無料

Photo-diary razimn 2006年08月

FIA、2007年グランプリカレンダー発表

ああ鈴鹿・・・・イモラとニュルも・・・・残念

世界モータースポーツ評議会のFAX投票を受け、FIAは29日(火)、2007年のF1カレンダーを発表した。

今年はバーレーンGPにその座を譲ったものの、来季は、通常通り、メルボルンで開催されるオーストラリアGPが開幕戦に復帰。そして、ドライバーからの人気も高い、スパフランコルシャンもカレンダーに戻ってきている。

一方、ドイツ・ホッケンハイムで開催されていたヨーロッパGPと、イタリア・イモラで行われていたサン-マリノGPがカレンダーから消えることとなった。

2007年シーズンは、全17戦で争われる。

オーストラリアGP:3月18日
マレーシアGP:4月8日
バーレーンGP:4月15日
スペインGP:5月13日
モナコGP:5月27日
カナダGP:6月10日
アメリカGP:6月17日
フランスGP:7月1日
イギリスGP:7月8日
ドイツGP:7月22日
ハンガリーGP:8月5日
トルコGP:8月26日
イタリアGP:9月9日
ベルギーGP:9月16日
中国GP:9月30日
日本GP:10月7日
ブラジル:10月21日
スポンサーサイト

トルコGP決勝結果

決勝結果 . .
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位
1 6 F.マッサ フェラーリ 1:28'51.082 58 208.930 1
2 1 F.アロンソ ルノー 1:28'56.657 58 208.712 2
3 5 M.シューマッハ フェラーリ 1:28'56.738 58 208.709 1
4 12 J.バトン Honda 1:29'03.416 58 208.448 4
5 4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン・メルセデス 1:29'36.990 58 207.146 5
6 2 G.フィジケラ ルノー 1:29'37.676 58 207.120 6
7 7 R.シューマッハ トヨタ 1:29'50.419 58 206.630 5
8 11 R.バリチェッロ Honda 1:29'51.116 58 206.603 6
9 8 J.トゥルーリ トヨタ 1:28'53.202 57 205.244 7
10 9 M.ウェーバー ウィリアムズ・コスワース 1:28'53.683 57 205.225 4
11 15 C.クリエン RBRフェラーリ 1:29'01.283 57 204.933 6
12 17 R.クビサ ザウバーBMW 1:29'09.330 57 204.625 5
13 21 S.スピード STRコスワース 1:29'09.660 57 204.612 11
14 16 N.ハイドフェルド ザウバーBMW 1:29'57.326 56 199.245 14
15 14 D.クルサード RBRフェラーリ 1:26'07.616 55 204.383 8
  19 C.アルバース MF1トヨタ アクシデント 46 202.752 9
  22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda 周回数不足 41 146.395 17
  10 N.ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース 水圧 25 200.724 5
  23 山本左近 SUPER AGURI Honda スピンアウト 23 198.378 13
  20 V.リウッツィ STRコスワース スピンアウト 12 203.627 7
  3 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス アクシデント 1 118.552 20
  18 T.モンテイロ MF1トヨタ アクシデント 0 0.000 -
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位


セッションレポート . .
8月27日(日)
晴れ/ドライコンディション
 
 F1トルコGPは、現地時間(以下、現地時間)27日、決勝日を迎えた。快晴に恵まれたイスタンブールパーク・サーキットは、気温35℃、路面温度52℃のドライコンディション。トヨタのラルフ・シューマッハ、ミッドランドのクリスチャン・アルバースがエンジン交換を行なったため、それぞれ10グリッド降格処分が科された。
 
 レッドシグナルが消え、初のポールポジションスタートのフェリペ・マッサ(フェラーリ)がトップのまま、1コーナーへ入っていく。2番手のミハエル・シューマッハ(フェラーリ)は3番手のフェルナンド・アロンソ(ルノー)をけん制しながら、かろうじて前のポジションを守る。F.アロンソと、チームメイトで4番手スタートのジャンカルロ・フィジケラが接触寸前となり、G.フィジケラは1コーナーのイン側でスピン。後続のマシンがその影響で多重クラッシュとなる。行き場を失った佐藤琢磨(SUPER AGURI F1チーム)はティアゴ・モンテイロ(ミッドランド)と接触、T.モンテイロはここでマシンを降りた。G.フィジケラ、ラルフ・シューマッハ(トヨタ)、ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)、スコット・スピード(スクーデリア・トーロ・ロッソ)、キミ・ライッコネン(マクラーレン・メルセデス)、佐藤琢磨らが緊急ピットインとなる。K.ライッコネンは、追突された影響でバーストしたタイヤを交換するが、ピットアウト直後、マシンの挙動が乱れ、タイヤバリアにクラッシュ。昨年のトルコGP勝者がレースを終えた。
 
 レース序盤、F.マッサが安定した速さでトップを走行。9周目にM.シューマッハがファステストラップを更新し、フェラーリ1-2体制で、3番手のF.アロンソ以降とのギャップを少しずつ広げていく。
 
 13周目、ビタントニオ・リウッツィ(トーロ・ロッソ)が1コーナー先で単独スピン。マシンがコース上に留まったため、セーフティカーが導入される。翌周、フェラーリの2台、F.アロンソが同時にピットに向かう。2番手M.シューマッハと3番手F.アロンソのギャップは13周終了時で9秒弱。F.マッサ、M.シューマッハの順でピットに並ぶと、F.マッサの作業中にF.アロンソがピットに入ってくる。F.マッサに続き、作業を行なったM.シューマッハは、このタイミングでF.アロンソに交わされてしまう。
 
 レースは17周目に再開。ピットインを見送ったマシンは、この間に順位を上げた。また、オープニングラップでマシンにダメージを負った佐藤琢磨もレースに復帰していく。一方、チームメイトの山本左近は、24周目に単独スピンを喫し、リタイアとなった。
 
 レース半ばを過ぎると、トップを走るF.マッサ、2番手F.アロンソ、3番手M.シューマッハが、1分28秒台でファステストラップの応酬合戦を展開していく。39周目、F.マッサ、F.アロンソが2回目のピットストップに向かう。M.シューマッハはコース上に留まり、自己ベストを連発する。43周まで2回目のピットインを延ばしたM.シューマッハだが、2番手を走行するF.アロンソを逆転できずに、コースに合流する。レースの残り周回が少なくなる中、F.アロンソとM.シューマッハは約コンマ5秒差のテール・トゥ・ノーズの接近戦を繰り広げる。
 
 フェラーリのF.マッサが、2002年のF1デビュー以来、初優勝をポール・トゥ・ウィンで決めた。2位をF.アロンソ(ルノー)が守り、0.081秒差の3位にM.シューマッハ(フェラーリ)が入った。このため、ドライバーズランキングにおけるF.アロンソとM.シューマッハのポイント差は『12』と広がっている。一方、コンストラクターズランキングにおけるフェラーリとルノーの差は、『2』と縮まった。また、『SA06』完成バージョンを投入した佐藤琢磨(SUPER AGURI F1チーム)は、トップから17周遅れでチェッカーを受けているものの、規定周回数に満たないため、完走扱いにならなかった。


トルコGP予選結果

マッサが初PP 2番手はミハエル 3.4とアロンソ・フィジコが並んだ!
公式予選結果 . .
順位 No. ドライバー チーム ベストタイム 周回
1 6 F.マッサ フェラーリ 1'26.907 17
2 5 M.シューマッハ フェラーリ 1'27.284 17
3 1 F.アロンソ ルノー 1'27.321 20
4 2 G.フィジケラ ルノー 1'27.564 19
5 7 R.シューマッハ トヨタ 1'27.569 20
6 16 N.ハイドフェルド ザウバーBMW 1'27.785 20
7 12 J.バトン Honda 1'27.790 23
8 3 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス 1'27.866 19
9 17 R.クビサ ザウバーBMW 1'28.167 20
10 9 M.ウェーバー ウィリアムズ・コスワース 1'29.436 22
11 15 C.クリエン RBRフェラーリ 1'27.852 12
12 4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン・メルセデス 1'27.897 11
13 8 J.トゥルーリ トヨタ 1'27.973 12
14 11 R.バリチェッロ Honda 1'28.257 12
15 10 N.ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース 1'28.386 12
16 19 C.アルバース MF1トヨタ 1'28.639 12
17 14 D.クルサード RBRフェラーリ 1'29.136 7
18 21 S.スピード STRコスワース 1'29.158 9
19 20 V.リウッツィ STRコスワース 1'29.250 8
20 18 T.モンテイロ MF1トヨタ 1'29.901 8
21 23 山本左近 SUPER AGURI Honda 1'30.607 7
22 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda 1'30.850 5
順位 No. ドライバー チーム ベストタイム 周回


セッションレポート . .
8月26日(土)
晴れ/ドライコンディション
 
 F1トルコGPは、現地時間(以下、現地時間)26日午後2時(日本時間:午後8時)より公式予選が開始された。上空に晴れ間が広がるイスタンブールパーク・サーキットは、気温33℃、路面温度51℃のドライコンディション。トヨタのラルフ・シューマッハ、ミッドランドのクリスチャン・アルバースがエンジン交換を行なっている。
 
 Q1(1次予選)開始からまもなく、ルノーのフェルナンド・アロンソがコースイン。F.アロンソのマークした1'29.087がターゲットタイムとなる。ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)、ミハエル・シューマッハ(フェラーリ)らがトップタイムを塗り替えると、フェリペ・マッサ(フェラーリ)は1'27.306でトップに立ち、フェラーリ1-2体制を築いた。
 
 このQ1で、SUPER AGURI F1チームおよびスクーデリア・トーロ・ロッソの2チーム、ミッドランドのティアゴ・モンテイロ、レッドブル・レーシングのデビッド・クルサードが脱落した。D.クルサードは、最後のタイムアタックでセクター1の自己ベストをマークするも、あと0.115秒が届かなかった。『SA06』完成バージョンを投入したSUPER AGURI F1チームの佐藤琢磨は、8コーナーでよもやのオーバーラン。チームメイトの山本左近が佐藤琢磨を上回っている。
 
 フェラーリのM.シューマッハが、Q2(2次予選)で驚くような速さを見せた。Q2のセッション半ば、F.アロンソ(ルノー)が1'26.917と、トップタイムを1分26秒台へ入れる。その直後、M.シューマッハは1'25.850を叩き出し、全セクターのベストタイムを塗り替える。そして、F.マッサ(フェラーリ)が1'27.059で、M.シューマッハ、F.アロンソに続く3番手タイムを記録。セッション終了のチェッカーが振られる中、HondaのJ.バトンは1'26.872まで自己ベストを更新し、2番手に飛び込んだ。
 
 ミッドランドのC.アルバース、ウィリアムズ・コスワースのニコ・ロズベルグ、Hondaのルーベンス・バリチェッロ、トヨタのJ.トゥルーリ、マクラーレン・メルセデスのペドロ・デ・ラ・ロサ、レッドブル・レーシングのクリスチャン・クリエンの6名がQ3(最終予選)進出を果たせなかった。
 
 ルノー、フェラーリ、BMWザウバーを除き、各チームが1台体制で臨んだQ3(最終予選)。セッション開始前から各マシンがピット出口で待機するのは恒例となっている。HondaのJ.バトンからコースイン。全10名のドライバーが周回を重ねていく。残り時間8分となったところで、ルノー勢が先陣を切ってニュータイヤに履き替え、タイムアタックに臨む。F.アロンソが1'28.071をマークし、暫定トップに立つと、チームメイトのジャンカルロ・フィジケラは1'27.878で上回る。続いてアタックラップに入ったフェラーリ勢は、チームメイト間で明暗が分かれる。F.マッサは1'27.307でトップタイムを塗り替える一方、M.シューマッハは1コーナーで膨らみ、アタック失敗となる。各ドライバーは再びタイヤを交換し、最後のタイムアタックへ入っていく。まずM.シューマッハが1'27.284でチームメイトを上回る。ルノー勢はM.シューマッハのタイムに及ばない。すると、F.マッサが自己ベストを更新し、1'26.907をマーク。2002年のF1デビュー以来、初めてポールポジションを獲得した。
 
 F.マッサに、2番手M.シューマッハ、3番手F.アロンソとドライバーズタイトル争いを展開する両雄が続いた。レコードラインとなる奇数列を得たドライバーは有利となるか、明日27日に行なわれる決勝のスタートが注目される。

やっと・・・・

やっとこさ資金繰りもましになってきて(まるでミナルディ??)パーツを買うことにしました。
まずはワンウェイ
いままではフルタイム4駆つまり前後ボールデフだったので・・・・これで走りにくくなったらドライバーのうでが駄目駄目ーってことでしょう(爆)というか、今までつけてなかったのがうそみたいな話・・・・
次にタイヤ
タミグラがメインなので、タミヤAを使ってましたが、やっと新品タイヤを換えました(さっさと買えとケーって話ですが・・・)
さすがに新しいキットを買うにはきついですが、これでましになるでしょう(爆)(^O^)

ミナルディ完成!

ずっと前のミナルディPS05が完成したのですが、写真がアップできません(爆)なかなかいいできですよー!!

タミグラ日程(9月末まで)!!

ここまで日程決定済みですね・・・
08/12 タミヤGP全日本選手権山陰大会(松江市武内神社) 07/31締切 申込終了
08/13 タミヤGP全日本選手権山陰大会(松江市武内神社) 07/31締切 申込終了
08/19 タミヤGP全日本選手権九州大会(三井グリーンランド) 08/07締切 申込終了
08/20 タミヤGP全日本選手権九州大会(三井グリーンランド) 08/07締切 申込終了
08/26 バギーチャレンジ静岡(タミヤサーキット) 08/07締切 申込終了
08/26 タミヤGP全日本選手権愛知大会(若宮大通公園) 08/09締切 申込終了
08/27 タミヤGP全日本選手権愛知大会(若宮大通公園) 08/09締切 申込終了
09/02 タミヤGP全日本選手権岡山大会(おもちゃ王国) 08/21締切 ダウンロード
09/03 タミヤGP全日本選手権岡山大会(おもちゃ王国) 08/21締切 ダウンロード
09/09 タミヤGP全日本選手権四国大会(NEWレオマワールド) 08/28締切 ダウンロード
09/10 タミヤGP全日本選手権四国大会(NEWレオマワールド) 08/28締切 ダウンロード
09/16 タミヤGP全日本選手権関西大会(神戸ワイン城) 09/04締切 ダウンロード
09/17 タミヤGP全日本選手権関西大会(神戸ワイン城) 09/04締切 ダウンロード
09/18 タミヤGP全日本選手権新潟大会(ハイブ長岡) 09/04締切 ダウンロード
09/23 タミヤGP全日本選手権東京大会(浅草ROX) 09/11締切 準備中
09/23 タミヤGP全日本選手権富山大会(高岡おとぎの国公園) 09/11締切 ダウンロード
09/24 タミヤGP全日本選手権東京大会(浅草ROX) 09/11締切 準備中
09/24 タミヤGP全日本選手権富山大会(高岡おとぎの国公園) 09/11締切 ダウンロード
09/30 タミヤGP全日本選手権長野大会(松本城臨時駐車場) 09/19締切 準備中

ハンガリーGP決勝結果

ジェンソンとホンダ第3期初優勝おめでとう!!
ほんとミハエル惜しい!!

決勝結果 . .
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位
1 12 J.バトン Honda 1:52'20.941 70 163.773 1
2 4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン・メルセデス 1:52'51.778 70 163.027 2
3 16 N.ハイドフェルド ザウバーBMW 1:53'04.763 70 162.715 2
4 11 R.バリチェッロ Honda 1:53'06.146 70 162.682 2
5 14 D.クルサード RBRフェラーリ 1:52'42.055 69 160.929 5
6 7 R.シューマッハ トヨタ 1:53'05.344 69 160.377 6
7 6 F.マッサ フェラーリ 1:53'24.702 69 159.921 7
8 5 M.シューマッハ フェラーリ 1:49'09.799 67 161.328 2
9 18 T.モンテイロ MF1トヨタ 1:53'15.391 67 155.498 10
10 19 C.アルバース MF1トヨタ 1:53'19.136 67 155.412 11
11 21 S.スピード STRコスワース 1:53'32.755 66 152.786 10
12 8 J.トゥルーリ トヨタ 1:47'35.019 65 158.811 9
13 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda 1:52'23.674 65 152.013 13
  1 F.アロンソ ルノー メカニカル 51 158.951 1
  3 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス アクシデント 25 161.418 1
  20 V.リウッツィ STRコスワース アクシデント 25 152.849 12
  10 N.ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース 電気系 19 153.146 14
  2 G.フィジケラ ルノー スピンオフ 18 159.660 4
  15 C.クリエン RBRフェラーリ スピンオフ 6 149.340 16
  9 M.ウェーバー ウィリアムズ・コスワース アクシデント 1 129.350 17
  23 山本左近 SUPER AGURI Honda エンジン 0 0.000 -
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位


セッションレポート . .
8月6日(日)
雨のち曇り/ウェット→ドライコンディション
 
 F1ハンガリーGP決勝日の天気は雨となり、サーキットは気温18℃、路面温度21℃のウェットコンディション。今シーズン初のウェットレースは、前日の公式予選に続き、波乱続きの展開となった。
 
 決勝レースのスターティンググリッドは変更があった。Hondaのジェンソン・バトンは公式予選前にエンジン交換を行なったため、10グリッド降格処分を受け、14番グリッドについている。また、レッドブル・レーシングのクリスチャン・クリエンは、ピットスタートを選択した。C.クリエンの13番グリッドが空いたため、15番グリッドのフェルナンド・アロンソ(ルノー)の正面には、11番グリッドのミハエル・シューマッハ(フェラーリ)が見えている。
 
 レッドシグナルが消え、水しぶきを上げながら、ポールポジションのキミ・ライッコネン(マクラーレン・メルセデス)がトップのまま1コーナーへ入っていく。一方、2番手スタートのフェリペ・マッサ(フェラーリ)は、後続のルーベンス・バリチェッロ(Honda)、ペドロ・デ・ラ・ロサ(マクラーレン)らに1コーナーで交わされ、順位を落とす。後方では、M.シューマッハとF.アロンソが順位を大きく上げていく。オープニングラップを終え、トップはK.ライッコネン、2番手R.バリチェッロ、3番手P.デ・ラ・ロサの順。M.シューマッハは4番手、F.アロンソは6番手に浮上する。
 
 路面の水量が多いコースコンディションが、ミシュランとブリヂストンの明暗を分ける。ルノー、マクラーレン・メルセデスやHondaなどのミシュランタイヤ装着チームに比べ、フェラーリやトヨタなどのブリヂストン勢はラップタイムが上がらない。4周目、F.アロンソがM.シューマッハをオーバーテイクし、さらにR.バリチェッロがピットに戻ったことで3番手に上がると、前を行くP.デ・ラ・ロサと1秒内のバトルを展開する。一方のM.シューマッハは、7周目にJ.バトンに交わされ、さらにルノーのジャンカルロ・フィジケラをかろうじて抑えながら周回を重ねていく。
 
 苦しい走りを強いられたM.シューマッハは、17周目の1コーナーでオーバーテイクを仕掛けてきたG.フィジケラと接触。M.シューマッハはフロントウイングを失い、緊急ピットインとなる。G.フィジケラは走行を続けるが、その2周後スピンを喫して戦列を去った。18周目、トップを走るK.ライッコネン、J.バトンがピットストップを行なうと、F.アロンソが暫定トップに立つ。その後、F.アロンソは後続に対し、30秒以上の大きなギャップを築いていく。
 
 26周目、K.ライッコネンが周回遅れのビタントニオ・リウッツィ(トーロ・ロッソ)を避けられずに追突。K.ライッコネンはF1参戦100戦目、V.リウッツィは自身の25歳の誕生日を迎えていたが、ともにリタイアとなった。クラッシュの後処理のため、セーフティカーが導入される。ピットストップへ向かうドライバーが多数を占めるが、M.シューマッハはすでにピットインを済ませていたことが功を奏し、7番手に浮上する。
 
 32周目にレース再開。すると、M.シューマッハはラルフ・シューマッハ(トヨタ)と1コーナーで接触、さらに2コーナーでスピンを喫してしまう。しかし、サーキットの走行ラインが乾き出すと、M.シューマッハをはじめ、ブリヂストン勢のラップタイムがミシュラン勢と拮抗するものになる。2番手のJ.バトンと7番手のM.シューマッハがファステストラップを塗り替えあう走りで、前方との差を縮めていく。J.バトンはトップを走るF.アロンソの背後まで詰め寄り、M.シューマッハは5番手までポジションを上げる。J.バトン、M.シューマッハが46周目にピットストップを行なうと、再び前方を追う走りを見せる。
 
 ドライタイヤへ履き替えるドライバーも増え、トップを走行していたF.アロンソは、51周を終えたところで、最後のピットストップに向かう。ドライタイヤに履き替えてコースへ戻ったF.アロンソは、右リアタイヤの装着トラブルがもとでスピンを喫し、リタイアとなった。このF.アロンソの戦線離脱で、J.バトンがトップに立つ。
 
 レース終盤、コースコンディションはドライになっていく。J.バトンも後続とのギャップを築くと、緊急ピットインでドライタイヤに変更する。一方のM.シューマッハは、前を行くニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)がピットインを行なったことで2番手に浮上。そのままインターミディエイトタイヤで走行を重ねることを選択する。レース終盤、M.シューマッハは背後に迫るP.デ・ラ・ロサの猛追を凌ごうとするが、あと4周のところで叶わず、ポジションを譲る。その翌周、M.シューマッハのマシンがスローダウン。ガレージにマシンを収め、無念のリタイアとなった。F.アロンソに続き、タイトル争いの主役がチェッカー直前に姿を消した。
 
 HondaのJ.バトンが、波乱のレースに動じずトップでチェッカーを受け、参戦7年目で念願の初優勝を手にした。この勝利は、オールHonda体制として、ジョン・サーティースが挙げた1967年イタリアGP以来39年ぶり、3勝目となった。そして表彰台圏内には、2位P.デ・ラ・ロサ(マクラーレン)、3位N.ハイドフェルド(BMWザウバー)と続いた。
 
 ※なお、7位でチェッカーを受けたロバート・クビカ(BMWザウバー)に対し、ハンガリーGPのレース審査委員会は、レース後の車検で規定重量に2kg満たなかったことから、レース結果から除外する裁定を下した。このため、8位F.マッサ(フェラーリ)以降の順位が繰り上がり、M.シューマッハは1ポイントを獲得。ドライバーズポイントでは、F.アロンソとM.シューマッハの差は『10』に、コンストラクターズポイントでは、ルノーとフェラーリの差が『7』に縮まった。

ハンガリーGP予選結果

ミハエルとアロンソは2秒加算が無かったら1から3位に入れたでしょう・・・
公式予選結果 . .
順位 No. ドライバー チーム ベストタイム 周回
1 3 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス 1'19.599 17
2 6 F.マッサ フェラーリ 1'19.886 17
3 11 R.バリチェッロ Honda 1'20.085 22
4 12 J.バトン Honda 1'20.092 22
5 4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン・メルセデス 1'20.117 19
6 9 M.ウェーバー ウィリアムズ・コスワース 1'20.266 23
7 7 R.シューマッハ トヨタ 1'20.759 23
8 2 G.フィジケラ ルノー 1'20.924 22
9 8 J.トゥルーリ トヨタ 1'21.132 23
10 17 ロバート・クビカ ザウバーBMW 1'22.049 21
11 16 N.ハイドフェルド ザウバーBMW 1'20.623 10
12 5 M.シューマッハ フェラーリ 1'20.875 9
13 14 D.クルサード RBRフェラーリ 1'20.890 11
14 15 C.クリエン RBRフェラーリ 1'21.207 10
15 1 F.アロンソ ルノー 1'21.364 12
16 18 T.モンテイロ MF1トヨタ 1'23.767 9
17 20 V.リウッツィ STRコスワース 1'22.068 7
18 10 N.ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース 1'22.084 6
19 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda 1'22.967 6
20 21 S.スピード STRコスワース 1'23.005 8
21 19 C.アルバース MF1トヨタ 1'23.146 6
22 23 山本左近 SUPER AGURI Honda 1'24.016 6
順位 No. ドライバー チーム ベストタイム 周回


セッションレポート . .
8月5日(土)
曇り/ドライコンディション
 
 灰色の雲が上空を覆うハンガロリンクは、気温23℃、路面温度34℃のドライコンディション。フリー走行3から2時間のインターバルを挟み、午後2時(日本時間:午後9時)より公式予選がスタートした。
 
 ハンガリーGPのレース審査委員会は、ルノーのフェルナンド・アロンソおよびフェラーリのミハエル・シューマッハに対し、公式予選全セッションのベストタイムに2秒を加算する裁定を下した。F.アロンソは、前日のフリー走行2で、ロバート・ドーンボス(レッドブル・レーシングのサードドライバー)の前で急減速を行なったこと、イエローフラッグ掲示中の追い越しをしたことが理由とされた。M.シューマッハは、公式予選前に行なわれたフリー走行3で、赤旗中断の際にF.アロンソ、ロバート・クビカ(BMWザウバー)およびデビッド・クルサード(レッドブル)の3台を追い越したことが理由となっている。
 
 Q1(1次予選)では、まずルノーのF.アロンソの出した1'20.420がターゲットタイムとなる。マクラーレン・メルセデスのペドロ・デ・ラ・ロサが1'21.288を出すが、F.アロンソには及ばず2番手。チームメイトのキミ・ライッコネンは1'20.080で暫定トップに躍り出る。そして、上位陣では最後にタイムアタックに臨んだフェラーリのフェリペ・マッサ、M.シューマッハはともに1分19秒台のベストタイムを叩き出す。F.マッサの1'19.742を、M.シューマッハが1'19.440と僅かに上回り、M.シューマッハ、F.マッサの順でフェラーリが1-2体制を築く。セッション終盤、Q1脱落となるタイムは1分22秒台前半。F.アロンソは1分19秒台のタイムを出さなければ、Q1敗退となってしまう。そのため再度タイムアタックに臨むと、1'19.792でフェラーリ勢に次ぐ3番手に浮上。M.シューマッハとF.アロンソは、2秒加算されたタイムでもQ2進出を決めた。
 
 このQ1で、SUPER AGURI F1チームおよびスクーデリア・トーロ・ロッソの2チーム、ミッドランドのクリスチャン・アルバース、ウィリアムズ・コスワースのニコ・ロズベルグが脱落した。
 
 F.アロンソおよびM.シューマッハのタイムが最も注目されたのは、Q2(2次予選)だった。トップタイムは、BMWザウバーのR.クビカ、トヨタのヤルノ・トゥルーリ、BMWザウバーのニック・ハイドフェルド、フェラーリのM.シューマッハと塗り替えられていく。M.シューマッハは1'19.462で暫定トップをマーク。Hondaのルーベンス・バリチェッロ、マクラーレンのK.ライッコネン、フェラーリのF.マッサが相次いで1分19秒台に入れるも、M.シューマッハからトップの座を奪えず、2番手争いを繰り広げる。セッション終盤、Q3(最終予選)進出の当確タイムは、1分20秒台中盤となる。M.シューマッハはQ3進出に望みをかけて、再びタイムアタックを行なう。F.アロンソもM.シューマッハに対抗するかのように、再度コースイン。M.シューマッハは渾身の走りで1'18.875を叩き出し、一方のF.アロンソも1'19.364まで自己ベストを縮めるが、ともにQ2で姿を消した。
 
 ミッドランドのティアゴ・モンテイロ、レッドブル・レーシングの2台、BMWザウバーのニック・ハイドフェルド、ルノーのF.アロンソ、フェラーリのM.シューマッハがQ3進出を果たせなかった。
 
 ポールポジションを決めるQ3(最終予選)、セッション開始前から各マシンがピット出口で待機する。BMWザウバーのR.クビカからコースイン。全10名のドライバーが周回を重ねていく。セッション終了まで8分を切ったところで、続々とニュータイヤに履き替えて、タイムアタックを開始する。フェラーリのF.マッサが1'19.886で暫定トップに立つ。マクラーレン、Hondaなどもタイムアタックを行なうが、F.マッサのタイムには及ばない。各ドライバーは再びタイヤを交換し、最後のアタックラップへ入っていく。F.マッサは何度か走行ラインを外し、自己ベストを縮めることができない。すると、マクラーレン・メルセデスのK.ライッコネンが1'19.599でトップタイムをマークし、セッションが終わった。
 
 K.ライッコネンが前戦ドイツGPに続き、連続でポールポジションを獲得。F.マッサは、最後にK.ライッコネンに上回られ、2番手だった。Honda勢が3番手、4番手の好位置につけた。R.バリチェッロは1'20.085の3番手、ジェンソン・バトンが僅差の4番手。J.バトンは、エンジン交換による10グリッド降格が決まっている。一方、ルノーのジャンカルロ・フィジケラは、1'20.924で8番手に留まった。
 
 なお、ハンガリーGPのレース審査委員会は公式予選において、他のマシンの進路を妨げたとし、スコット・スピード(トーロ・ロッソ)のベストタイム上位3つを取り消す裁定を下しました。この結果、19番手のS.スピードは20番手となり、20番手の佐藤琢磨(SUPER AGURI F1チーム)は19番手に繰り上がります。

タミヤ新製品案内 2006年9月号

item No:49394
TRF415MSX マーク・ライナート エディション 全長=435mm
1/10電動RCカー ●TRF415MSX MARC RHEINARD EDITION
★世界のレースで活躍するM.ライナート選手の最新レプリカマシンです。★ロワデッキの形状変更やセンターシャフトのマウント変更により剛性をアップ。★センターシャフトやホイールアクスルを軽量化。★信頼性を高めるとともに、ステアリング系もアッカーマンを見直すなど高速走行に対応した車体構成を採用しました。

8月5日[土]ごろ発売 1梱入数:2個 83,790円(本体価格79,800円)
■7月31日[月]発送 ■箱サイズ:1/10RC TRF415MSXと同じ(468×222×130mm)
■JANコード:4950344493944  


※使用プロポ:ESC付き2chプロポ

item No:58378
フェラーリ FXX(TA05シャーシ) 全長=460mm
1/10電動RCカーシリーズNo.378 ●FERRARI FXX (TA05 CHASSIS)
★2億円とも言われるプライスタグが付いた特別なフェラーリ、フェラーリFXXが電動RCカーで登場です。★シャーシは高効率な2ベルト4WDのTA05を採用。★迫力のフォルムをポリカーボネートでリアルに再現し、セパレートタイプのリヤウイングは別パーツで用意。★スリットスポークホイールには24mm幅のスリックタイヤをセット。

9月23日[土]ごろ発売 1梱入数:4個 19,320円(本体価格18,400円)
■9月20日[水]発送 ■箱サイズ:1/10RC Mobil 1 SC(TA05シャーシ)と同じ(485×230×150mm)
■JANコード:4950344583782 ■主な使用色:TS49, PS34ブライトレッド・X11クロームシルバー・X18セミグロスブラック


※使用プロポ:エクスペックGT-I

item No:58377
フェラーリ FXX(TT-01シャーシ) 全長=460mm
1/10電動RCカーシリーズNo.377 ●FERRARI FXX (TT-01 CHASSIS)
★29台しか生産されないと言われるエンツォ・フェラーリベースのサーキット専用マシン、フェラーリFXXの走りに電動RCカーで気軽にチャレンジ。★シャーシは組み立てやすく、操縦性に優れたシャフトドライブ4WDのTT-01を採用。★セパレートタイプのリヤウイングを持つ空力ボディは塗装済みの完成状態でセットしました。

9月30日[土]ごろ発売 1梱入数:6個 11,340円(本体価格10,800円)
■9月27日[水]発送 ■箱サイズ:1/10RC ニスモ COPPERMIX シルビア(TT-01シャーシ)と同じ(485×230×150mm)
■JANコード:4950344583775  


※使用プロポ:エクスペックSP電動RCドライブセット

item No:58372
フォード F-350 ハイリフト 全長=492mm
1/10電動RCカーシリーズNo.372 ●FORD F-350 HIGH-LIFT
★アメリカを代表するピックアップトラック、フォードF-350が電動RCカーで登場です。★堂々としたフォルムを精密金型によりリアルに再現。★ラダーフレームにリーフリジッドサスを装備した4WDシャーシは、金属パーツを多用して作りごたえもたっぷり。★走行中に変速可能な3速ミッションを搭載して走りの面白さも格別です。

9月30日[土]ごろ発売 1梱入数:2個 47,250円(本体価格45,000円)
■9月27日[水]発送 ■箱サイズ:1/14RC メルセデス・ベンツ1838LSと同じ(575×375×155mm)
■JANコード:4950344583720 ■主な使用色:TS51レーシングブルー・TS75シャンパンゴールド


※使用プロポ:ESC付き4chプロポ(フタバ製ATTACK-4WD推奨)

item No:23635
TLT-1 ロックバスター(完成品) 全長=280mm
1/18電動RC 4×4ピックアップ ●TLT-1 ROCK BUSTER (FACTORY FINISHED)
★全長280mmのコンパクトサイズに4WDメカを凝縮したTLT-1ロックバスターの完成品です。★ホイールタイプのエクスペックSP送信機、7.2Vカスタムパックと充電器もセット。
8月26日[土]ごろ発売 1梱入数:4個 29,190円(本体価格27,800円)
■8月23日[水]発送 ■箱サイズ:1/18 TLT-1ロックバスターと同じ(310×310×185mm)
■JANコード:4950344236350  




item No:57759
XB Mobil 1 SC 全長=449mm
1/10XB(エキスパートビルト)シリーズNo.59 ●Mobil 1 SC
★第3戦富士で2位を獲得、活躍が期待されるMobil 1 SCの完成電動RCカー。★シャーシはコントローラブルなシャフト4WD、TT-01。★バック走行可能なESC「TEU-101BK」を搭載。


9月23日[土]ごろ発売 1梱入数:2個 21,840円(本体価格20,800円)
■9月20日[水]発送 ■箱サイズ:1/10XB ニスモR34 GT-R Zチューン と同じ(510×255×305mm)
■JANコード:4950344577590  



リバーシブルサス用アルミリヤアップライト(0°)
Item No.53938(OP.938)
9月30日(土)ごろ発売・3,780円(本体価格3,600円)
9月27日(水)発送・JANコード:4950344539383


リバーシブルサス用軽量ホイールアクスル
Item No.53939(OP.939)
9月30日(土)ごろ発売・1,680円(本体価格1,600円)
9月27日(水)発送・JANコード:4950344539390


TA05 ワイドピッチ デフプーリー(36Tサイズ)
Item No.53935(OP.935)
8月12日(土)ごろ発売・525円(本体価格500円)
8月9日(水)発送・JANコード:4950344539352

TA05 ワイドピッチ
フロントワンウェイプーリー(36Tサイズ)
Item No.53936(OP.936)
8月12日(土)ごろ発売・525円(本体価格500円)
8月9日(水)発送・JANコード:4950344539369


アルミロールセンタースペーサー(0.5mm)4枚入
Item No.53932(OP.932)
9月30日(土)ごろ発売・630円(本体価格600円)
9月27日(水)発送・JANコード:4950344539321


アルミロールセンタースペーサー(1mm)4枚入
Item No.53933(OP.933)
9月30日(土)ごろ発売・630円(本体価格600円)
9月27日(水)発送・JANコード:4950344539338



フェラーリ FXX ホイール4本(26mm幅・オフセット+4)
Item No.51263(SP.1263)
9月30日(土)ごろ発売・693円(本体価格660円)
9月27日(水)発送・JANコード:4950344512638

ADVAN クラージュLC70 無限 スペアボディ
Item No.51264(SP.1264)
9月30日(土)ごろ発売・3,780円(本体価格3,600円)
9月27日(水)発送・JANコード:4950344512645



タムテックギア フォックス スペアミニ スペアボディセット
Item No.40132(SG.32)
9月2日(土)ごろ発売・1,890円(本体価格1,800円)
8月30日(水)発送・JANコード:4950344401321


GB-01 フォックスミニ フロントホイール
Item No.40133(SG.33)
8月26日(土)ごろ発売・399円(本体価格380円)
8月23日(水)発送・JANコード:4950344401338


GB-01 フォックスミニ リヤホイール
Item No.40134(SG.34)
8月26日(土)ごろ発売・399円(本体価格380円)
8月23日(水)発送・JANコード:4950344401345

フラッグ ステッカーセット
Item No.40521(OG.21)
7月22日(土)ごろ発売・315円(本体価格300円)
7月19日(水)発送・JANコード:4950344405213


GB-01 アルミピロボール キングピン(ブルー)
Item No.40522(OG.22)
9月23日(土)ごろ発売・315円(本体価格300円)
9月20日(水)発送・JANコード:4950344405220


GB-01 ホイールボルト・カラーセット (ブルー)
Item No.40523(OG.23)
9月23日(土)ごろ発売・630円(本体価格600円)
9月20日(水)発送・JANコード:4950344405237


GB-01 2.6x29mm アルミターンバックルシャフト
(ブルー・6本)
Item No.40524(OG.24)
9月23日(土)ごろ発売・1,050円(本体価格1,000円)
9月20日(水)発送・JANコード:4950344405244


GB-01 アルミ 4mm ピロボール
(ブルー・10個)
Item No.40525(OG.25)
9月23日(土)ごろ発売・1,050円(本体価格1,000円)
9月20日(水)発送・JANコード:4950344405251


プロフィール

ラジマニ

Author:ラジマニ
のんびりマイペースに綴っていくラジマニ(Razimn)のブログです。F1、鉄道が主です。

最近は年に1回の鈴鹿サーキット詣でを継続中。
鉄道では、東は北海道から西は九州まで、被写体を求めてあちらこちらに出かけています。


鉄道ブログランキングに参加してます!よかったらクリックお願いします!!→鉄道コム
人気blogランキングへ RC Maniax
FC2 Blog Rankingランキング参加中!!クリックよろしく!!

現在使用機材(すべてキヤノン)
IXY 32S
EOS Kiss X3
EOS 7D mark II

EF-S 18 - 55 mm F3.5 - 5.6 IS
EF-S 18 - 135mm F3.5 - 5.6 IS STM
EF-S 55 - 250 mm F4 - 5.6 IS
EF 70 - 200 mm F4L IS USM

EF 50 mm F1.8 II
EF 300 mm F4L IS USM
Extender EF1.4× II

当ブログの記事、画像の著作権は放棄していません.無断での利用、改ざん、複製などは行ってはいけません。

最近の記事
FC2ブログランキング
ぜひクリックをお願いします!!

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
ぶつぶつ・・・
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ユーザータグ

24系 DD51 EF65 381系 485系 トワイライトエクスプレス 115系 キハ40系 EF81 EF64 14系 221系 223系 103系 宝殿 183系 EF510 113系 EF66 DE10 ED79 EF210 函館 山崎 サロンカーなにわ キハ183系 くろしお 100系 北斗 683系 曽根 新大阪 札幌 789系 はまなす 681系 北斗星 475系 205系 白鳥 北越 287系 201系 青森 N700系 東十条 281系 四日市 カシオペア 12系 高岡 京都 211系 姫路 E26系 105系 413系 いなほ F1 207系 700系 清洲 岡山 583系 キハ261系 日本海 300系 DE15 富山 500系 225系 谷川 あけぼの DF200 185系 直江津 キハ40 油川 長岡京 広島 五稜郭 オホーツク 東富山 117系 キハ281系 はくたか 富田浜 200系 新潟 キハ283系 上野 尾久 大宮 大阪 津軽宮田 E2系 283系 E231系 189系 こうのとり 柏原 あずさ E4系 加古川 東室蘭 下滝 本輪西 鈴鹿 水橋 E3系 熊谷 白浜 須磨 383系 向洋 尼崎 EH500 0系 EF200 くびき野 黒山 711系 E351系 南松本 しなの C56 新倉敷 E233系 島本 キハ120系 御着 茨木 キハ85系 785系 野田 新青森 きたぐに EH800 ばんえつ物語 亀田 701系 321系 相生 C57 EH200 西明石 堺市 285系 キハ150系 福山 倶利伽羅 大沼 敦賀 521系 福知山 亀山 227系 間島 荻川 E127系 美袋 松本 平田 富田 長鳥 稲沢 ED45 カムイ 釜谷 山城 白石 春日山 黒井 E5系 梁瀬 塚本 名古屋 枇杷島 引退 SLやまぐち 岐阜 和田山 313系 E257系 西川原 花園 苗穂 下庄 サンダーバード 塩浜 フェラーリ 733系 赤プレ 塚山 E751系 福島 つがる おおぞら とかち 佐々木 石動 EF67 やくも 村上 上夜久野 豊栄 後潟 大津トンネル 天王寺 高田 仁川 加古川線 鶴ヶ丘 余目 郡山 ひめじ別所 西袋 糸魚川 大サロ セメント 赤羽 暁学園前 平野 相模湖 キハ47 八本松 甲府 新津 天神川 三岐鉄道 文学少女 佐藤琢磨 923形 上郡 高尾 長岡 金光臨 倉敷 安芸長束 ドクターイエロー 塩屋 太平洋セメント 三滝 石生 左堰 山家 綾部 はまかぜ 新山口 きのさき 網干 ラッピングトレイン 瀬戸 サンライズエクスプレス 南紀 渡島当別 DD452 泉沢 浅香 C11 向日町 かいじ 上野原 米子 春日井 岩見沢 池袋 415系 藍本 根雨 越中大門 しらさぎ 芦屋 145系 キハ189系 岩船町 出雲 上石見 生山 エアポート  東三条 琴似 鶯谷 米原 今宮 キハ11形 大麻 朝来 森ノ宮 丹波竹田 323系 野田生 キハ185系 市島 津和野 会津若松 篠目 府屋 富良野 平林 山科 椿 瀬辺地 タミヤ 紀伊富田 ホンダ ことぶき 中沢 87系 奥内 堅田 金沢 須原 蟹田 マイテ49 トワイライトエクスプレス瑞風 紀伊新庄 千歳 黒坂 保内 中津川 奥出雲おろち すずらん 島高松 島内 旧型客車 E259系 落合川 脇野田 渋谷 杉本町 トロロッソ 玉柏 27号機 新札幌 北新井 鶴岡 高槻 721系 下夜久野 国鉄色 七飯 岸辺 秋田 呉羽 弁天町 東酒田 キハ110 宮原 砂越 キハ120 船平山 河内堅上 高井田 新幹線 久宝寺 213系 新宮 南今庄  E1系 落部 横川 のぞみ ブルーノ・セナ 豊岡 山梨市 ノロッコ 徳島 原色 稲穂 厚狭 HOT7000系  阿漕 川部 新井口 510系 旭山動物園 大安寺 津山 徳佐 みまさかスローライフ 289系 ノースレインボーエクスプレス 撫牛子 津軽新城 青森車両センター 札幌運転所 仁山 交通科学博物館 桑園 宗谷 大歳 苗穂工場 ニセコ 鍋倉 ラベンダー畑 千里丘 荘原 新神戸 吉塚 大津京 四方津 勝沼ぶどう郷 大月 中富良野 ひかり 金手 甲種輸送 妙高 小岩川 早通 長門峡 上狛 あつみ温泉 有年 キハ181 ワム 回送 土崎 鹿討 東神奈川 馬堀 七重浜 土岐市 KE65 鯨波 柏崎 芦原橋 川棚温泉 苫小牧 登別 酒田 ヘッドマーク 桜木町 学田 越後石山 摂津富田 東高島 東淀川 江・浅井三姉妹博覧会 西中 C62 勝木 ノスタルジー 青海 アイランドエクスプレス四国II 311系 はまかいじ 津幡 キハ85 キハE120系 キハ110系 瀬野 2000系 新白島 湯ノ峠 HB-E300系 オヤ31 堂島 東京 広田 田端 天空の城竹田城跡号 梅小路 茂辺地 上磯 札苅 上菅 E129系 西条 備中広瀬 サンライナー 梶屋敷 紀伊田辺 橋本紡 山本ケイジ HK100 猿橋 伯耆溝口 半分の月がのぼる空 紀伊勝浦 湯川 中庄 SAF1 保々 121系 フォーミュラチャレンジ・ジャパン 串本 下里 紀伊浦上 紀伊田原 古座  相野 南部 岩代 倉本 HD300 あいづ DD511 上八木 E655系 明石 豊科 竜野 福知山線 柏矢町 大桑 大久保 和歌山 こだま ひだ キハ183 英賀保 くずりゅう 豊浦 牧山 C58 中島 谷浜 朝里 安治川口 小樽築港 武蔵浦和 西高岡 253系 出雲三成 出雲坂根 出雲八代 E353系 立川 亀岡 渡川 西日暮里 備後落合 ポルシェカレラカップジャパン 国府 油木 M250 熱海 江原 フライアッシュ KTR8000 三縄 祖谷口 我孫子町 南風 南与野  西浦和 十条 庭瀬 出雲市 長居 直江 金川 備前一宮 行田 みの 加茂中 宍道 幡屋 八鹿 篠山口 木次 法界院 西脇市 備前原 三軒茶屋 詫間 我孫子 三国ヶ丘 しまんと 横浜 日本GP 安芸阿賀 新広  川原石 キハ181系 仁方 だいせん 三田  アニメ まつかぜ キハ187系 大山口 名和  瀬戸内マリンビュー 木曽福島 雷鳥 K53編成 解体 大阪城公園 京橋 上松 野尻 上野動物園 零戦 姫路貨物 2600系 坂下 多治見 涼宮ハルヒ F60 鳥取大学前 富士スピードウェイ 松崎 トヨタ 鈴木亜久里 FIA ライコネン クビサ 岩美 香住 F1モデリング 大岩 アロンソ 湖山 フォースインディア F2008K F1撤退 920IS RC F103 新下関 F1 IXY RC ウィリアムズ KERS 2009年 マクラーレン レッドブル BMWザウバー 西九条 上郷 喜々津 湯江 赤穂 西諫早 臨時 肥前竜王 廃止 播但線 勝瑞 文化の森 池谷 神埼 肥前長田 伊賀屋 肥前白石 あかつき 香呂 仁豊野 手原 石部 三雲 甲西 福崎 甘地 シキ 魚住 朝霧 丹生川 さよなら運転 三里 地蔵橋 剣山 鴨川 MRT300形 サインライズ瀬戸 サンライズ出雲 クモヤ443系 8866レ 知和 美作加茂 青野山 仁保 地福 矢原 三浦 美作滝尾 讃岐府中 サンポート うずしお 引田 N2000系 佐古 キハ189 蔵本 讃岐白鳥 二軒屋 青プレ いしづち 鳥沢 7200系 ムド 8000系 貴生川 加茂 上野芝 E6系 美々 サロベツ 熊取 マヤ34 はやぶさ 仙台 大釈迦 鶴ヶ坂 北常盤 ブナ C51 郷沢 平和 札幌貨物ターミナル 紀伊中ノ島 朝日 キヤ95系 651系 東長原 西国分寺 六十谷 はるか 周参見 芳養 紀伊日置 キハ141系 キヤ141系 近江八幡 桔梗 筒井 越後川口 小千谷 岩本 津久田 瑞浪 函館市電 越後早川 勝川 宇田郷 稲城長沼 須佐 東港 ND60 ND552 美乃坂本 恵那 玄武洞 キヤ143系 下関 備中高松 キハ56系 木古内 DD15 黒井村 あすか 武並 日本海縦貫線号 123系 梅林 EF510 キハ122形 新疋田 矢賀 キハ75形 みえ 吉田 一身田 東新津 新関 上野尻 山都 徳沢 津川 田沢 三川 衣浦臨海鉄道 半田埠頭 方谷 日羽 岸本 江尾 石蟹 新見 尾鷲 宇久井 清音 東成岩 豪渓 箕島 木野山 紀伊宮原 喜多方 719系 キハ52系 みのり 島尾 氷見 高津 石原 西広島 川口 ゆう 風っこ E721系 251系 田町 踊り子 伊勢崎 駒形 椎田 小倉 豊前松江 フルーティア くまげら jはやぶさ 木之本 余呉 KTR8000形 シティライナー はしだて 竹田 田村 矢野口 209系 芦原橋駅 瀬野八 鶴ケ丘 函館運輸所 151系 王寺 北長瀬 ながまれ号 黄金 崎守 高島 長都 北広島 千種 181系 D51 フラノラベンダーエクスプレス 旭山動物園号 工臨 上富良野 焼島 新潟貨物ターミナル 井倉 北長岡 DD13 キハ80 DF50 広島車両所 南千歳 陣屋町 中秋の名月  大曽根 豊幌 新守山 江別 鷲ノ巣 手稲 西武30000系 広島電鉄 小淵沢 MLRV1000 長坂 みどり湖 蘭島 塩尻 上道 川西池田 礼文 静狩 大岸 ななつ星in九州 洞爺 吹田 キヤ97系 長万部 70-000形 北千住 安中貨物 新宿 西河原 上沼垂 とき 来迎寺 おはよう信越 小串 湯玉 宮内 越後広田 さつき野 虎姫 遊佐 南鳥海 鼠ヶ関 河内 長浜 入野 EF510 宇賀本郷 三見 玉江 中山 菊名 キハ261 R32 レールスター E351系 滝部 長門二見 阿川 長門粟野 塩山 さくら夙川 吹浦 DD51 いせ 101系 阿品 マリンビュー 宮島口 桂川 鷲別 にちりん E653系 西小倉 白山 赤平 茂尻 海田市 コキ72 仁賀保 羽前大山 カンセンジャー こまち 女鹿 四ツ小屋 羽前水沢 ニコニコ超会議号 8600系 ヨ8000 吉見 梅ヶ峠 新今宮 能生 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
カレンダー
07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
RSSフィード