無料

Photo-diary razimn 2006年10月

F201とTB02の走行!

 今回、友人Yと近所の駐車場でRCをしました。が、そこはなかなかじゃりじゃりで、すぐにスピンしてしまう・・・なかなかてこずりました。それにサスアームに砂が絡んでシャーシが底打ちしたり・・・
 ペットボトルに衝突したり・・・
 バッテリー4本分走行しましたが、2時間も楽しめました!
 そのときの写真もあとでアップします!
スポンサーサイト

素晴らしきルノー

ルノーの人たちっていい人たちですよねえ・・・・

ルーツを忘れずに

ガレージのどの位置を占めていようとも、ルノーの人々は人懐っこい人たちとして、ピットレーンでは有名である。そして、表彰式の後、チームのメカニックたちはシャンパンのボトルを何本も集め、それを手にピットレーンを長々と歩いた。

向かった先は、SUPER AGURIのガレージだ。

なぜかって? よく思い出してみよう。このチームは1年前には存在すらしていなかったのだ。そして、シーズン序盤に入っても誰もこのチームのことは眼中になかった。しかし、ガレージで作業をする人たちには、懸命に取り組む人々というのは見れば分かるもので、それがSUPER AGURIだったのだ。

彼らは堂々と振る舞い、献身さをもってレースに挑んでおり、尊敬に値する。そして、その敬意を表し、ルノーのメンバーはSUPER AGURIで働く友人や元同僚に賛辞を送るため、彼らのガレージを訪れ、勝利の美酒であるシャンパンを分け合ったのだった。

ブラジルGP決勝

決勝結果 . .
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位
1 6 F.マッサ フェラーリ 1:31'53.751 71 199.731 1
2 1 F.アロンソ ルノー 1:32'12.409 71 199.058 1
3 12 J.バトン Honda 1:32'13.145 71 199.031 2
4 5 M.シューマッハ フェラーリ 1:32'17.845 71 198.862 4
5 3 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス 1:32'22.254 71 198.704 2
6 2 G.フィジケラ ルノー 1:32'24.038 71 198.640 4
7 11 R.バリチェッロ Honda 1:32'34.045 71 198.282 5
8 4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン・メルセデス 1:32'45.819 71 197.863 2
9 17 R.クビサ ザウバーBMW 1:33'01.393 71 197.311 2
10 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda 1:31'54.723 70 196.883 10
11 21 S.スピード STRコスワース 1:32'17.656 70 196.068 9
12 15 R.ドーンボス RBRフェラーリ 1:32'20.086 70 195.982 11
13 20 V.リウッツィ STRコスワース 1:32'31.287 70 195.587 10
14 19 C.アルバース MF1トヨタ 1:32'47.855 70 195.005 13
15 18 T.モンテイロ MF1トヨタ 1:31'56.646 69 194.003 11
16 23 山本左近 SUPER AGURI Honda 1:32'02.861 69 193.784 13
17 16 N.ハイドフェルド ザウバーBMW 1:23'26.093 63 195.196 4
  14 D.クルサード RBRフェラーリ ギアボックス 14 163.166 12
  8 J.トゥルーリ トヨタ サスペンション 10 152.414 3
  7 R.シューマッハ トヨタ サスペンション 9 152.357 8
  9 M.ウェーバー ウィリアムズ・コスワース 接触によるダメージ 1 149.259 21
  10 N.ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース クラッシュ 0 0.000 -
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位


セッションレポート . .
10月22日(日)
晴れ/ドライコンディション
 
 今季最終戦のF1ブラジルGP決勝が、現地時間(以下、現地時間)22日午後2時(日本時間:23日午前2時)より行なわれた。ドライバーズおよびコンストラクターズタイトルの決定戦、ミハエル・シューマッハ(フェラーリ)の現役最後の走り、今季限りで撤退を表明しているタイヤメーカーのミシュラン、また、ルノーやHondaなどのタイトルスポンサーを務めてきた複数のタバコ会社にとっても最後のレースとなるなど、見どころの多いものとなった。
 
 晴天に恵まれたアウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ(1周4.309km)は、気温24℃、路面温度44℃のドライコンディション。このレースでフェルナンド・アロンソ(ルノー)は1ポイントでも獲得すれば、2年連続となるF1王者に輝くことが決まる。M.シューマッハ(フェラーリ)が逆転でF1王者の称号を得るには、自身が優勝し、F.アロンソがノーポイントで終わることが条件。また、コンストラクターズタイトル争いもルノーに優位な状況だが、フェラーリが1-2フィニッシュを決めれば、ルノーのレース結果次第では逆転でタイトル獲得の可能性が残されていた。
 
 レッドシグナルが消え、ポールポジションスタートのフェリペ・マッサ(フェラーリ)を先頭に各マシンが1コーナーへ突入していく。10番手からイン側のラインを攻めたM.シューマッハは、1コーナーの飛び込みでBMWザウバーの2台に先行を許すが、その直後この両者を一挙に交わすことに成功し、さらにルーベンス・バリチェッロ(Honda)を抜き、6番手へ浮上する。後続では、ウィリアムズ・コスワースのチームメイト同士が接触し、ポジションを落としたうえ、ニコ・ロズベルグが最終セクションでタイヤバリアにクラッシュ。このマシン撤去のため、2周目からセーフティカーが導入される。
 
 7周目にレース再開。上位陣はそれぞれのポジションを守るが、2周後の1コーナーで、M.シューマッハがタイヤスモークを上げながら、目前にいるジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)のインへ飛び込む。しかし、M.シューマッハの左リアタイヤがバースト。緊急ピットインを強いられ、最後尾まで順位を落とすこととなる。また、3番手、7番手の好グリッドからレースに臨んだトヨタの2台が相次いでマシンをガレージに入れ、レース序盤で戦列を去る。
 
 トップのF.マッサは周回ごとにファステストラップを更新し、後続とのギャップを築いていく。また、トップから1周近い遅れを取った最後尾のM.シューマッハも自己ベストを連発し、前を追う。21周目、3番手走行のキミ・ライッコネン(マクラーレン・メルセデス)、5番手G.フィジケラ、6番手R.バリチェッロの上位陣3台が同時ピットイン。G.フィジケラとR.バリチェッロが僅差でピットを後にするが、順位は変わらない。その後、トップのF.マッサや2番手を走行していたF.アロンソなども最初のピットストップを終え、F.マッサ、ペドロ・デ・ラ・ロサ(マクラーレン)、F.アロンソのトップ3となる。
 
 レース中盤、1ストップ作戦を選択したP.デ・ラ・ロサがピットイン。P.デ・ラ・ロサから数珠つなぎ状態だった後続の各ドライバーは、前方が開けた状態となるが、この時点でトップのF.マッサと2番手に浮上したF.アロンソとのタイム差は24秒。F.マッサは安定したラップタイムでリードを保つが、F.アロンソは背後に迫るジェンソン・バトン(Honda)とK.ライッコネンの2台を抑えながらの走行となる。後続では、M.シューマッハが数周に渡ってファステストラップを更新する追い上げで、7番手までポジションを取り戻す。
 
 50周を過ぎると、2ストップ作戦のドライバーは2度目のピットストップのタイミングを迎える。J.バトンやK.ライッコネンらが先にタイヤ交換と給油を済ませる。52周目、後続と大差のギャップを築いていたF.マッサは、トップのままでレースに復帰。F.アロンソが54周目にピットインを行ない、J.バトンに対し、僅差で2番手を守りきる。
 
 F.アロンソとJ.バトンの2番手争いは、レース終盤になっても続く。後続では、5番手のG.フィジケラがM.シューマッハを抑えながら走行を続けていたが、残り9周、1コーナーでG.フィジケラが走行ラインを膨らませると、M.シューマッハはその隙にオーバーテイク。M.シューマッハはさらに上のポジションを狙い、K.ライッコネンの背後に迫っていく。残り3周、M.シューマッハはK.ライッコネンのイン側に入り、サイドバイサイドで1コーナーへ入ると、ついに4番手に浮上。また、翌周にファステストラップをさらに塗り替えた。そして、F.マッサが2番手のF.アロンソに対し、18.658秒差をつけてトップでチェッカーを受けた。F.マッサは母国で嬉しい初優勝を飾っている。
 
 2位にF.アロンソ(ルノー)、3位にはJ.バトン(Honda)が入った。M.シューマッハ(フェラーリ)はラストランを表彰台で飾ることは叶わず4位。この結果、F.アロンソおよびルノーが2年連続でドライバーズ、コンストラクターズの両選手権を制した。日本勢では、J.バトンの3位に続き、ルーベンス・バリチェッロが母国で7位に入り、Hondaはダブル入賞を飾った。また、佐藤琢磨が今季最高位の10位、山本左近も16位完走を果たしており、SUPER AGURI F1チームは参戦初年度をダブル完走で締めくくった。


ブラジルGP予選

ミハエルどうした??

公式予選結果 . .
順位 No. ドライバー チーム ベストタイム 周回
1 6 F.マッサ フェラーリ 1'10.680 19
2 3 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス 1'11.299 21
3 8 J.トゥルーリ トヨタ 1'11.328 26
4 1 F.アロンソ ルノー 1'11.567 19
5 11 R.バリチェッロ Honda 1'11.619 26
6 2 G.フィジケラ ルノー 1'11.629 22
7 7 R.シューマッハ トヨタ 1'11.695 27
8 16 N.ハイドフェルド ザウバーBMW 1'11.882 23
9 17 R.クビサ ザウバーBMW 1'12.131 22
10 5 M.シューマッハ フェラーリ 1'10.313 7
11 9 M.ウェーバー ウィリアムズ・コスワース 1'11.650 11
12 4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン・メルセデス 1'11.658 12
13 10 N.ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース 1'11.679 12
14 12 J.バトン Honda 1'11.742 10
15 15 R.ドーンボス RBRフェラーリ 1'12.591 10
16 20 V.リウッツィ STRコスワース 1'12.861 15
17 21 S.スピード STRコスワース 1'12.856 8
18 19 C.アルバース MF1トヨタ 1'13.138 7
19 14 D.クルサード RBRフェラーリ 1'13.249 7
20 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda 1'13.269 7
21 23 山本左近 SUPER AGURI Honda 1'13.357 10
22 18 T.モンテイロ MF1トヨタ 0'00.000 2
順位 No. ドライバー チーム ベストタイム 周回


セッションレポート . .
10月21日(土)
晴れ/ドライコンディション
 
 今季最終戦のF1ブラジルGP公式予選が、現地時間(以下、現地時間)21日午後2時(日本時間:22日午前2時)よりスタートした。午前のフリー走行3でトップのフェリペ・マッサ、2番手ミハエル・シューマッハのフェラーリ勢は、昨年のポールポジションタイム(V10エンジンで記録)を上回る走りを見せていただけに、この予選でのタイムが注目された。
 
 Q1(1次予選)開始時のサーキットは、気温21℃、路面温度36℃のドライコンディション。開始から4分、MF1のティアゴ・モンテイロがタイムアタック中にスピンを喫し、ランオフエリアでストップ。イエローフラッグが振られたが赤旗中断にならず、セッションは続いていく。セッション中盤を過ぎ、ウィリアムズ・コスワースのマーク・ウェーバー、チームメイトのニコ・ロズベルグ、マクラーレン・メルセデスのキミ・ライッコネンの順でトップタイムが更新されていく。そしてフェラーリもタイムアタックを開始する。M.シューマッハが1'11.565で暫定トップに立つも、F.マッサが1'10.643を叩き出し、Q1をトップで通過した。M.シューマッハは2番手、3番手トヨタのラルフ・シューマッハ、4番手ルノーのフェルナンド・アロンソと続いた。このQ1で、タイムアタックを行なえなかったMF1のT.モンテイロに加え、チームメイトのクリスチャン・アルバース、SUPER AGURI F1チームの2台、レッドブル・レーシングのデビッド・クルサード、スクーデリア・トーロ・ロッソのスコット・スピードが脱落した。
 
 続いてQ2(2次予選)がスタートする。セッション序盤、トヨタの2台が1-2体制を築く。開始8分過ぎ、ルノーのF.アロンソが1'11.148でトップに立つが、M.シューマッハはすぐさま1'10.313を叩き出し、トップの座を奪う。M.シューマッハは先のQ1でF.マッサが記録したタイムをコンマ3秒も刻む速さを見せる。F.マッサも1分10秒台へ入れ、1'10.775を記録するが2番手に留まる。セッション終盤、既にタイムを記録しているものの、トップ10入りが危ぶまれるドライバー達が再度タイムアタックに入る。同時に、Hondaのジェンソン・バトンおよびレッドブルのロバート・ドーンボスは、1度目のタイムアタックを開始。J.バトンは1'11.742をマークするが、Q2敗退となる11番手タイム。最後の1周に賭けるも自己ベスト更新は叶わず、最終的に14番手でセッションを終えた。J.バトンの他、トーロ・ロッソのビタントニオ・リウッツィ、レッドブルのR.ドーンボス、ウィリアムズの2台、マクラーレンのペドロ・デ・ラ・ロサがQ3進出を果たせなかった。なお、このQ2でのトップ3は、M.シューマッハ、F.マッサ、F.アロンソだった。
 
 Q3(最終予選)を迎える。ピットレーン出口にはフェラーリの2台が先頭で待機、セッション開始とともにコースに出る。その直後、M.シューマッハがスローダウン、後続のドライバーに道を譲りながら走行を続け、ピットに戻る。M.シューマッハはマシンに留まり、メカニックが時間内の出走を目指して作業を行なう。セッションが中盤に差しかかると、各ドライバーがタイヤを交換し、タイムアタックへ入っていく。F.アロンソが1'11.863のトップタイムを記録するが、K.ライッコネンは1'11.649でF.アロンソを上回る。さらに、後続のF.マッサが1'10.842で暫定トップに躍り出る。そして、各マシンが2回目のアタックへ。K.ライッコネンは1'11.299を記録するが、F.マッサのタイムに及ばない。その直後、F.マッサは1'10.680を叩き出し、自らトップタイムを更新。F.マッサが母国では初のポールポジションを獲得した。
 
 2番手をK.ライッコネンが守り、トヨタのヤルノ・トゥルーリが1'11.328で3番手に入った。トップ3に入れなかったが、F.アロンソは4番手に続いた。なお、M.シューマッハはその後出走が叶わず、10番手で現役最後の公式予選を終えている。


鈴鹿決勝結果

次のブラジルでアロンソノーポイントミハエル優勝しなければ、アロンソのワールドチャンピオン決定です。最後くらいシューミーに勝たせてあげたいなあ・・・
そういえばウイリアムズのピットに朝青龍がいたようです。

決勝結果 . .
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位
1 1 F.アロンソ ルノー 1:23'53.413 53 219.982 -
2 6 F.マッサ フェラーリ 1:24'09.564 53 219.278 -
3 2 G.フィジケラ ルノー 1:24'17.366 53 218.940 -
4 12 J.バトン Honda 1:24'27.514 53 218.502 -
5 3 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス 1:24'37.009 53 218.093 -
6 8 J.トゥルーリ トヨタ 1:24'40.130 53 217.959 -
7 7 R.シューマッハ トヨタ 1:24'42.282 53 217.867 -
8 16 N.ハイドフェルド ザウバーBMW 1:25'09.508 53 216.706 -
9 17 R.クビサ ザウバーBMW 1:25'10.345 53 216.670 -
10 10 N.ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース 1:24'01.311 52 215.491 -
11 4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン・メルセデス 1:24'06.083 52 215.287 -
12 11 R.バリチェッロ Honda 1:24'31.585 52 214.204 -
13 15 R.ドーンボス RBRフェラーリ 1:24'53.750 52 213.272 -
14 20 V.リウッツィ STRコスワース 1:25'07.938 52 212.680 -
15 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda 1:25'19.208 52 212.212 -
16 18 T.モンテイロ MF1トヨタ 1:24'01.977 51 211.316 -
17 23 山本左近 SUPER AGURI Honda 1:24'19.816 50 206.439 -
18 21 S.スピード STRコスワース 1:19'12.813 48 210.977 -
  9 M.ウェーバー ウィリアムズ・コスワース DNF 39 214.176 -
  5 M.シューマッハ フェラーリ DNF 36 220.845 -
  14 D.クルサード RBRフェラーリ DNF 35 211.190 -
  19 C.アルバース MF1トヨタ DNF 20 209.556 -
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位

鈴鹿予選

マッサとシューミーのフロントロウでトヨタセカンドロウ
BSが強そうですね・・・

公式予選結果 . .
順位 No. ドライバー チーム ベストタイム 周回
1 6 F.マッサ フェラーリ 1'29.599 16
2 5 M.シューマッハ フェラーリ 1'29.711 17
3 7 R.シューマッハ トヨタ 1'29.989 19
4 8 J.トゥルーリ トヨタ 1'30.039 19
5 1 F.アロンソ ルノー 1'30.371 16
6 2 G.フィジケラ ルノー 1'30.599 17
7 12 J.バトン Honda 1'30.992 22
8 11 R.バリチェッロ Honda 1'31.478 21
9 16 N.ハイドフェルド ザウバーBMW 1'31.513 18
10 10 N.ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース 1'31.856 22
11 3 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス 1'30.827 9
12 17 R.クビサ ザウバーBMW 1'31.094 8
13 4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン・メルセデス 1'31.254 12
14 9 M.ウェーバー ウィリアムズ・コスワース 1'31.276 11
15 20 V.リウッツィ STRコスワース 1'31.943 14
16 19 C.アルバース MF1トヨタ 1'33.750 13
17 14 D.クルサード RBRフェラーリ 1'32.252 6
18 15 R.ドーンボス RBRフェラーリ 1'32.402 7
19 21 S.スピード STRコスワース 1'32.867 7
20 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda 1'33.666 6
21 18 T.モンテイロ MF1トヨタ 1'33.709 3
22 23 山本左近 SUPER AGURI Honda

中国GP決勝結果

ミハエルの逆転勝利!!ランキングも1位!!

決勝結果 . .
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位
1 5 M.シューマッハ フェラーリ 1:37'32.747 56 187.644 -
2 1 F.アロンソ ルノー 1:37'35.868 56 187.544 -
3 2 G.フィジケラ ルノー 1:38'16.944 56 186.238 -
4 12 J.バトン Honda 1:38'44.803 56 185.362 -
5 4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン・メルセデス 1:38'49.884 56 185.203 -
6 11 R.バリチェッロ Honda 1:38'51.878 56 185.141 -
7 16 N.ハイドフェルド ザウバーBMW 1:39'04.726 56 184.741 -
8 9 M.ウェーバー ウィリアムズ・コスワース 1:39'16.335 56 184.381 -
9 14 D.クルサード RBRフェラーリ 1:39'16.543 56 184.374 -
10 20 V.リウッツィ STRコスワース 1:38'12.368 55 183.052 -
11 10 N.ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース 1:38'13.489 55 183.017 -
12 15 R.ドーンボス RBRフェラーリ 1:38'24.465 55 182.677 -
13 17 R.クビサ ザウバーBMW 1:38'38.210 55 182.253 -
14 21 S.スピード STRコスワース 1:39'13.358 55 181.177 -
15 19 C.アルバース MF1トヨタ 1:39'15.058 53 174.535 -
16 23 山本左近 SUPER AGURI Honda 1:37'38.996 52 174.047 -
  7 R.シューマッハ トヨタ DNF 49 181.931 -
  6 F.マッサ フェラーリ DNF 44 182.926 -
  8 J.トゥルーリ トヨタ DNF 38 173.444 -
  18 T.モンテイロ MF1トヨタ DNF 37 177.583 -
  3 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス DNF 18 182.227 -
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位


セッションレポート . .
10月1日(日)
曇り→雨/ハーフウェット→ドライ→ハーフウェット
 
 F1中国GP決勝が、現地時間(以下、現地時間)1日午後2時よりスタートした。路面コンディションが刻々と変化し、ピットストップ時のタイヤ選択が見どころとなるレースだった。
 
 曇り空に覆われた上海インターナショナル・サーキット(1周5.451km)は、気温22℃、路面温度22℃のハーフウェットコンディション。スターティンググリッド上、ルノーのフェルナンド・アロンソとジャンカルロ・フィジケラがフロントローに並び、フェラーリのミハエル・シューマッハは3列目、フェリペ・マッサは10列目についている。また、ミッドランドのクリスチャン・アルバースには、前日の車両計測の呼び出しに応じなかったことを理由に、予選タイムを抹消する裁定が下されており、グリッドの最後尾からレースに臨んだ。
 
 レッドシグナルが消え、各マシンが水しぶきを上げながら、1コーナーへ入っていく。オープニングラップはF.アロンソ、G.フィジケラに続く3番手争いが激化。1コーナーで外側のラインを取ったキミ・ライッコネン(マクラーレン・メルセデス)が3番手に浮上するも、ジェンソン・バトン(Honda)がポジションを取り返す。ロングストレートでK.ライッコネンがJ.バトンを再びパス、3番手で2周目へ入っていく。
 
 ラップリーダーのF.アロンソが、2番手のG.フィジケラ以降のドライバーとの差を広げながら周回を重ねていく。M.シューマッハは8周目に前を行くルーベンス・バリチェッロ(Honda)を交わし、5番手へ浮上する。
 
 13周目、3番手のK.ライッコネンがG.フィジケラをパス。その後方では、M.シューマッハがJ.バトンを抜き、4番手へ浮上する。その数周後、J.バトン、K.ライッコネンなどがピットストップを行ない、トップはF.アロンソ、2番手G.フィジケラ、3番手M.シューマッハの順になる。M.シューマッハは、自己ベストを連発し、18周目にはG.フィジケラの背後に迫る。その翌周、4番手を走行していたK.ライッコネンのマシンがスローダウン。ここでレースを終えている。
 
 上位3台も1回目のピットストップを迎える。22周目、M.シューマッハがピットへ戻り、給油のみでコースへ復帰する。22周を終えたところで、ラップリーダーのF.アロンソがピットイン。給油に加え、フロントタイヤを交換する。その翌周にG.フィジケラもピットで給油を済ませる。各ドライバーがピットインを終えた時点では、トップのF.アロンソがリードを保っていたが、その後ペースが上がらず、数周後には、F.アロンソ、G.フィジケラ、M.シューマッハの3台が1秒差で数珠つなぎ状態になる。30周目、ロングストレートでG.フィジケラがF.アロンソを交わしてトップに立つと、翌周にはM.シューマッハが3コーナーのイン側を突き、F.アロンソの前のポジションを奪い取る。
 
 レース中盤以降、ドライタイヤへ履き替えるドライバーが増える。3番手にポジションを落としたF.アロンソが、35周目、上位陣では一番先にドライタイヤへスイッチする。しかし、右リアタイヤの交換に手間取り、6番手まで後退。F.アロンソは、ラップリーダーのG.フィジケラ、2番手のM.シューマッハを上回るペースで追い上げを見せる。上位でスタンダードウェットタイヤで走行しているのは、G.フィジケラおよびM.シューマッハのみとなった。40周目、M.シューマッハがピットに戻り、ドライタイヤに替える。G.フィジケラもその翌周にドライタイヤを装着し、トップでコースに復帰する。しかし、G.フィジケラが1コーナーでラインを膨らませ、M.シューマッハはそのイン側からオーバーテイク。M.シューマッハがトップに立つ。
 
 3番手を走るF.アロンソは、ファステストラップを連発し、前方との差を詰めていく。2番手のG.フィジケラと15秒以上あった差はあっという間に縮まり、48周目のバックストレートでG.フィジケラを交わす。雨が降り始めたレース終盤、F.アロンソは勝利を諦めない追い上げを見せたが、M.シューマッハにあと3.121秒届かなかった。
 
 中国GPで優勝を飾ったのは、M.シューマッハ。ドライバーズランキングのポイント数でルノーのF.アロンソと並び、勝利数でF.アロンソを上回っているため、現時点でのランキングトップはM.シューマッハとなった。2位F.アロンソ、3位G.フィジケラが続いた。そして、ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)、R.バリチェッロ、J.バトンのHonda勢、ペドロ・デ・ラ・ロサ(マクラーレン・メルセデス)の4台による4番手争いが熾烈を極めた。最終ラップでSUPER AGURI F1チームの佐藤琢磨を周回遅れにする際、N.ハイドフェルドが佐藤に追突し、後続のR.バリチェッロは避けきれずに接触。J.バトンが4位を獲得し、5位にP.デ・ラ・ロサ、6位R.バリチェッロ、7位N.ハイドフェルドの順でチェッカーを受けたが、レース終了時、このアクシデントは審議対象となっている。
 
 また、SUPER AGURIは佐藤が14位完走。チームメイトの山本左近も17位完走で、ドイツGPでのF1デビュー以来、初めてレースを走りきった。チームにとっては、3回目のダブル完走となっている。
 
※なお、中国GPのレース審査委員会は、決勝レース終了後に審議を行ない、最終ラップのアクシデントの原因となった佐藤琢磨(SUPER AGURI F1チーム)、クリスチャン・アルバース(ミッドランド)に青旗無視のペナルティを科す裁定を下した。これにより、第3戦のオーストラリアGPで青旗無視により懲戒処分を受けている佐藤琢磨は失格、C.アルバースのレースタイムに25秒加算ペナルティを科した。この結果、スコット・スピード(スクーデリア・トーロ・ロッソ)、C.アルバース、山本左近(SUPER AGURI)の決勝結果が1つずつ繰り上がっている。




プロフィール

ラジマニ

Author:ラジマニ
のんびりマイペースに綴っていくラジマニ(Razimn)のブログです。F1、鉄道が主です。

最近は年に1回の鈴鹿サーキット詣でを継続中。
鉄道では、東は北海道から西は九州まで、被写体を求めてあちらこちらに出かけています。


鉄道ブログランキングに参加してます!よかったらクリックお願いします!!→鉄道コム
人気blogランキングへ RC Maniax
FC2 Blog Rankingランキング参加中!!クリックよろしく!!

現在使用機材(すべてキヤノン)
IXY 32S
EOS Kiss X3
EOS 7D mark II

EF-S 18 - 55 mm F3.5 - 5.6 IS
EF-S 18 - 135mm F3.5 - 5.6 IS STM
EF-S 55 - 250 mm F4 - 5.6 IS
EF 70 - 200 mm F4L IS USM

EF 50 mm F1.8 II
EF 300 mm F4L IS USM
Extender EF1.4× II

当ブログの記事、画像の著作権は放棄していません.無断での利用、改ざん、複製などは行ってはいけません。

最近の記事
FC2ブログランキング
ぜひクリックをお願いします!!

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
ぶつぶつ・・・
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ユーザータグ

24系 DD51 EF65 381系 485系 トワイライトエクスプレス 115系 キハ40系 EF81 EF64 14系 221系 103系 223系 宝殿 183系 EF510 113系 EF66 DE10 サロンカーなにわ ED79 EF210 函館 山崎 キハ183系 北斗 くろしお 100系 683系 曽根 新大阪 789系 札幌 681系 はまなす 北斗星 475系 205系 白鳥 287系 北越 201系 青森 四日市 カシオペア 東十条 京都 281系 N700系 高岡 211系 12系 姫路 E26系 105系 F1 いなほ 413系 700系 清洲 岡山 207系 キハ261系 583系 日本海 300系 DE15 富山 500系 225系 直江津 谷川 185系 あけぼの DF200 キハ40 広島 長岡京 油川 五稜郭 東富山 117系 オホーツク 200系 大阪 新潟 はくたか キハ281系 キハ283系 富田浜 283系 大宮 須磨 津軽宮田 こうのとり 尾久 上野 189系 E2系 E231系 あずさ 下滝 東室蘭 柏原 E4系 加古川 尼崎 御着 白浜 水橋 鈴鹿 向洋 EH500 E3系 熊谷 本輪西 野田 383系 しなの 黒山 E351系 711系 785系 新倉敷 C56 島本 キハ85系 茨木 0系 新青森 キハ120系 EF200 E233系 くびき野 南松本 福山 キハ150系 相生 福知山 521系 堺市 EH200 亀田 倶利伽羅 701系 ばんえつ物語 西明石 大沼 EH800 きたぐに 321系 285系 敦賀 C57 引退 梁瀬 カムイ E5系 白石 和田山 亀山 美袋 富田 岐阜 塚本 SLやまぐち 平田 松本 稲沢 ED45 荻川 E127系 間島 山城 長鳥 枇杷島 227系 名古屋 春日山 黒井 釜谷 網干 苗穂 西川原 733系 下庄 福島 塩浜 塩屋 佐々木 花園 サンダーバード 赤プレ つがる とかち 塚山 EF67 313系 おおぞら 石動 E751系 E257系 フェラーリ 村上 やくも 八本松 平野 ひめじ別所 仁川 天神川 糸魚川 後潟 甲府 相模湖 瀬戸 文学少女 佐藤琢磨 天王寺 新津 鶴ヶ丘 余目 西袋 上夜久野 暁学園前 三岐鉄道 セメント 豊栄 藍本 キハ47 大サロ 向日町 赤羽 大津トンネル 高田 郡山 加古川線 石生 東三条 長岡 鶯谷 琴似 米子 岩船町 旧型客車 エアポート 高尾 岩見沢 しらさぎ 根雨 米原 出雲 キハ11形 会津若松 上石見 生山 越中大門 145系 浅香 今宮 DD452 上郡 秋田 春日井 安芸長束 渡島当別 415系 323系 山家 綾部 きのさき 高槻 三滝 泉沢 南紀 森ノ宮  サンライズエクスプレス 太平洋セメント 大麻 かいじ 池袋 新山口 C11 上野原 左堰 金光臨 923形 ドクターイエロー 市島 丹波竹田 朝来 津和野 トワイライトエクスプレス瑞風 87系 ラッピングトレイン 芦屋 キハ189系 倉敷 はまかぜ 野田生 篠目 キハ185系 E259系 千歳 堅田 竜野 ノロッコ 富良野 稲穂 岸辺 原色 国鉄色 川部 のぞみ 呉羽 保内 510系 島内 下夜久野 久宝寺 杉本町 南今庄 新幹線 中沢 キハ52系 黒坂 落部 島高松 徳島 七飯 北新井 脇野田 蟹田 瀬辺地 新井口 砂越 キハ120 奥出雲おろち 山梨市 豊岡 東酒田 金沢 船平山 マイテ49 上道 ホンダ 河内堅上 高井田 トロロッソ キハ110 渋谷 すずらん ブルーノ・セナ 721系 鶴岡 新札幌 山科 奥内 玉柏 27号機 ことぶき 平林 府屋 タミヤ 須原 紀伊富田 弁天町 椿 中津川  新宮 紀伊新庄 横川 E1系 落合川 宮原 HOT7000系 阿漕 厚狭  213系 HK100 勝沼ぶどう郷 津幡 289系 四方津 東淀川 サンライナー 桜木町 金手 大月 ひかり 備中広瀬 みまさかスローライフ フォーミュラチャレンジ・ジャパン 東神奈川 牧山 東高島 七重浜 紀伊浦上 紀伊田原 下里 桑園 ニセコ キハ28系 古座 田端 広田 大桑 中庄 串本 湯川 福知山線 紀伊田辺 121系 2000系 梶屋敷 オヤ31 猿橋 仁山 宗谷 旭山動物園 紀伊勝浦 苫小牧 登別 ノスタルジー 西条 勝木 和歌山 新神戸 酒田 SAF1 吉塚 越後石山 有年 妙高 大歳 相野 上八木 徳佐 橋本紡 くずりゅう 山本ケイジ 半分の月がのぼる空 堂島 甲種輸送 交通科学博物館 鯨波 柏崎 鍋倉 芦原橋 南部 岩代 中島 千里丘 311系 四ツ小屋 土崎 キハ181 瀬野 伯耆溝口 大津京 東京  キハ85 あつみ温泉 上狛 長門峡 キハ110系 キハE120系 ワム E129系 小岩川 早通 津山 回送 荘原 アイランドエクスプレス四国II 安治川口 英賀保 鹿討 中富良野 大安寺 豊科 湯ノ峠 新白島 DD511 学田 札幌運転所 E655系 朝里 苗穂工場 ノースレインボーエクスプレス ラベンダー畑 西中 大久保 摂津富田 ヘッドマーク 三田 HB-E300系 江・浅井三姉妹博覧会 札苅 土岐市 茂辺地 上磯 KE65 上菅 川棚温泉 あいづ HD300 谷浜 馬堀 天空の城竹田城跡号 はまかいじ 小樽築港 柏矢町 武蔵浦和 キハ183 C62 こだま ひだ 明石 253系 梅小路 青森車両センター 豊浦 津軽新城 保々 倉本 C58 青海 西高岡 撫牛子 安中貨物 新広 キハ189 日本GP 2009年 新宿 KERS 安芸阿賀 ウィリアムズ 70-000形 青プレ F2008K 川西池田 サインライズ瀬戸 サンライズ出雲 レッドブル キハ187系 KTR8000 920IS RC 8866レ BMWザウバー マクラーレン 長居 IXY さよなら運転 篠山口 クモヤ443系 フォースインディア 北千住 FIA 臨時  木曽福島 アロンソ 吹田 ななつ星in九州 クビサ 中秋の名月 仁方 地福 K53編成 大山口 高島 F1モデリング 姫路貨物 飯詰 西浦和 ムド F1撤退 我孫子 トヨタ 我孫子町 鈴木亜久里 赤穂 だいせん 富士スピードウェイ 三国ヶ丘 ライコネン 十条 青野山 名和 キヤ97系 シキ 西河原 西脇市 熱海 大岩 上松 土佐一宮 ポルシェカレラカップジャパン 岩美 横浜 久々原 上郷 行田 早島 大原 ED75 上総東 播但線 薊野 南与野 香住 西九条 新三田  長船 広野 土佐北川 京橋 大阪城公園 瀬戸内マリンビュー キハ181系 黒川 塩入 野尻 フライアッシュ 上野動物園 大杉 玄武洞 和田 廃止 F1 新守山  大多喜 大曽根 西日暮里 鳥取大学前 新下関 F103 解体 零戦 2600系 三軒茶屋 RC まつかぜ 松崎  西武30000系 多治見 亀岡 MLRV1000 仁保 総元 大張野 M250 能生 湖山 アニメ 川原石 坂下 西畑 広島電鉄 F60 涼宮ハルヒ 雷鳥 MRT300形 三浦 梅ヶ峠 小串 湯玉 吉見 海田市 阿品 宮島口 マリンビュー 宇賀本郷 長門二見 宇田郷 須佐 東港 三見 玉江 滝部 阿川 長門粟野 DD51 桂川 千種 北広島 ながまれ号 長都 黄金 大岸 洞爺 崎守 函館運輸所 陣屋町 茂尻 赤平 鷲別 上富良野 フラノラベンダーエクスプレス 南千歳 旭山動物園号 ND552 ND60 周参見 紀伊日置 六十谷 芳養 熊取 はやぶさ E6系 上野芝 紀伊中ノ島 東長原 フルーティア 719系 喜多方 シティライナー 駒形 西広島 伊勢崎 仙台 桔梗 津久田 瑞浪 美乃坂本 岩本 越後川口 勝川 越後早川 小千谷 恵那 武並 備中高松 木古内 キハ56系 下関 黒井村 123系 梅林 礼文 静狩 三里 甘地 福崎 丹生川 朝霧 肥前白石 あかつき 魚住 仁豊野 香呂 貴生川 渡川 備後落合 三雲 甲西 手原 石部 肥前竜王 西諫早 佐古 蔵本 剣山 N2000系 うずしお 二軒屋 讃岐白鳥 引田 地蔵橋 文化の森 肥前長田 湯江 喜々津 伊賀屋 神埼 勝瑞 池谷 油木 出雲坂根 立川 鳥沢 小淵沢 E353系 しまんと  みの 詫間 長坂 みどり湖 手稲 鷲ノ巣 長万部 江別 豊幌 塩尻 蘭島 南風 三縄 宍道 直江 出雲市 加茂中 幡屋 出雲三成 出雲八代 木次 八鹿 江原 備前一宮 金川 祖谷口 庭瀬 法界院 国府 備前原 山都 上野尻 宮内 越後広田 来迎寺 EF510 塩山 中山 レールスター E351系 おはよう信越 さつき野 鼠ヶ関 遊佐 南鳥海 河内 入野 虎姫 長浜 菊名 R32 サンポート 讃岐府中 鴨川 いしづち あすか キヤ143系 DD15 日本海縦貫線号 函館市電 知和 矢野口 209系 キハ261 稲城長沼 美作滝尾 美作加茂 8000系 さくら夙川 吹浦 矢原 広島車両所 DF50 北長岡 加茂 焼島 新潟貨物ターミナル 工臨 DD13 キハ80 鶴ケ丘 芦原橋駅 瀬野八 王寺 151系 D51 181系 上沼垂 とき 羽前水沢 ニコニコ超会議号 新今宮 羽前大山 仁賀保 女鹿 こまち カンセンジャー 8600系 ヨ8000 西小倉 にちりん E653系 白山 いせ コキ72 101系 後三年 7200系 みえ キハ75形 新疋田 一身田 衣浦臨海鉄道 箕島 東成岩 半田埠頭 矢賀 田沢 小倉 木之本 余呉 椎田 豊前松江 くまげら jはやぶさ 紀伊宮原 宇久井 吉田 清音 豪渓 東新津 新関 徳沢 津川 三川 木野山 方谷 岸本 日羽 尾鷲 江尾 新見 井倉 石蟹 田村 竹田 札幌貨物ターミナル 平和 マヤ34 キハ141系 近江八幡 朝日 はるか キヤ141系 サロベツ 美々 大釈迦 鶴ヶ坂 筒井 北常盤 ブナ C51 郷沢 キヤ95系 651系 島尾 みのり 川口 氷見 石原 はしだて KTR8000形 高津 田町 踊り子 キハ122形 EF510 西国分寺 風っこ ゆう 251系 E721系 北長瀬 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード