無料

Photo-diary razimn 2006年07月

ドイツGP決勝結果

決勝結果 . .
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位
1 5 M.シューマッハ フェラーリ 1:27'51.693 67 209.277 1
2 6 F.マッサ フェラーリ 1:27'52.413 67 209.249 2
3 3 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス 1:28'04.899 67 208.754 1
4 12 J.バトン Honda 1:28'10.591 67 208.530 3
5 1 F.アロンソ ルノー 1:28'15.400 67 208.340 4
6 2 G.フィジケラ ルノー 1:28'16.507 67 208.297 3
7 8 J.トゥルーリ トヨタ 1:28'18.237 67 208.229 5
8 15 C.クリエン RBRフェラーリ 1:28'39.824 67 207.384 6
9 7 R.シューマッハ トヨタ 1:28'52.044 67 206.909 9
10 20 V.リウッツィ STRコスワース 1:27'54.567 66 206.042 9
11 14 D.クルサード RBRフェラーリ 1:27'59.119 66 205.864 10
12 21 S.スピード STRコスワース 1:28'14.038 66 205.284 11
  9 M.ウェーバー ウィリアムズ・コスワース 水漏れ 59 204.627 3
  22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda ギアボックス 38 202.667 13
  17 J.ビルヌーブ ザウバーBMW アクシデント 30 202.224 15
  11 R.バリチェッロ Honda エンジン 18 207.425 5
  16 N.ハイドフェルド ザウバーBMW ブレーキ 9 184.247 19
  4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン・メルセデス 燃料ポンプ 2 195.841 7
  23 山本左近 SUPER AGURI Honda ドライブシャフト 1 55.400 21
  10 N.ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース アクシデント 0 0.000 -
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位


セッションレポート . .
7月30日(日)
晴れ/ドライコンディション
 
 ホッケンハイムは公式予選日に続き、決勝日も晴れ渡った。サーキットは気温33℃、路面温度48℃のドライコンディション。午後2時(日本時間:午後9時)よりドイツGP決勝レースが行なわれた。
 
 決勝グリッドに変更があり、エンジン交換を行なったヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)、クリスチャン・アルバース(ミッドランド)、山本左近(SUPER AGURI F1チーム)らがそれぞれグリッド降格ペナルティを科せられた。山本左近は、前日の公式予選を戦った旧型マシンからニューマシン『SA06』へ乗り換え、ピットスタートを選択している。メルセデススタンドは「GO KIMI GO PEDRO」の人文字を作り、マクラーレン・メルセデスを応援。また、多くのスタンドはミハエル・シューマッハ(フェラーリ)を応援する赤色に染まっている。
 
 レッドシグナルが消灯し、各マシンがスタートを切る。1コーナーに混乱は見られず、7番手から抜群のスタートを決めたフェルナンド・アロンソ(ルノー)が5番手へポジションを上げるが、Hondaのジェンソン・バトンにヘアピンで交わされ、6番手に。後続では、ラルフ・シューマッハ(トヨタ)とデビッド・クルサード(レッドブル)がヘアピンで接触し、ポジションを下げる。そして開始直後ながらも、レースを終えるマシンが出てくる。ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ・コスワース)は単独スピンからクラッシュを喫し、マシンを降りた。3周目に、マクラーレンのペドロ・デ・ラ・ロサが突如スローダウン。また、F1デビュー戦となったSUPER AGURIの山本左近も遅ればせながらスタートを切ったが、スピードが乗らず、僅か1周のみの走行でピットへ戻り、リタイアとなった。佐藤琢磨は1周目に13番手までポジションを上げ、背後に迫るライバル達とのバトルを展開する。
 
 トップを走行するキミ・ライッコネンは(マクラーレン)は、10周を終えた時点で早めのピットストップを行なうと、8番手へ。トップはM.シューマッハ、2番手フェリペ・マッサのフェラーリ1-2体制が築かれる。この2台は後続をみるみる引き離し、ピットストップを行なっても、ポジションキープが可能なほど大きなギャップを築く。レースの20周前後に、Honda、フェラーリ、ルノーなどがピットストップを迎える。Hondaのルーベンス・バリチェッロは、ピットアウト直後の周回で、マシン後方から炎を上げ、リタイアに。上位陣では、ウィリアムズのマーク・ウェーバー、トヨタのJ.トゥルーリなどが最初のスティントを延ばす戦略でポジションを上げ、M.ウェーバーはフェラーリ勢に次ぐ3番手、J.トゥルーリは20番手スタートから8番手へ浮上する。
 
 レースが中盤に差し掛かると、最初のスティントを延ばしてきたドライバーがピットインのタイミングを迎える。ミッドランドのティアゴ・モンテイロとのバトルを継続してきたSUPER AGURIの佐藤琢磨は、ポジションキープでコースに復帰する。M.ウェーバー、J.トゥルーリの両者もピットストップを済ませると、フェラーリの2台に続く3番手にJ.バトンがつける。32周目、BMWザウバーのジャック・ビルヌーブが最終コーナーでクラッシュ。SUPER AGURIの佐藤琢磨は、40周目に2度目のピットストップに向かうと、そのままコースには戻らず、レースを終えた。
 
 レースが44周目に入ると、2番手のF.マッサが2回目のピットイン。翌周にはトップを走るM.シューマッハもピットストップを済ませ、余裕を持ってコースに復帰。そしてフェラーリの1-2に続く、3番手を賭けた争いが激しくなる。3ストップを選択したK.ライッコネン(マクラーレン)が3番手、変則2回ストップのM.ウェーバー(ウィリアムズ)は4番手、すでにピットインを終わらせたJ.バトン(Honda)が5番手。注目のピットストップを、M.ウェーバーは48周目、K.ライッコネンが55周目に行なった。K.ライッコネンはピット出口でM.ウェーバーに並ぶが、かろうじて4番手をキープし、前を行くJ.バトンを追う展開に。その2周後、K.ライッコネンがJ.バトンを交わし、3番手へ浮上する。K.ライッコネンに先行を許したものの、5位入賞圏内を走行していたM.ウェーバーが60周目に突如スローダウン。残り8周のところで戦列を去った。
 
 残された周回、フェラーリ2台はクルージングに入り、そのまま1-2フィニッシュを達成。ブリヂストンに“F1グランプリ通算100勝”をもたらした。ポールポジションスタートのK.ライッコネンは3位表彰台を獲得した。レース終盤、トヨタのJ.トゥルーリからの猛追を受けたルノー勢だが、ポジションを守りきり、F.アロンソが5位、ジャンカルロ・フィジケラが6位でチェッカーを受けた。ドイツGP決勝終了時、ドライバーズランキングでトップに立つF.アロンソとM.シューマッハのポイント差は『11』、コンストラクターズランキングトップのルノーとフェラーリとの差は『10』と縮まった。
 
 なお、F1ドイツGPのレース審査委員会は、決勝レース終了後に審議を行ない、ミッドランドのクリスチャン・アルバースおよびティアゴ・モンテイロの2名をレース結果から除外する裁定を下した。その理由については、ドイツGP決勝レース後の車検において、ミッドランドのマシンに規定違反のフレキシブル・リアウイングが搭載されていたためと発表した。


スポンサーサイト

ドイツGP予選結果

久々にキミがPP!ミハエル2位アロンソ7位
公式予選結果 . .
順位 No. ドライバー チーム ベストタイム 周回
1 3 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス 1'14.070 19
2 5 M.シューマッハ フェラーリ 1'14.205 18
3 6 F.マッサ フェラーリ 1'14.569 18
4 12 J.バトン Honda 1'14.862 23
5 2 G.フィジケラ ルノー 1'14.894 21
6 11 R.バリチェッロ Honda 1'14.934 24
7 1 F.アロンソ ルノー 1'15.282 21
8 7 R.シューマッハ トヨタ 1'15.923 21
9 4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン・メルセデス 1'15.936 20
10 14 D.クルサード RBRフェラーリ 1'16.326 25
11 9 M.ウェーバー ウィリアムズ・コスワース 1'15.094 14
12 15 C.クリエン RBRフェラーリ 1'15.141 14
13 8 J.トゥルーリ トヨタ 1'15.150 12
14 17 J.ビルヌーブ ザウバーBMW 1'15.329 13
15 10 N.ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース 1'15.380 14
16 16 N.ハイドフェルド ザウバーBMW 1'15.397 13
17 20 V.リウッツィ STRコスワース 1'16.399 9
18 19 C.アルバース MF1トヨタ 1'17.093 5
19 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda 1'17.185 5
20 18 T.モンテイロ MF1トヨタ 1'17.836 6
21 23 山本左近 SUPER AGURI Honda 1'20.444 5
22 21 S.スピード STRコスワース 0'00.000 2
順位 No. ドライバー チーム ベストタイム 周回


セッションレポート . .
7月29日(土)
晴れ/ドライコンディション
 
 前日にミッドランドのクリスチャン・アルバース、この公式予選前にトヨタのヤルノ・トゥルーリがエンジン交換を行なった。午前のフリー走行でクラッシュを喫したSUPER AGURI F1チームの山本左近は、旧型マシンの『SA05』に乗り換えた。ホッケンハイムは、午前より暑さが増し、気温29℃、路面温度45℃のドライコンディション。午後2時(日本時間:午後9時)より公式予選が開始された。
 
 Q1(1次予選)は、セッション開始から5分経たないうちに赤旗中断となる。タイム計測に入ったスクーデリア・トーロ・ロッソのスコット・スピードが、1コーナーでマシンバランスを崩し、スピンしながらイン側のウォールに激突。S.スピードは大事に至らず、自力でマシンを降りている。Q1は10分4秒を残したところで中断された。この時点でタイム計測を済ませたのは、トヨタ、ウィリアムズの2チームのみだった。
 
 午後2時11分にQ1が再開。マクラーレン・メルセデスのキミ・ライッコネンが1'15.214でトップタイム、チームメイトのペドロ・デ・ラ・ロサが1'15.655で2番手をマーク。その後、フェラーリのフェリペ・マッサが1'14.412で、K.ライッコネンからトップの座を奪う。ミハエル・シューマッハも1'14.904で2番手につけ、フェラーリ勢のみ1分14秒台を記録し、Q1を通過。K.ライッコネンは3番手を守った。3番手のK.ライッコネン以降、13番手のジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)までの11台が1分15秒台で続いている。Q1で、トーロ・ロッソ、ミッドランド、SUPER AGURI F1チームの3チームが脱落した。19番手の佐藤琢磨は、ティアゴ・モンテイロ(20番手)を上回り、1つ前のクリスチャン・アルバースから0.092秒差につけた。
 
 Q2に入ると、セッション序盤、レッドブル・レーシングのデビッド・クルサードが1'14.949でトップタイムを記録。午前のフリー走行3を制したチームメイトのクリスチャン・クリエンも1'15.141で3番手につける。残り時間が6分となったところで、G.フィジケラが1'14.747でトップ、フェルナンド・アロンソも1'15.001の3番手と、ルノー勢が上位に浮上する。その直後、Hondaのジェンソン・バトンが全セクターでベストタイムを塗り替え、1'14.378でトップの座を奪う。チームメイトのルーベンス・バリチェッロも2番手に続く。セッション終了間際、上位陣では最後にタイムアタックを行なったフェラーリのM.シューマッハ、F.マッサが鮮やかな1-2体制を築いた。M.シューマッハが記録したQ2のトップタイム1'13.778は、自身が2004年に記録した予選レコード1'13.306(V10エンジンで記録)に迫るものだった。ウィリアムズのマーク・ウェーバーとニコ・ロズベルグ、レッドブルのC.クリエン、トヨタのJ.トゥルーリ、BMWザウバーのジャック・ビルヌーブとニック・ハイドフェルドが、Q3進出を果たせなかった。
 
 Q3は、フェラーリのF.マッサを先頭にコースイン。F.マッサはM.シューマッハに先頭を譲り、M.シューマッハ、F.マッサ、F.アロンソ、J.バトンと続く隊列が走行を重ねていく。セッション序盤、マクラーレンのP.デ・ラ・ロサがアウト側からラルフ・シューマッハ(トヨタ)を交わそうとし、両者は接触。P.デ・ラ・ロサは右リアをパンクさせ、R.シューマッハもフロント部分にダメージを負い、緊急ピットインとなる。残り時間が5分を切ったところで、各チームが続々とタイムアタック。K.ライッコネンが1'14.070でトップに躍り出る。M.シューマッハは1'14.205で2番手、F.マッサが1'14.569で3番手へ。フェラーリの2台はK.ライッコネンを上回れない。各ドライバーは再度タイムアタックに臨んでいく。K.ライッコネンは、自己ベストを更新する走りを見せていたが、12コーナーでコースオフ。そのままピットに戻り、ライバルの走りをうかがった。逆転を狙うM.シューマッハ、F.マッサのフェラーリ勢はK.ライッコネンのトップタイムに及ばない。そして、チェッカーフラッグが振られる中、HondaのJ.バトンが1'14.862で4番手に浮上した。
 
 昨年トルコGP以来となるポールポジションをK.ライッコネンが獲得。奇しくも昨年のドイツGPでもポールを獲得しており、2年連続で公式予選を制した。K.ライッコネンに、2番手M.シューマッハ、3番手F.マッサのフェラーリ勢が続く。F1参戦300戦目を迎えたHondaは2台とも好位置につけた。J.バトンが4番手、チームメイトのR.バリチェッロは6番手タイム。ルノーは、G.フィジケラが5番手、ポイントランキングトップのF.アロンソも7番手と、フェラーリには届かず、Hondaと拮抗するタイムでセッションを終えた。




タミヤモデラーズギャラリー

少し前までは、関西や九州でも行われていたのですが、残念ですよね・・・関西在住者にはきついものがあります(泣)

 限定商品・お楽しみ特別販売コーナーは必見です!!
★スケールモデルやRCカーキットなどタミヤ製品をはじめ、オリジナルグッズやイベント会場限定商品、イタレリ製品各種など、豊富な品揃えの販売コーナー。ここでご紹介するのはほんの一部です。あとは会場に来てからのお楽しみ♪

(表示価格は税込価格です。)
■スケールモデル
 ・1/24 スポーツカーパーツ各種  300円~
 ・1/32 三菱零式艦上戦闘機52型透明成型品付セット  9,240円
 ・1/24 スバルインプレッサWRC2004ラリージャパン メタリック仕様 3,780円
 ・1/24 スカイラインGT-R(R34)VスペックII メタリック仕様  2,835円
 ・1/12 ダンティーンプラマックドゥカティ メタリック仕様  3,675円
 ・1/12 ヤマハYZR-M1'04 No46/No17 メタリック仕様  3,150円
 ・1/48 MMシリーズエッチングパーツ付キット各種

■RCモデル
 ・1/10 ポルシェ911ボディパーツセット  2,100円
 ・オンロード仕様ハードスプリングセット ミルキーブルー  1,050円
 ・TA05アッパーブレイスF/R(クリヤーブルー)  682円
 ・TA05バルクヘッド(クリヤーブルー)  1,260円
 ・TA05カーボン強化ダンパーステー  525円

■ミニ四駆
 ・1/32 アバンテMK.IIメタリック仕様  1,050円



1/10 ポルシェ911 ボディパーツセット
(※写真は塗装仕上げをした状態です)
限定商品には数に限りがございます。売り切れの際はご容赦願います。また人気商品につきましてはお一人様の購入できます数量を制限させていただきます。なお、ご案内しております限定商品につきましては内容が変更となる場合もございますのでご了承ください。



 男たちの大和DVD発売記念展示
★広島・尾道の映画ロケセットの一部である戦艦大和の三連装機銃(東京会場のみ)や、撮影で使用された衣装や小道具などを展示公開します。 ※タミヤモデラーズギャラリー会場内で開催します。

★「男たちの大和」公開記念特別パッケージ仕様についてはコチラ

 実車展示(東京会場のみ)
★毎年恒例となった実車展示。今年は8月末発売予定の1/10RC「ADVAN クラージュ LC-70 無限」と同車輌で全日本スポーツカー耐久選手権第2戦に参戦した「無限クラージュLC70」が会場内に登場します。迫力あるボディフォルムは必見です。(photo by M.Hirata)


琢磨、新車SA06を初ドライブ

なかなかかっこいいじゃなーい 
ツインキールの名残はありますが、Vキールのようですね。
さあ来週のドイツGPがたのしみだあ!!

SUPER AGURIは19日(水)、シルバーストーンで新車のお披露目をした。チーム全員が、この新しいマシンのパフォーマンスを楽しみにしているようだ。

この日、短時間のシェイクダウンではあったが、同チームの佐藤琢磨が新車SA06の初ドライブを行っている。

SA06の本格的なテストは、20日(木)から同じくシルバーストーン・サーキットで実施される予定。

来週のドイツGPで、レースデビューを果たすSA06を駆るのは、琢磨と、そして同グランプリからレースドライバーに起用される山本左近だ。

スーパーアグリチームボスの鈴木 亜久里代表が今週、シルバーストンで長く待ちわびた新車デビューを成功させ、来週のドイツGPでのニューSA06のチャンスについて声を弾ませて語っている。亜久里はニューマシンの完成を彼のチームにとっての新たな船出と表現している。


「長く待ちわびたSA06のシェイクダウンを行なえたことにとても満足している。当初予定されていた時期より遅れたものの、初めてのシェイクダウンはとてもうまくいったと感じている。まだレースでそのマシンを機能させなければならないし、それを語るのは難しいことだけれども、今回が我々の2006年度の本来のスタートになることを私は信じている。」と亜久里代表は語った。

「ドイツGPはSA06にとってデビューレースとなるが、その際、我々がいくつかの問題に直面する可能性はある。しかし、マシンとチームの可能性には常に自信を持っている。ホッケンハイムでの来週末のGPは我々にとっての新たな船出とするつもりだし、大変なことだと覚悟している。」


20060722205239.jpg

20060722205228.jpg

20060722205218.jpg

SA06.jpg

SA06!!

アグリの新車がついに出ました!!また写真アップします
ちょっとF201で作るのはきついですね・・・
こちらをご覧ください!http://f1.gpupdate.net/ja/gallery.php?catID=2075

フランスGP決勝結果

決勝結果 . .
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位
1 5 M.シューマッハ フェラーリ 1:32'07.803 70 200.967 1
2 1 F.アロンソ ルノー 1:32'17.934 70 200.599 1
3 6 F.マッサ フェラーリ 1:32'30.349 70 200.151 2
4 7 R.シューマッハ トヨタ 1:32'35.015 70 199.983 1
5 3 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス 1:32'40.809 70 199.774 4
6 2 G.フィジケラ ルノー 1:32'53.068 70 199.335 4
7 4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン・メルセデス 1:32'57.210 70 199.187 7
8 16 N.ハイドフェルド ザウバーBMW 1:32'20.892 69 197.626 8
9 14 D.クルサード RBRフェラーリ 1:32'24.118 69 197.512 8
10 21 S.スピード STRコスワース 1:32'41.592 69 196.891 9
11 17 J.ビルヌーブ ザウバーBMW 1:32'49.908 69 196.597 10
12 15 C.クリエン RBRフェラーリ 1:32'50.705 69 196.569 11
13 20 V.リウッツィ STRコスワース 1:32'54.565 69 196.433 12
14 10 N.ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース 1:32'08.267 68 195.205 14
15 19 C.アルバース MF1トヨタ 1:32'12.747 68 195.047 15
16 23 F.モンタニー SUPER AGURI Honda 1:32'48.547 67 190.942 16
  12 J.バトン Honda メカニカル 61 195.869 11
  9 M.ウェーバー ウィリアムズ・コスワース ホイールリム 53 180.752 8
  8 J.トゥルーリ トヨタ ブレーキ 39 196.085 1
  11 R.バリチェッロ Honda エンジン 18 194.635 12
  18 T.モンテイロ MF1トヨタ メカニカル 11 183.679 21
  22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda クラッチ 0 0.000 -
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位


セッションレポート . .
7月16日(日)
晴れ/ドライコンディション
 
 サーキット・ド・マニ-クールの上空を青空が覆った。気温34℃、路面温度47℃というドライコンディションの下、午後2時(日本時間:午後9時)よりフランスGP決勝レースが行なわれた。フェラーリのミハエル・シューマッハが、ポールポジションを獲得した前日の勢いに乗り、速さを見せた。
 
 レッドシグナルが消灯し、各マシーンがスタートを切る。1コーナー、先頭に立ったM.シューマッハの後方で、3番グリッドのフェルナンド・アロンソ(ルノー)が2番手のフェリペ・マッサ(フェラーリ)に仕掛けたものの、F.マッサはそのポジションを守りきる。後方で、フォーメーションラップからスムーズなスタートが切れずにいたSUPER AGURI F1チームの佐藤琢磨が、1周目で早くもレースを終えた。上位3台は順位を変えず、徐々に後続を引き離していく。トップのM.シューマッハは、1分17秒台でファステストラップを次々と更新する。17周目、フェラーリのF.マッサからピットイン。翌周にはF.アロンソ、マクラーレン・メルセデスのキミ・ライッコネンもピットストップを行なう。この時点で順位に大きな変動はなかった。
 
 フェラーリ、マクラーレン勢が3回ストップの作戦を採る一方で、トヨタは2回ストップを採用。しかし、22周を終え、トップのポジションからピットに戻ったラルフ・シューマッハは、左リアタイヤの交換に手間取り、順位を7番手まで下げてしまう。
 
 30周を過ぎた辺りから、フェラーリとマクラーレンが2回目のピットストップを行なう。しかしルノー勢は第2スティントを延ばし、F.アロンソが次にピットに戻ったのは42周目だった。この時点でルノーの2ストップ作戦が明らかになる。先頭を走るM.シューマッハはファステストを叩き出し、独走態勢を築くが、2番手F.マッサのペースが上がらない。3番手F.アロンソとのタイム差を、約10秒から広げることができず、3度目のピットストップへ向かう。この隙にF.アロンソは2番手に浮上。また、トヨタのR.シューマッハもK.ライッコネンを交わし、4番手につける。十分なマージンを築いていたM.シューマッハは、残り15周で最後のピットストップを行ない、余裕を持ってトップでコースに復帰した。
 
 残された周回、M.シューマッハはクルージングに入り、ミシュランタイヤの本拠地で見事ポール・トゥ・ウィンを飾った。アウェイとなるレースで、ブリヂストンタイヤにF1通算99勝目をもたらした。ルノーのF.アロンソは2位でチェッカーを受け、タイトル争いのダメージを最小限に留めている。2位が期待されていたF.マッサだが、3位表彰台に終わり、ドライバーズランキングでトップのF.アロンソとM.シューマッハの差は『17』となった。残り7戦、フェラーリがこのポイント差をどこまで縮められるか注目が集まる。

フランスGP予選結果

またもやフェラーリの1・2です!

公式予選結果 . .
順位 No. ドライバー チーム ベストタイム 周回
1 5 M.シューマッハ フェラーリ 1'15.493 19
2 6 F.マッサ フェラーリ 1'15.510 18
3 1 F.アロンソ ルノー 1'15.785 18
4 8 J.トゥルーリ トヨタ 1'16.036 21
5 7 R.シューマッハ トヨタ 1'16.091 21
6 3 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス 1'16.281 20
7 2 G.フィジケラ ルノー 1'16.345 18
8 4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン・メルセデス 1'16.632 23
9 10 N.ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース 1'18.272 24
10 14 D.クルサード RBRフェラーリ 1'18.663 24
11 9 M.ウェーバー ウィリアムズ・コスワース 1'16.129 12
12 16 N.ハイドフェルド ザウバーBMW 1'16.294 13
13 15 C.クリエン RBRフェラーリ 1'16.433 12
14 11 R.バリチェッロ Honda 1'17.027 12
15 21 S.スピード STRコスワース 1'17.063 17
16 19 C.アルバース MF1トヨタ 1'17.105 11
17 20 V.リウッツィ STRコスワース 1'17.164 8
18 17 J.ビルヌーブ ザウバーBMW 1'17.304 3
19 12 J.バトン Honda 1'17.495 7
20 18 T.モンテイロ MF1トヨタ 1'17.589 7
21 23 F.モンタニー SUPER AGURI Honda 1'18.637 6
22 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda 1'18.845 6
順位 No. ドライバー チーム ベストタイム 周回


セッションレポート . .
7月15日(土)
晴れ/ドライコンディション
 
 このフランスGPから、予選の方式が若干変更された。Q1(1次予選)とQ2(2次予選)は、チェッカーが振られた時点でコントロールラインを通過していれば、その周回のタイムアタックが認められる。また、Q3(最終予選)は時間が15分間に短縮された。午後2時(日本時間:午後9時)、サーキット・ド・マニ-クールは、気温34℃、路面温度52℃のドライコンディション。新たな方式によるフランスGP公式予選がスタートした。
 
 Q1では、トップチームが次々と1分16秒台に入れていく。さらにフェラーリのミハエル・シューマッハ、トヨタの2台は15秒台にタイムを縮め、Q2進出を確実にする。フェラーリのM.シューマッハは、フリー走行3でマシン後方の排気口から火が出たものの、エンジンを除く、エンジン周りのパーツを交換して予選に臨み、その影響を感じさせなかった。一方で、フリー走行3でトップタイムを記録したBMWザウバーのジャック・ビルヌーブと、Hondaのジェンソン・バトンは思うようにタイムが伸びない。両ドライバーに加え、SUPER AGURI F1チームのフランク・モンタニーと佐藤琢磨、ミッドランドのティアゴ・モンテイロ、スクーデリア・トーロ・ロッソのビタントニオ・リウッツィ、この6台が脱落した。
 
 2日目に入って好調なトヨタが、Q2でもその速さを見せる。早々と1分15秒台をマークし、タイムシートの上位に食い込む。マクラーレン・メルセデス、ルノー勢も続くが、フェラーリのM.シューマッハは1'15.111と抜群のタイムでトップに立つ。Q3進出の当確ラインが15秒台となる中、ウィリアムズ・コスワースのニコ・ロズベルグが1'15.926で9番手に飛び込む。そのため、チームメイトのマーク・ウェーバーがポジションを1つ落とし、10番手に。そして終了直前、レッドブル・レーシングのデビッド・クルサードがベテランの意地を見せ、1'15.974でM.ウェーバーを交わして10番手に入り、最終予選に進んだ。また、それぞれ1台のみがQ2に進んだHondaとBMWザウバーだが、ルーベンス・バリチェッロ、ニック・ハイドフェルドの両ドライバーも共にここで姿を消した。
 
 ミッドランドのクリスチャン・アルバース、トーロ・ロッソのスコット・スピード、HondaのR.バリチェッロ、レッドブルのクリスチャン・クリエン、BMWザウバーのN.ハイドフェルド、そしてウィリアムズのM.ウェーバーがQ3進出を果たせなかった。
 
 Q3がスタートすると、タイトルを争うルノーのフェルナンド・アロンソと、フェラーリのM.シューマッハによる熱いバトルが展開される。セッションが開始するやいなや、トップの座を巡ってサイド・バイ・サイドでコースに飛び出す。まずはF.アロンソが先頭に立つが、アデレード・ヘアピンでM.シューマッハがF.アロンソをオーバーテイク。M.シューマッハが集団をリードする。しかし残り時間10分を切り、F.アロンソがコース上でM.シューマッハを交わし、再びトップを奪うなど、決勝レースさながらの場面が見られた。両者はピットストップも同時に行ない、F.アロンソからタイムアタックを開始する。1回目のアタックでは、M.シューマッハが1'15.770、チームメイトのフェリペ・マッサも1'16.013と好タイムを出し、フェラーリの1-2体制に。1'16.027で3番手に甘んじたF.アロンソはニュータイヤを装着し、再度タイムアタックを試みる。1'15.785で2番手につけるが、M.シューマッハのトップタイムには及ばない。さらに、M.シューマッハは1'15.493へ自己ベストを更新。F.マッサのタイムに注目が集まる。F.マッサはチェッカーを受けながら、1'15.510をマークし、2番手を守り切った。
 
 前戦アメリカGPに続き、フェラーリが1-2で公式予選を制した。3番手ルノーのF.アロンソに、トヨタの2台が続いている。ヤルノ・トゥルーリが1'16.036で4番手、ラルフ・シューマッハが1'16.091の5番手。ルノー、ミシュランタイヤにとってはホームとなるフランスGPだが、上位5台のうち4台がブリヂストンユーザーとなった。


フランスGP以降、モントーヤの欠場を発表

少し前のことですが・・・・残念ですね。1時期ミハエルとの争いもあり、コロンビアの暴れん坊と通っていたのですが・・・

先週末、チップ・ガナッシとの契約を発表、来季はNASCARに参戦することを明らかにしたファン-パブロ・モントーヤだが、これを受けてマクラーレンは11日(火)、モントーヤのシーズン途中での離脱を発表した。これにより3日後に迫ったフランスGPからは、テストドライバーを務めるペドロ・デ・ラ・ロサが出走することになった。

マクラーレンからは次のリリースが出されている。

マクラーレンとファン-パブロ・モントーヤは双方の合意のもと、今シーズンのF1ワールドチャンピオンシップの残りのレースにおいて、モントーヤの欠場を決めた。同時にチームはキミ・ライコネンのパートナーにペドロ・デ・ラ・ロサの起用を決断した。

モントーヤは2005年度からチームに参加して以来、精力的に活躍してくれたが、これから先の数カ月はマイアミで、9月に第2子を出産するコニー夫人ら家族と一緒に過ごすことになるだろう。また、来季の契約を結んだチップ・ガナッシとはNASCAR 参戦に向けた準備に取りかかることになる。

なお、ペドロは初ポイント獲得を果たした2005年のバーレーンGP以来のレース参戦となる。

ロン・デニス(チーム代表)
「モントーヤはエキサイティングなドライバーで、好感の持てる性格の持ち主だった。NASCARシリーズに転向しても、彼の成功は間違いないと思っている。チームは、さまざまな面でモントーヤの現状を考慮した結果、彼はマシンを降りて、今後のドライバー人生や私生活のためにも、未来に向けての準備に時間を費やすべきだという合意に達した」

ノルベルト・ハウグ(メルセデス・ベンツモータースポーツ副社長)
「NASCAR転向というモントーヤの決断は、彼のキャリアにとっては重要であり、われわれは彼の成功のためなら、いかなるサポートも惜しまない」

ファン-パブロ・モントーヤ
「転向は困難なものになるだろうと思っているが、NASCARに参戦する機会を得られて、とても興奮している。F1では多くの時間を楽しむことができたし、次のキャリアに専念させてくれるチャンスを与えてくれると同時に、僕の生活のことを考慮してくれたチームには感謝している」

ペドロ・デ・ラ・ロサ
「コンペティティブなMP4-21でレースに出走できる機会を得られたことに、とても興奮している。他のチームと比べても、マシンの出来はいいはずだから、チームのためにチャンピオンシップポイントを獲得できると信じている」

SUPER AGURI F1チーム、ドイツGPから山本起用 再び“純日本”チームへ

さあああついに来たでえ!!
SA06も!SA05(A23)の改良型でアルミニウムケーシングギヤボックスのホンダシームレス搭載、Vキールになるようです 
SUPER AGURI F1チームは、F1フランスGP(7月16日決勝)開幕を2日後に控えた現地時間(以下、現地時間)12日、チームのプレスリリースを通じ、フランク・モンタニーとのレギュラードライバー契約をもう1戦延長することを発表。F.モンタニーは悲願の母国GP出場が決定した。また、7月末のドイツGP(7月30日決勝)からはニューマシン『SA06』を投入することが決定しているが、佐藤琢磨のチームメイトに山本左近を起用することを併せて発表。SUPER AGURI F1チームは再び“純日本”体制でF1に挑戦することとなった。

タミヤ新製品

いまさら??という感じがしますがね・・・
どうせならタミヤのバラセルって無いんでしょうか・・・・実際にTBEVO5とかの写真では、パックバッテリーをバラセルにして乗せてますからねえ・・・タミヤ様だめでしょうか??

タミヤ 7.2V レーシングパック 1600SP
Item No.55095
7月8日(土)ごろ発売・2,625円(本体価格2,500円)
7月5日(水)発送・JANコード:4950344550951


タミヤ 7.2V レーシングパック 1600SPと充電器セット
Item No.55096
7月8日(土)ごろ発売・4,095円(本体価格3,900円)
7月5日(水)発送・JANコード:4950344550968

アメリカGP決勝結果

さあこれで面白くなってきた・・・
ついにフェラーリ1・2!!

決勝結果 . .
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位
1 5 M.シューマッハ フェラーリ 1:34'35.199 73 194.117 1
2 6 F.マッサ フェラーリ 1:34'43.183 73 193.845 1
3 2 G.フィジケラ ルノー 1:34'51.794 73 193.551 2
4 8 J.トゥルーリ トヨタ 1:34'51.803 73 193.313 3
5 1 F.アロンソ ルノー 1:35'03.609 73 193.150 1
6 11 R.バリチェッロ Honda 1:35'11.715 73 192.876 5
7 14 D.クルサード RBRフェラーリ 1:34'59.009 72 190.658 7
8 20 V.リウッツィ STRコスワース 1:35'05.359 72 190.446 8
9 10 N.ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース 1:35'09.147 72 190.320 8
  7 R.シューマッハ トヨタ ホイールベアリングの破損 62 191.413 3
  19 C.アルバース MF1トヨタ トランスミッション 37 179.607 11
  17 J.ビルヌーブ ザウバーBMW エンジン 23 177.220 6
  18 T.モンテイロ MF1トヨタ アクシデントによるダメージ 9 139.625 9
  22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda アクシデント 6 130.512 11
  12 J.バトン Honda アクシデントによるダメージ 3 120.770 14
  3 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス アクシデント 0 0.000 -
  16 N.ハイドフェルド ザウバーBMW アクシデント 0 0.000 -
  4 J-P.モントーヤ マクラーレン・メルセデス アクシデント 0 0.000 -
  9 M.ウェーバー ウィリアムズ・コスワース アクシデント 0 0.000 -
  21 S.スピード STRコスワース アクシデント 0 0.000 -
  15 C.クリエン RBRフェラーリ アクシデント 0 0.000 -
  23 F.モンタニー SUPER AGURI Honda アクシデント 0 0.000 -
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位


セッションレポート . .
7月2日(日)
晴れ/ドライコンディション
 
 アメリカGP決勝日、インディアナポリス・モータースピードウェイは気温36℃、路面温度42℃と暑いドライコンディション。午後1時(日本時間:3日午前2時)、73周のアメリカGP決勝レースが幕を開けた。22台中9台のみが完走という、厳しいサバイバルレースとなった。
 
 スタート時、上位勢では、2番グリッドからスタートしたフェラーリのフェリペ・マッサが、ポールポジションのミハエル・シューマッハを交わして先頭につける。5番グリッドのフェルナンド・アロンソ(ルノー)は3番手まで浮上。しかし、1コーナーから2コーナーにかけ、中盤以降に大きな混乱が発生する。マクラーレン・メルセデスのファン-パブロ.モントーヤが、チームメイトのキミ・ライッコネンに追突し、多重クラッシュの引き金となる。BMWザウバーのニック・ハイドフェルドはマシンが回転する大クラッシュ。幸いにしてドライバーに怪我はなかったが、マクラーレンの2台、BMWザウバーのN.ハイドフェルドはもとより、地元グランプリに臨んだスクーデリア・トーロ・ロッソのスコット・スピード、ウィリアムズ・コスワースのマーク・ウェーバー、レッドブル・レーシングのクリスチャン・クリエン、SUPER AGURI F1チームのフランク・モンタニーの7台がオープニングラップでリタイアしてしまう。
 
 クラッシュの後処理のため、セーフティカーが導入された。また、このクラッシュでマシンにダメージを負ったHondaのジェンソン・バトンも、ピットでノーズ交換を行なった後、1度はコースに復帰するが、翌周にマシンをガレージに収め、レースを終えている。7周目に再スタートが切られると、今度はミッドランドのティアゴ・モンテイロとSUPER AGURIの佐藤琢磨が接触。佐藤にとっては、2004年に初の表彰台を獲得した(当時B・A・R Honda)思い出の地だったが、惜しくもリタイアとなった。T.モンテイロも2周後にマシンを降り、早くも10台のマシンが姿を消す。
 
 後方の混乱を他所に、フェラーリの2台は1分13秒台で快調に周回を重ねる。ルノーのジャンカルロ・フィジケラは、15周目に前を行くチームメイトのF.アロンソを交わして3番手に浮上。ペースを上げてフェラーリを追うが、その差は縮まらない。フェラーリは1回目のピットストップでM.シューマッハがF.マッサの前に出る。第2スティント、先頭に立ったM.シューマッハはF.マッサをも引き離すペースでマージンを獲得していく。ルノーは、ピットスタートから追い上げるヤルノ・トゥルーリ、F.アロンソの背後に迫るラルフ・シューマッハといった、トヨタ勢との争いを展開する。
 
 ワンストップ作戦を採り、4番手まで順位を上げたJ.トゥルーリは、2度目のピットストップに入ったG.フィジケラのポジションを狙うが、ここはG.フィジケラが3番手を守ってコースに戻る。一方、F.アロンソの2回目のピットストップが長くなり、この隙にR.シューマッハが前に出ることに成功。F.アロンソは6番手に順位を落とす。しかし残り10周、R.シューマッハのマシンにトラブルが発生する。R.シューマッハはピットに戻り、リタイアとなった。ついに残されたマシンは9台のみとなり、57周目にウィリアムズのニコ・ロズベルグをオーバーテイクし9番手を走行していたトーロ・ロッソのビタントニオ・リウッツィが、8番手ポイント獲得圏内に入る。
 
 クルージングに入っていたフェラーリは、M.シューマッハがポール・トゥ・ウィン、そしてF.マッサが自身最高の2位に入り、1-2フィニッシュを飾った。3位はルノーのG.フィジケラ。見事な追い上げでトヨタのJ.トゥルーリが4位に入り、2戦連続でポイントを獲得。ポイントリーダーのF.アロンソは5位に終わったため、M.シューマッハとの差は『19』と縮まり、タイトル争いが再び面白くなりそうだ。

アメリカGP予選結果

さああああ・・・・いよいよフェラーリの1・2ですよ!!
決勝が楽しみ!!
公式予選結果 . .
順位 No. ドライバー チーム ベストタイム 周回
1 5 M.シューマッハ フェラーリ 1'10.832 22
2 6 F.マッサ フェラーリ 1'11.435 23
3 2 G.フィジケラ ルノー 1'11.920 27
4 11 R.バリチェッロ Honda 1'12.109 29
5 1 F.アロンソ ルノー 1'12.449 26
6 17 J.ビルヌーブ ザウバーBMW 1'12.479 26
7 12 J.バトン Honda 1'12.523 29
8 7 R.シューマッハ トヨタ 1'12.795 29
9 3 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス 1'13.174 31
10 16 N.ハイドフェルド ザウバーBMW 1'15.280 16
11 4 J-P.モントーヤ マクラーレン・メルセデス 1'12.150 12
12 9 M.ウェーバー ウィリアムズ・コスワース 1'12.292 13
13 21 S.スピード STRコスワース 1'12.792 14
14 19 C.アルバース MF1トヨタ 1'12.854 9
15 18 T.モンテイロ MF1トヨタ 1'12.864 9
16 15 C.クリエン RBRフェラーリ 1'12.925 12
17 14 D.クルサード RBRフェラーリ 1'13.180 6
18 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda 1'13.496 6
19 10 N.ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース 1'13.506 7
20 8 J.トゥルーリ トヨタ 1'13.787 3
21 20 V.リウッツィ STRコスワース 1'14.041 10
22 23 F.モンタニー SUPER AGURI Honda 1'16.036 4
順位 No. ドライバー チーム ベストタイム 周回


セッションレポート . .
7月1日(土)
晴れ/ドライコンディション
 
 午後に入り、路面温度が大幅に上昇したインディアナポリス・モータースピードウェイは、気温34℃、路面温度52℃のドライコンディション。午後1時(日本時間:2日午前2時)、公式予選がスタートした。フリー走行からの勢いそのままに、フェラーリの速さが目立つ予選となった。
 
 1次予選では、またも波乱が見られた。トヨタのヤルノ・トゥルーリは、マシン下部のスキッドブロックが引きずられたため、ピットに戻り脱落が確定。一方で、フリー走行から好調だったミッドランド勢がタイムシートの中盤に食い込み、ティアゴ・モンテイロは11番手、クリスチャン・アルバースも12番手と2台揃って2次予選に進出する快挙を達成した。アメリカ人ドライバーとして母国グランプリに臨むスクーデリア・トーロ・ロッソのスコット・スピードも、16番手で2次予選に進んでいる。ここで、SUPER AGURI F1チームのフランク・モンタニーと佐藤琢磨、トーロ・ロッソのビタントニオ・リウッツィ、トヨタのJ.トゥルーリ、ウィリアムズ・コスワースのニコ・ロズベルグ、レッドブル・レーシングのデビッド・クルサードの6台が脱落した。
 
 予選を通じて、最もスリリングな展開となったのが2次予選だった。フェラーリの2台は、ミハエル・シューマッハが1分10秒台の1'10.636、フェリペ・マッサは1'11.146と圧倒的な速さで、あっさり1-2体制を築く。ルノーは、ジャンカルロ・フィジケラが11秒台に入れるものの、フェルナンド・アロンソは12秒台のまま、残り3分を切る。この時点で、ポイントリーダーのF.アロンソが脱落圏内という展開に。しかしセッション終了間際に、ようやく7番手に浮上。代わってマクラーレン・メルセデスの2台が、当落ラインを賭け、チームメイト同士で争う。10番手キミ・ライッコネンのタイムを、11番手のファン-パブロ.モントーヤが目指して最後のタイムアタックに出るが、ゴールライン目前に時間切れとなり、マクラーレンの一角が姿を消した。
 
 レッドブルのクリスチャン・クリエン、ミッドランドの2台、トーロ・ロッソのS.スピード、ウィリアムズのマーク・ウェーバー、そしてマクラーレンのJ-P.モントーヤが最終予選進出を果たせなかった。
 
 ポールポジションを決める最終予選、セッション開始前から各マシンがピット出口で待機する。タイトルを争うF.アロンソ(ルノー)とM.シューマッハ(フェラーリ)がサイド・バイ・サイドでコースに飛び出し、先頭を確保したF.アロンソから周回を重ねていく。残り時間12分のところで、ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)のマシンがテクニカルトラブルに見舞われ、スローダウン。タイムアタックを行なえずにマシンを降りている。
 
 セッション終了まで8分を切り、続々とタイヤ交換が始まる。いち早くルノーの2台がニュータイヤでタイムアタックを開始。F.アロンソは1'12.449、G.フィジケラは1'12.135でチームメイトを上回り、暫定トップに立つ。しかし、ここでもフェラーリは速さを見せつけ、M.シューマッハが1'10.832、F.マッサも1'11.435をマークし、またも1-2に。思うようにタイムの伸びないF.アロンソは、再度ニュータイヤを装着し最後のアタックを試みるが、自己ベストを更新できない。1'11.920で3番グリッドに入ったG.フィジケラ、さらには4番グリッドに1'12.109で飛び込んだルーベンス・バリチェッロ(Honda)にも遅れをとり、5番グリッドとなった。
 
 フェラーリは、M.シューマッハがポールポジションを獲得。F.マッサもフロントローに並び、フリー走行3に続いて1-2体制でセッションを終えた。この速さを決勝でも発揮し、タイトル争いでルノーとの差を縮めることができるのか、注目が集まる。

プロフィール

ラジマニ

Author:ラジマニ
のんびりマイペースに綴っていくラジマニ(Razimn)のブログです。F1、鉄道が主です。

最近は年に1回の鈴鹿サーキット詣でを継続中。
鉄道では、東は北海道から西は九州まで、被写体を求めてあちらこちらに出かけています。


鉄道ブログランキングに参加してます!よかったらクリックお願いします!!→鉄道コム
人気blogランキングへ RC Maniax
FC2 Blog Rankingランキング参加中!!クリックよろしく!!

現在使用機材(すべてキヤノン)
IXY 32S
EOS Kiss X3
EOS 7D mark II

EF-S 18 - 55 mm F3.5 - 5.6 IS
EF-S 18 - 135mm F3.5 - 5.6 IS STM
EF-S 55 - 250 mm F4 - 5.6 IS
EF 70 - 200 mm F4L IS USM

EF 50 mm F1.8 II
EF 300 mm F4L IS USM
Extender EF1.4× II

当ブログの記事、画像の著作権は放棄していません.無断での利用、改ざん、複製などは行ってはいけません。

最近の記事
FC2ブログランキング
ぜひクリックをお願いします!!

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
ぶつぶつ・・・
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ユーザータグ

24系 DD51 EF65 381系 485系 トワイライトエクスプレス 115系 キハ40系 EF81 EF64 14系 221系 223系 103系 宝殿 183系 EF510 113系 EF66 DE10 ED79 EF210 函館 山崎 サロンカーなにわ キハ183系 くろしお 100系 北斗 683系 曽根 新大阪 札幌 789系 はまなす 681系 北斗星 475系 205系 白鳥 北越 287系 201系 青森 N700系 東十条 281系 四日市 カシオペア 12系 高岡 京都 211系 姫路 E26系 105系 413系 いなほ F1 207系 700系 清洲 岡山 583系 キハ261系 日本海 300系 DE15 富山 500系 225系 谷川 あけぼの DF200 185系 直江津 キハ40 油川 長岡京 広島 五稜郭 オホーツク 東富山 117系 キハ281系 はくたか 富田浜 200系 新潟 キハ283系 上野 尾久 大宮 大阪 津軽宮田 E2系 283系 E231系 189系 こうのとり 柏原 あずさ E4系 加古川 東室蘭 下滝 本輪西 鈴鹿 水橋 E3系 熊谷 白浜 須磨 383系 向洋 尼崎 EH500 0系 EF200 くびき野 黒山 711系 E351系 南松本 しなの C56 新倉敷 E233系 島本 キハ120系 御着 茨木 キハ85系 785系 野田 新青森 きたぐに EH800 ばんえつ物語 亀田 701系 321系 相生 C57 EH200 西明石 堺市 285系 キハ150系 福山 倶利伽羅 大沼 敦賀 521系 福知山 亀山 227系 間島 荻川 E127系 美袋 松本 平田 富田 長鳥 稲沢 ED45 カムイ 釜谷 山城 白石 春日山 黒井 E5系 梁瀬 塚本 名古屋 枇杷島 引退 SLやまぐち 岐阜 和田山 313系 E257系 西川原 花園 苗穂 下庄 サンダーバード 塩浜 フェラーリ 733系 赤プレ 塚山 E751系 福島 つがる おおぞら とかち 佐々木 石動 EF67 やくも 村上 上夜久野 豊栄 後潟 大津トンネル 天王寺 高田 仁川 加古川線 鶴ヶ丘 余目 郡山 ひめじ別所 西袋 糸魚川 大サロ セメント 赤羽 暁学園前 平野 相模湖 キハ47 八本松 甲府 新津 天神川 三岐鉄道 文学少女 佐藤琢磨 923形 上郡 高尾 長岡 金光臨 倉敷 安芸長束 ドクターイエロー 塩屋 太平洋セメント 三滝 石生 左堰 山家 綾部 はまかぜ 新山口 きのさき 網干 ラッピングトレイン 瀬戸 サンライズエクスプレス 南紀 渡島当別 DD452 泉沢 浅香 C11 向日町 かいじ 上野原 米子 春日井 岩見沢 池袋 415系 藍本 根雨 越中大門 しらさぎ 芦屋 145系 キハ189系 岩船町 出雲 上石見 生山 エアポート  東三条 琴似 鶯谷 米原 今宮 キハ11形 大麻 朝来 森ノ宮 丹波竹田 323系 野田生 キハ185系 市島 津和野 会津若松 篠目 府屋 富良野 平林 山科 椿 瀬辺地 タミヤ 紀伊富田 ホンダ ことぶき 中沢 87系 奥内 堅田 金沢 須原 蟹田 マイテ49 トワイライトエクスプレス瑞風 紀伊新庄 千歳 黒坂 保内 中津川 奥出雲おろち すずらん 島高松 島内 旧型客車 E259系 落合川 脇野田 渋谷 杉本町 トロロッソ 玉柏 27号機 新札幌 北新井 鶴岡 高槻 721系 下夜久野 国鉄色 七飯 岸辺 秋田 呉羽 弁天町 東酒田 キハ110 宮原 砂越 キハ120 船平山 河内堅上 高井田 新幹線 久宝寺 213系 新宮 南今庄  E1系 落部 横川 のぞみ ブルーノ・セナ 豊岡 山梨市 ノロッコ 徳島 原色 稲穂 厚狭 HOT7000系  阿漕 川部 新井口 510系 旭山動物園 大安寺 津山 徳佐 みまさかスローライフ 289系 ノースレインボーエクスプレス 撫牛子 津軽新城 青森車両センター 札幌運転所 仁山 交通科学博物館 桑園 宗谷 大歳 苗穂工場 ニセコ 鍋倉 ラベンダー畑 千里丘 荘原 新神戸 吉塚 大津京 四方津 勝沼ぶどう郷 大月 中富良野 ひかり 金手 甲種輸送 妙高 小岩川 早通 長門峡 上狛 あつみ温泉 有年 キハ181 ワム 回送 土崎 鹿討 東神奈川 馬堀 七重浜 土岐市 KE65 鯨波 柏崎 芦原橋 川棚温泉 苫小牧 登別 酒田 ヘッドマーク 桜木町 学田 越後石山 摂津富田 東高島 東淀川 江・浅井三姉妹博覧会 西中 C62 勝木 ノスタルジー 青海 アイランドエクスプレス四国II 311系 はまかいじ 津幡 キハ85 キハE120系 キハ110系 瀬野 2000系 新白島 湯ノ峠 HB-E300系 オヤ31 堂島 東京 広田 田端 天空の城竹田城跡号 梅小路 茂辺地 上磯 札苅 上菅 E129系 西条 備中広瀬 サンライナー 梶屋敷 紀伊田辺 橋本紡 山本ケイジ HK100 猿橋 伯耆溝口 半分の月がのぼる空 紀伊勝浦 湯川 中庄 SAF1 保々 121系 フォーミュラチャレンジ・ジャパン 串本 下里 紀伊浦上 紀伊田原 古座  相野 南部 岩代 倉本 HD300 あいづ DD511 上八木 E655系 明石 豊科 竜野 福知山線 柏矢町 大桑 大久保 和歌山 こだま ひだ キハ183 英賀保 くずりゅう 豊浦 牧山 C58 中島 谷浜 朝里 安治川口 小樽築港 武蔵浦和 西高岡 253系 出雲三成 出雲坂根 出雲八代 E353系 立川 亀岡 渡川 西日暮里 備後落合 ポルシェカレラカップジャパン 国府 油木 M250 熱海 江原 フライアッシュ KTR8000 三縄 祖谷口 我孫子町 南風 南与野  西浦和 十条 庭瀬 出雲市 長居 直江 金川 備前一宮 行田 みの 加茂中 宍道 幡屋 八鹿 篠山口 木次 法界院 西脇市 備前原 三軒茶屋 詫間 我孫子 三国ヶ丘 しまんと 横浜 日本GP 安芸阿賀 新広  川原石 キハ181系 仁方 だいせん 三田  アニメ まつかぜ キハ187系 大山口 名和  瀬戸内マリンビュー 木曽福島 雷鳥 K53編成 解体 大阪城公園 京橋 上松 野尻 上野動物園 零戦 姫路貨物 2600系 坂下 多治見 涼宮ハルヒ F60 鳥取大学前 富士スピードウェイ 松崎 トヨタ 鈴木亜久里 FIA ライコネン クビサ 岩美 香住 F1モデリング 大岩 アロンソ 湖山 フォースインディア F2008K F1撤退 920IS RC F103 新下関 F1 IXY RC ウィリアムズ KERS 2009年 マクラーレン レッドブル BMWザウバー 西九条 上郷 喜々津 湯江 赤穂 西諫早 臨時 肥前竜王 廃止 播但線 勝瑞 文化の森 池谷 神埼 肥前長田 伊賀屋 肥前白石 あかつき 香呂 仁豊野 手原 石部 三雲 甲西 福崎 甘地 シキ 魚住 朝霧 丹生川 さよなら運転 三里 地蔵橋 剣山 鴨川 MRT300形 サインライズ瀬戸 サンライズ出雲 クモヤ443系 8866レ 知和 美作加茂 青野山 仁保 地福 矢原 三浦 美作滝尾 讃岐府中 サンポート うずしお 引田 N2000系 佐古 キハ189 蔵本 讃岐白鳥 二軒屋 青プレ いしづち 鳥沢 7200系 ムド 8000系 貴生川 加茂 上野芝 E6系 美々 サロベツ 熊取 マヤ34 はやぶさ 仙台 大釈迦 鶴ヶ坂 北常盤 ブナ C51 郷沢 平和 札幌貨物ターミナル 紀伊中ノ島 朝日 キヤ95系 651系 東長原 西国分寺 六十谷 はるか 周参見 芳養 紀伊日置 キハ141系 キヤ141系 近江八幡 桔梗 筒井 越後川口 小千谷 岩本 津久田 瑞浪 函館市電 越後早川 勝川 宇田郷 稲城長沼 須佐 東港 ND60 ND552 美乃坂本 恵那 玄武洞 キヤ143系 下関 備中高松 キハ56系 木古内 DD15 黒井村 あすか 武並 日本海縦貫線号 123系 梅林 EF510 キハ122形 新疋田 矢賀 キハ75形 みえ 吉田 一身田 東新津 新関 上野尻 山都 徳沢 津川 田沢 三川 衣浦臨海鉄道 半田埠頭 方谷 日羽 岸本 江尾 石蟹 新見 尾鷲 宇久井 清音 東成岩 豪渓 箕島 木野山 紀伊宮原 喜多方 719系 キハ52系 みのり 島尾 氷見 高津 石原 西広島 川口 ゆう 風っこ E721系 251系 田町 踊り子 伊勢崎 駒形 椎田 小倉 豊前松江 フルーティア くまげら jはやぶさ 木之本 余呉 KTR8000形 シティライナー はしだて 竹田 田村 矢野口 209系 芦原橋駅 瀬野八 鶴ケ丘 函館運輸所 151系 王寺 北長瀬 ながまれ号 黄金 崎守 高島 長都 北広島 千種 181系 D51 フラノラベンダーエクスプレス 旭山動物園号 工臨 上富良野 焼島 新潟貨物ターミナル 井倉 北長岡 DD13 キハ80 DF50 広島車両所 南千歳 陣屋町 中秋の名月  大曽根 豊幌 新守山 江別 鷲ノ巣 手稲 西武30000系 広島電鉄 小淵沢 MLRV1000 長坂 みどり湖 蘭島 塩尻 上道 川西池田 礼文 静狩 大岸 ななつ星in九州 洞爺 吹田 キヤ97系 長万部 70-000形 北千住 安中貨物 新宿 西河原 上沼垂 とき 来迎寺 おはよう信越 小串 湯玉 宮内 越後広田 さつき野 虎姫 遊佐 南鳥海 鼠ヶ関 河内 長浜 入野 EF510 宇賀本郷 三見 玉江 中山 菊名 キハ261 R32 レールスター E351系 滝部 長門二見 阿川 長門粟野 塩山 さくら夙川 吹浦 DD51 いせ 101系 阿品 マリンビュー 宮島口 桂川 鷲別 にちりん E653系 西小倉 白山 赤平 茂尻 海田市 コキ72 仁賀保 羽前大山 カンセンジャー こまち 女鹿 四ツ小屋 羽前水沢 ニコニコ超会議号 8600系 ヨ8000 吉見 梅ヶ峠 新今宮 能生 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
カレンダー
06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード