーも2人ともアグレッシブですしね!結構このマシンは速そうに写りましたが本番はどうか??

20070113201209.jpg

20070311102314.jpg

トヨタはフロントサスがまたかなり窮屈な位置に押しこまれているのが気になります。たしかにノーズをあげたほうがエアロ的にはいいですが、サスペンションがほとんどソリッドに近くなって、グリップ低下の影響が出なければいいのですが・・・・フロントウイングをフェラーリ風の2段にしたり、イロイロ変更しているようですが最大の問題点はギヤボックスの信頼性アップらしいです。

20070311104035.jpg

トヨタエンジンで本家さえ追い越してしまいそうなウイリアムズ。細かいとこではリヤディフュ-ザーがフェラーリのようにクラッシャブルストラクチャーの周りを、リヤロワウイングが2分割される様になっていてその側壁にロワウイングを固定する形になってます。(わかりにくい人はF1モデリングという本ののフェラーリ248F1のところを参照してください)ポンツーンもかなり過激にえぐってます。老舗の復活に期待!!

20070311102050.jpg

20070311102036.jpg

 マシンの共有化ではないかという疑惑たっぷりのこの2台です。発表直後はSTRのほうはウイングレットをつけてなかったのに、いまはちゃんと付いてます。ミッドウイングも両方にあるのでほんとに大丈夫かな?ぱっとみい同じですよね・・・・ミラーの位置も同じで、違いはエンジンくらいか(笑)

20070311103419.jpg

 あまりいうこととない、スパイカーです。実際モノコックはジョーダン時代の物を改修して使っているようです。これもトルコからのBスペック車までのつなぎか??

20070311103608.jpg

 3月14日に発表されるまでのつなぎ役ですね・・・このマシンでは、3月のバーレーンテストで新型フロントウイング(写真にありませんがフェラーリ風)を持ち込んでいました。他にもエンジンカウルやモノコックに改修が加えられていました。SA07はアグリチームによるとRA106とは全く別物になるそうです。このブログでも写真をアップ予定!!
プロフィール

ラジマニ

Author:ラジマニ
のんびりマイペースに綴っていくラジマニ(Razimn)のブログです。F1、鉄道が主です。

最近は年に1回の鈴鹿サーキット詣でを継続中。
鉄道では、東は北海道から西は九州まで、被写体を求めてあちらこちらに出かけています。


鉄道ブログランキングに参加してます!よかったらクリックお願いします!!→鉄道コム
人気blogランキングへ RC Maniax
FC2 Blog Rankingランキング参加中!!クリックよろしく!!

現在使用機材(すべてキヤノン)
IXY 32S
EOS Kiss X3
EOS 7D mark II

EF-S 18 - 55 mm F3.5 - 5.6 IS
EF-S 18 - 135mm F3.5 - 5.6 IS STM
EF-S 55 - 250 mm F4 - 5.6 IS
EF 70 - 200 mm F4L IS USM

EF 50 mm F1.8 II
EF 300 mm F4L IS USM
Extender EF1.4× II

当ブログの記事、画像の著作権は放棄していません.無断での利用、改ざん、複製などは行ってはいけません。

最近の記事
FC2ブログランキング
ぜひクリックをお願いします!!

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
ぶつぶつ・・・
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ユーザータグ

24系 DD51 EF65 381系 485系 トワイライトエクスプレス 115系 キハ40系 EF81 EF64 14系 221系 103系 223系 宝殿 183系 EF510 113系 EF66 DE10 サロンカーなにわ ED79 EF210 函館 山崎 キハ183系 北斗 くろしお 100系 683系 曽根 新大阪 789系 札幌 681系 はまなす 北斗星 475系 205系 白鳥 287系 北越 201系 青森 四日市 カシオペア 東十条 京都 281系 N700系 高岡 211系 12系 姫路 E26系 105系 F1 いなほ 413系 700系 清洲 岡山 207系 キハ261系 583系 日本海 300系 DE15 富山 500系 225系 直江津 谷川 185系 あけぼの DF200 キハ40 広島 長岡京 油川 五稜郭 東富山 117系 オホーツク 200系 大阪 新潟 はくたか キハ281系 キハ283系 富田浜 283系 大宮 須磨 津軽宮田 こうのとり 尾久 上野 189系 E2系 E231系 あずさ 下滝 東室蘭 柏原 E4系 加古川 尼崎 御着 白浜 水橋 鈴鹿 向洋 EH500 E3系 熊谷 本輪西 野田 383系 しなの 黒山 E351系 711系 785系 新倉敷 C56 島本 キハ85系 茨木 0系 新青森 キハ120系 EF200 E233系 くびき野 南松本 福山 キハ150系 相生 福知山 521系 堺市 EH200 亀田 倶利伽羅 701系 ばんえつ物語 西明石 大沼 EH800 きたぐに 321系 285系 敦賀 C57 引退 梁瀬 カムイ E5系 白石 和田山 亀山 美袋 富田 岐阜 塚本 SLやまぐち 平田 松本 稲沢 ED45 荻川 E127系 間島 山城 長鳥 枇杷島 227系 名古屋 春日山 黒井 釜谷 網干 苗穂 西川原 733系 下庄 福島 塩浜 塩屋 佐々木 花園 サンダーバード 赤プレ つがる とかち 塚山 EF67 313系 おおぞら 石動 E751系 E257系 フェラーリ 村上 やくも 八本松 平野 ひめじ別所 仁川 天神川 糸魚川 後潟 甲府 相模湖 瀬戸 文学少女 佐藤琢磨 天王寺 新津 鶴ヶ丘 余目 西袋 上夜久野 暁学園前 三岐鉄道 セメント 豊栄 藍本 キハ47 大サロ 向日町 赤羽 大津トンネル 高田 郡山 加古川線 石生 東三条 長岡 鶯谷 琴似 米子 岩船町 旧型客車 エアポート 高尾 岩見沢 しらさぎ 根雨 米原 出雲 キハ11形 会津若松 上石見 生山 越中大門 145系 浅香 今宮 DD452 上郡 秋田 春日井 安芸長束 渡島当別 415系 323系 山家 綾部 きのさき 高槻 三滝 泉沢 南紀 森ノ宮  サンライズエクスプレス 太平洋セメント 大麻 かいじ 池袋 新山口 C11 上野原 左堰 金光臨 923形 ドクターイエロー 市島 丹波竹田 朝来 津和野 トワイライトエクスプレス瑞風 87系 ラッピングトレイン 芦屋 キハ189系 倉敷 はまかぜ 野田生 篠目 キハ185系 E259系 千歳 堅田 竜野 ノロッコ 富良野 稲穂 岸辺 原色 国鉄色 川部 のぞみ 呉羽 保内 510系 島内 下夜久野 久宝寺 杉本町 南今庄 新幹線 中沢 キハ52系 黒坂 落部 島高松 徳島 七飯 北新井 脇野田 蟹田 瀬辺地 新井口 砂越 キハ120 奥出雲おろち 山梨市 豊岡 東酒田 金沢 船平山 マイテ49 上道 ホンダ 河内堅上 高井田 トロロッソ キハ110 渋谷 すずらん ブルーノ・セナ 721系 鶴岡 新札幌 山科 奥内 玉柏 27号機 ことぶき 平林 府屋 タミヤ 須原 紀伊富田 弁天町 椿 中津川  新宮 紀伊新庄 横川 E1系 落合川 宮原 HOT7000系 阿漕 厚狭  213系 HK100 勝沼ぶどう郷 津幡 289系 四方津 東淀川 サンライナー 桜木町 金手 大月 ひかり 備中広瀬 みまさかスローライフ フォーミュラチャレンジ・ジャパン 東神奈川 牧山 東高島 七重浜 紀伊浦上 紀伊田原 下里 桑園 ニセコ キハ28系 古座 田端 広田 大桑 中庄 串本 湯川 福知山線 紀伊田辺 121系 2000系 梶屋敷 オヤ31 猿橋 仁山 宗谷 旭山動物園 紀伊勝浦 苫小牧 登別 ノスタルジー 西条 勝木 和歌山 新神戸 酒田 SAF1 吉塚 越後石山 有年 妙高 大歳 相野 上八木 徳佐 橋本紡 くずりゅう 山本ケイジ 半分の月がのぼる空 堂島 甲種輸送 交通科学博物館 鯨波 柏崎 鍋倉 芦原橋 南部 岩代 中島 千里丘 311系 四ツ小屋 土崎 キハ181 瀬野 伯耆溝口 大津京 東京  キハ85 あつみ温泉 上狛 長門峡 キハ110系 キハE120系 ワム E129系 小岩川 早通 津山 回送 荘原 アイランドエクスプレス四国II 安治川口 英賀保 鹿討 中富良野 大安寺 豊科 湯ノ峠 新白島 DD511 学田 札幌運転所 E655系 朝里 苗穂工場 ノースレインボーエクスプレス ラベンダー畑 西中 大久保 摂津富田 ヘッドマーク 三田 HB-E300系 江・浅井三姉妹博覧会 札苅 土岐市 茂辺地 上磯 KE65 上菅 川棚温泉 あいづ HD300 谷浜 馬堀 天空の城竹田城跡号 はまかいじ 小樽築港 柏矢町 武蔵浦和 キハ183 C62 こだま ひだ 明石 253系 梅小路 青森車両センター 豊浦 津軽新城 保々 倉本 C58 青海 西高岡 撫牛子 安中貨物 新広 キハ189 日本GP 2009年 新宿 KERS 安芸阿賀 ウィリアムズ 70-000形 青プレ F2008K 川西池田 サインライズ瀬戸 サンライズ出雲 レッドブル キハ187系 KTR8000 920IS RC 8866レ BMWザウバー マクラーレン 長居 IXY さよなら運転 篠山口 クモヤ443系 フォースインディア 北千住 FIA 臨時  木曽福島 アロンソ 吹田 ななつ星in九州 クビサ 中秋の名月 仁方 地福 K53編成 大山口 高島 F1モデリング 姫路貨物 飯詰 西浦和 ムド F1撤退 我孫子 トヨタ 我孫子町 鈴木亜久里 赤穂 だいせん 富士スピードウェイ 三国ヶ丘 ライコネン 十条 青野山 名和 キヤ97系 シキ 西河原 西脇市 熱海 大岩 上松 土佐一宮 ポルシェカレラカップジャパン 岩美 横浜 久々原 上郷 行田 早島 大原 ED75 上総東 播但線 薊野 南与野 香住 西九条 新三田  長船 広野 土佐北川 京橋 大阪城公園 瀬戸内マリンビュー キハ181系 黒川 塩入 野尻 フライアッシュ 上野動物園 大杉 玄武洞 和田 廃止 F1 新守山  大多喜 大曽根 西日暮里 鳥取大学前 新下関 F103 解体 零戦 2600系 三軒茶屋 RC まつかぜ 松崎  西武30000系 多治見 亀岡 MLRV1000 仁保 総元 大張野 M250 能生 湖山 アニメ 川原石 坂下 西畑 広島電鉄 F60 涼宮ハルヒ 雷鳥 MRT300形 三浦 梅ヶ峠 小串 湯玉 吉見 海田市 阿品 宮島口 マリンビュー 宇賀本郷 長門二見 宇田郷 須佐 東港 三見 玉江 滝部 阿川 長門粟野 DD51 桂川 千種 北広島 ながまれ号 長都 黄金 大岸 洞爺 崎守 函館運輸所 陣屋町 茂尻 赤平 鷲別 上富良野 フラノラベンダーエクスプレス 南千歳 旭山動物園号 ND552 ND60 周参見 紀伊日置 六十谷 芳養 熊取 はやぶさ E6系 上野芝 紀伊中ノ島 東長原 フルーティア 719系 喜多方 シティライナー 駒形 西広島 伊勢崎 仙台 桔梗 津久田 瑞浪 美乃坂本 岩本 越後川口 勝川 越後早川 小千谷 恵那 武並 備中高松 木古内 キハ56系 下関 黒井村 123系 梅林 礼文 静狩 三里 甘地 福崎 丹生川 朝霧 肥前白石 あかつき 魚住 仁豊野 香呂 貴生川 渡川 備後落合 三雲 甲西 手原 石部 肥前竜王 西諫早 佐古 蔵本 剣山 N2000系 うずしお 二軒屋 讃岐白鳥 引田 地蔵橋 文化の森 肥前長田 湯江 喜々津 伊賀屋 神埼 勝瑞 池谷 油木 出雲坂根 立川 鳥沢 小淵沢 E353系 しまんと  みの 詫間 長坂 みどり湖 手稲 鷲ノ巣 長万部 江別 豊幌 塩尻 蘭島 南風 三縄 宍道 直江 出雲市 加茂中 幡屋 出雲三成 出雲八代 木次 八鹿 江原 備前一宮 金川 祖谷口 庭瀬 法界院 国府 備前原 山都 上野尻 宮内 越後広田 来迎寺 EF510 塩山 中山 レールスター E351系 おはよう信越 さつき野 鼠ヶ関 遊佐 南鳥海 河内 入野 虎姫 長浜 菊名 R32 サンポート 讃岐府中 鴨川 いしづち あすか キヤ143系 DD15 日本海縦貫線号 函館市電 知和 矢野口 209系 キハ261 稲城長沼 美作滝尾 美作加茂 8000系 さくら夙川 吹浦 矢原 広島車両所 DF50 北長岡 加茂 焼島 新潟貨物ターミナル 工臨 DD13 キハ80 鶴ケ丘 芦原橋駅 瀬野八 王寺 151系 D51 181系 上沼垂 とき 羽前水沢 ニコニコ超会議号 新今宮 羽前大山 仁賀保 女鹿 こまち カンセンジャー 8600系 ヨ8000 西小倉 にちりん E653系 白山 いせ コキ72 101系 後三年 7200系 みえ キハ75形 新疋田 一身田 衣浦臨海鉄道 箕島 東成岩 半田埠頭 矢賀 田沢 小倉 木之本 余呉 椎田 豊前松江 くまげら jはやぶさ 紀伊宮原 宇久井 吉田 清音 豪渓 東新津 新関 徳沢 津川 三川 木野山 方谷 岸本 日羽 尾鷲 江尾 新見 井倉 石蟹 田村 竹田 札幌貨物ターミナル 平和 マヤ34 キハ141系 近江八幡 朝日 はるか キヤ141系 サロベツ 美々 大釈迦 鶴ヶ坂 筒井 北常盤 ブナ C51 郷沢 キヤ95系 651系 島尾 みのり 川口 氷見 石原 はしだて KTR8000形 高津 田町 踊り子 キハ122形 EF510 西国分寺 風っこ ゆう 251系 E721系 北長瀬 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
RSSフィード