無料

Photo-diary razimn 2006年02月

SUPER AGURI、初テストを無事終了

今度のF201のボディはアグリを作ろうか??簡単そうやし・・・・
BSとホンダとアグリマークで出来そうですね(笑)


 SUPER AGURI Formula 1チームはカタロニア・サーキットでのテスト最終日に臨み、佐藤琢磨がマシンのステアリングを握った。悪天候や不運にも見舞われたスペインでのテストを終え、チームは来週のシルバーストーンテストのためにイギリスへ向かう。

佐藤琢磨
「とてもタフなスケジュールでしたが、このテスト実現にこぎつけてくれたチームのみんなをとても誇りに思います。今回のテストは僕たちにとって、バーレーンへ向かう前のシステムプログラムを行うという意味で、重要な機会でした。3日間のテストを無事に終え、手持ちの貴重なデータを評価できたので、とても満足しています。パフォーマンス面ではまだまだ頑張らなければいけませんが、少なくとも期待の持てるスタートではありましたし、みんな素晴らしい仕事をしてくれたので、うれしい気持ちでいっぱいです。来週、シルバーストーンで2006年最初の空力パッケージをシェイクダウンして、さらに頑張りたいと思います」

井出有治
「いいテストでした。僕は2日目にドライブしましたが、この3日間でチームが達成した仕事にとても満足しています。もう少したくさんの距離を走りたかったんですが、いくつか問題があって、予定より早く切り上げなければなりませんでした。でも、自分の走った44周から学び取った内容には満足しています。今回初めて、本物のF1のGフォースとダウンフォースを体感しました。周回は少なかったですが、クルマに確信を持てたので、実際のレースではもっといいタイムを出したいと思います。自分自身、すごく成長できましたし、楽しめました。次のテストと、開幕戦のバーレーンが楽しみです」

マーク・プレストン, チーフテクニカルオフィサー
「チームは、バルセロナに来るまでは誰も予想できなかったような成果を挙げ、バーレーンでもまずまずのパフォーマンスを発揮できるという自信につながった。F1初テストの有治はいいパフォーマンスを見せたし、琢磨はマシンを良くするために激しいプッシュを見せてくれた」

「この3日間でSUPER AGURI Formula 1と、今回のテスト実現に中心的役割を果たしてくれたHondaのスタッフを含む、チーム全体の団結力を高めることができた。エンジンは申し分ないパフォーマンスを見せており、緒戦の信頼性に期待ができる。システム関連の問題を多く解決し、我々の要求を満たしたテストだった。3日目は午前中をトラブルなく走り終え、パフォーマンス比較のプログラムに取り組み始めた。こうした評価の一環として、バーレーン用ブリヂストン・タイヤのテストも終え、自分たちの選択に満足している」

「ハードな1週間を終えて、チームも疲れているが、すべてのゴールを達成したことは驚くべきことであり、来週のシルバーストーンテストでは達成項目をさらに増やせるよう、期待している」
56204.jpg

56213.jpg

56214.jpg

web_big.jpg

スポンサーサイト

スーパーアグリSA05バルセロナテストレポート

やっとスーパーアグリが始動します!!


 スーパーアグリF1にとって初めての合同テスト参加となるバルセロナテストが1月21日、スペインのカタルニアサーキットで開幕、先週、イギリスでロールアウトを行ったばかりのSA05が佐藤琢磨のドライビングで走り出した。
 朝9時のコースオープンから1時間半を経過した午前10時30分、それまで固く閉ざされていたスーパーアグリF1のガレージがようやく開き、中から真っ白なSA05が姿を現した。今回のテストには佐藤琢磨と井出有治のふたりが参加しているが、初日のステアリングを握るのは琢磨。多くの日本人メディアが取り囲む中、ホンダV8を搭載したSA05がゆっくりとコースに飛び出してゆく。
 とりあえず基本的なシステムチェックのために1周した琢磨は、そのままピットに戻り、ガレージの中で作業が行われていたが、その後再びコースインした直後にマシンがコース上でストップ、詳しい状況はまだ確認できてないが、エンジン関連に何らかの不具合が生じたらしく、マシンは再びガレージ内に戻され、テスト再開のための修復作業が続けられている。合計3ラップを消化した現時点でのベストラップは1分30秒244だ。
 ちなみに、今回のテストに持ち込まれたマシンはイギリスでロールアウトを行ったマシンと同じ仕様で、フロントセクションはベースとなったアロウズA23ほぼそのままといった雰囲気。ただし、マネージングディレクターのダニエル・オーデットは「開幕戦には全く異なるエアロパッケージを準備している」と語っているが、開幕前のテストはこれが最後になる可能性が高いことから、新しいエアロはバーレーンでの「ぶっつけ本番」となりそうだ。

56204.jpg

56213.jpg

56214.jpg

スーパーアグリSA05バルセロナテストレポート

やっとスーパーアグリが始動します!!


 スーパーアグリF1にとって初めての合同テスト参加となるバルセロナテストが1月21日、スペインのカタルニアサーキットで開幕、先週、イギリスでロールアウトを行ったばかりのSA05が佐藤琢磨のドライビングで走り出した。
 朝9時のコースオープンから1時間半を経過した午前10時30分、それまで固く閉ざされていたスーパーアグリF1のガレージがようやく開き、中から真っ白なSA05が姿を現した。今回のテストには佐藤琢磨と井出有治のふたりが参加しているが、初日のステアリングを握るのは琢磨。多くの日本人メディアが取り囲む中、ホンダV8を搭載したSA05がゆっくりとコースに飛び出してゆく。
 とりあえず基本的なシステムチェックのために1周した琢磨は、そのままピットに戻り、ガレージの中で作業が行われていたが、その後再びコースインした直後にマシンがコース上でストップ、詳しい状況はまだ確認できてないが、エンジン関連に何らかの不具合が生じたらしく、マシンは再びガレージ内に戻され、テスト再開のための修復作業が続けられている。合計3ラップを消化した現時点でのベストラップは1分30秒244だ。
 ちなみに、今回のテストに持ち込まれたマシンはイギリスでロールアウトを行ったマシンと同じ仕様で、フロントセクションはベースとなったアロウズA23ほぼそのままといった雰囲気。ただし、マネージングディレクターのダニエル・オーデットは「開幕戦には全く異なるエアロパッケージを準備している」と語っているが、開幕前のテストはこれが最後になる可能性が高いことから、新しいエアロはバーレーンでの「ぶっつけ本番」となりそうだ。

56204.jpg

56213.jpg

56214.jpg

2006年Hondaモータースポーツ活動

いよいよホンダがワークス復帰します!!スーパーアグリも気体で汲ます!!
 Hondaは、2006年の「モータースポーツ参戦体制」と、「世界トップレベルのレースで表彰台を競う人材の育成」、「モータースポーツの普及」のための活動について、以下の通り発表しました。

 モータースポーツ活動は、Hondaの「チャレンジング・スピリット」の原点であり、常に自らの夢や志を高く掲げ、「先進創造へのチャレンジ」を続けることで、お客様と夢と感動を共有していきます。



2006年Hondaのモータースポーツ活動の概要

1.モータースポーツ参戦体制
 「お客様と夢の共有」「世界に挑戦し技術者を育成」「ブランドロイヤルティの向上」を目的にレース活動を展開します。
 2輪レース活動では、ロードレース世界選手権最高峰のMotoGPクラスにおいて、若手を起用した新世代チームによるチャンピオン獲得という新たなチャレンジを行うと共に、全カテゴリでチャンピオンを目指します。
 4輪レース活動では、F1世界選手権において、1968年以来のワークス体制となった「Honda Racing F1 Team」で早期の一勝を目指します。また、本年度より新チーム「SUPER AGURI FORMULA 1」に対し、エンジン供給を行います。
 2003年より参戦し、2年連続の3冠(ドライバー、マニュファクチャラー、ルーキー)を達成したIndyCar Seriesでは、今年は唯一のエンジンサプライヤーとして、Honda V8「HI6R」エンジンを全チームに供給します。
 Super GTでは、「Honda NSX-GTプロジェクト」のもと、チームとドライバーズのダブルタイトル獲得を目指します。
 フォーミュラ・ニッポンでは、新たに開発した専用エンジンを供給します。

2.世界トップレベルのレースで表彰台を競う人材の育成
 世界の頂点レースで表彰台を競うライダー、ドライバーの育成を目的に、長期的な視野で継続した活動を推進していきます。
 2輪では、日本人若手ライダーの育成のために2004年に創設した「Honda Racingスカラーシップ」(ライダー育成奨学制度)の第3期生として、昨年の全日本選手権シリーズGP250クラスチャンピオンの青山周平選手がロードレース世界選手権250ccクラスにフル参戦します。
 4輪では、今年からHondaのドライバー育成プログラムを「Honda フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト」と総称し、「鈴鹿レーシングスクール(SRS-K、SRS-F)」、本年度より始まる「フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)」、「全日本F3選手権」、「フォーミュラ・ニッポン」のカテゴリを通して、体系的な育成プログラムを展開します。佐藤琢磨選手、松浦孝亮選手、井出有治選手に続く、世界で活躍できる若手選手の輩出に積極的に取り組みます。

3.モータースポーツの普及
 株式会社鈴鹿サーキットと株式会社ツインリンクもてぎは、今年6月に合併し、「株式会社モビリティランド(仮称)」となります。今後も、世界の頂点レースの開催や「見て、遊んで、体感する」場と機会の創出に積極的に取り組み、日本のモータースポーツ文化のさらなる発展に寄与していきます。
 鈴鹿サーキットでの開催20周年目にあたる「FIA F1世界選手権 日本グランプリ」は、10月6日(金)~8日(日)に開催されます。また、ツインリンクもてぎでは、今年4年目を迎える「INDY JAPAN 300 MILE」が本場Indy 500の雰囲気をそのままに4月20日(木)~22日(土)に、「FIM ロードレース世界選手権 日本グランプリ」が9月22日(金)~24日(日)に開催されます。
 Hondaファンへの感謝イベントとして、4月15日(土)・16日(日)に鈴鹿サーキットで「Enjoy Honda」を、11月23日(祝・木)にツインリンクもてぎで「Honda Racing THANKS DAY」を開催します。
 また、「ホンダ・エキサイティングカップ・ワンメイクレース~インテグラ・シリーズ~」を始め、参加して楽しんでいただく各種イベント、Honda車オーナーに向けた「コンセプト・ミーティング」などを各地域で開催します。

■F1世界選手権
 2006年シーズンは、Honda単独のワークスチーム「Honda Racing F1 Team」として、オールHonda一体となった新体制のもと、早期の一勝を目指します。新型マシンHonda「RA106」は、空力性能を大幅に向上させ、新レギュレーションによる新型V8エンジンHonda「RA806E」と合わせて、速さ、耐久性、信頼性を高次元で併せ持つ、洗練されたパッケージングを実現しています。
 また、今シーズンはエンジンサプライヤーとして、「SUPER AGURI FORMULA 1」に新型V8エンジンを供給します。 チーム ドライバー
ホンダ・レーシング・F1・チーム
(Honda Racing F1 Team) #11 ルーベンス・バリチェロ(Rubens Barrichello, 33歳, ブラジル)
#12 ジェンソン・バトン(Jenson Button, 26歳, イギリス)

サードドライバー
アンソニー・デビッドソン (Anthony Davidson, 26歳, イギリス)
スーパーアグリ・フォーミュラワン
(SUPER AGURI FORMULA 1)
#22 佐藤 琢磨 (Takuma Sato, 29歳, 日本)
#23 井出 有治 (Yuji Ide, 31歳, 日本)




F103GTシャーシです!!

F103GT シャーシキット

●組立キット ●13,440円(本体価格 12,800円) ●2月25日ごろ発売 ●ITEM 58367
F103GT.jpg

シャーシ全長=365mm
ボディ・バッテリー・RC装置は別売です。



【 ダイレクトドライブ2WDの軽快な走りをツーリングカーで 】  2WDならではの軽量な車体に加えて、モーターピニオンが直接スパーギヤを駆動するダイレクトドライブを採用。4WDでは味わえない軽快な走りがツーリングカーで楽しめる、電動ラジオコントロールカーの組み立てシャーシキットです。アッパー1.5mm、ロワ2.5mmのFRP製ダブルデッキフレームを採用し、フロントサスペンションはリンクタイプサスアームを使用した左右独立。リヤサスペンションはFRP製Tバーのしなりをフリクションダンパープレートとコイルスプリングで制御するリジッドタイプとし、セッティングを広げる車高調整ギヤケースとトラクションの高いボールデフを標準装備。キャスター角を3度に設定したフロントアップライトには850ボールベアリングを装備しました。

【 ほとんどのボディが使用可能 】  ホイールベースが257mm、車幅が183mm以上であれば、ほとんどのツーリングカーボディが搭載可能。フラットディッシュデザインの前後ホイールには、スーパースリックタイヤを装着しました。また、ツーリングカーボディにあわせた大型ウレタンバンパー、ボディマウントも装備しました。 4WDにはない、軽量な車体が生み出すシャープな走行性能が魅力のF103GTシャーシ。標準装備の540モーターでもスピードに乗った走りが長く楽しめます。さらに、万一のクラッシュでも壊れにくく、タイヤなどの消耗部品も少ないのが特徴。マシンを操る面白さもたっぷりです。もちろん、専用オプションパーツに加えて、これまで発売されているF103用のパーツも使用できます。



FRP製Tバーのしなりを制御するコイルスプリング&フリクションプレート
ボールデフを内臓したスパーギアをモーターピニオンがドライブ
フロントサスはアップライト下部にコイルスプリングをセットした左右独立タイプ

アッパーアームが可動するリングタイプアームを採用


【 基本スペック 】  ●シャーシ全長 365mm ●全幅 182mm ●ホイールベース 257mm ●トレッド=FRとも156mm ●タイヤ幅/径=FRとも26/66mm ●フレーム=FRP製ダブルデッキ ●駆動方式=サイドワインダー・ダイレクトドライブ2WD ●デフギヤ=ボールデフ ●ステアリング=2分割タイロッド式 ●サスペンション=フロント:キング・ピンコイルスプリングによる左右独立 リヤ:FRP製Tバーのシナリをフリクションダンパーが制御するリジッドタイプ ●ギヤ比=5.00:1 ●モーター=RS540タイプ ●スピードコントローラー=ESC仕様


【 別にお求めになるもの 】 RCメカ:エクスペックGT-I、またはFETスピードコントローラー(ESC)付き2チャンネルプロポ ●ボディ ●バッテリー:タミヤ7.2Vレーシングパック、または7.2Vアドバンスパック各種


★ ホップアップオプションズ ★

04GPスパーギヤ 93T、104T(F103GT)
Item:53900 2月25日ごろ発売
420円(本体価格400円)
※04ピニオン(20T~27T)の併用が必要です

TRFスペシャルダンパー(F103GT)
Item:53901 2月25日ごろ発売
2,100円(本体価格2,000円)




タミヤ公認レース

タミヤ主催で開かれるRCレースがタミヤグランプリです。人気のツーリングカーをはじめミニクーパーやF1マシンなど、車種によるクラス分けはもちろん、ツーリングカーは初心者を対象とした「ビギナーズ」、小中学生のための「ジュニア」など参加選手のテクニックに合わせた細かなクラス分けを設定。どなたでも気軽に参加して、レースがたっぷり楽しめます。F103GTシャーシはD.Dツーリング クラスに出場できます。



 代表的な搭載可能ボディ



ITEM 51225
エッソ ウルトラフロー スープラ 完成ボディ
ITEM 51223
アウディA4 DTM 2005 完成ボディ
ITEM 51221
レイブリック NSX 2005 完成スペアボディセット
ITEM 51203
ザナヴィニスモGT-R(R34)完成スペアボディセット
ITEM 51202
フェラーリF430 完成スペアボディ



うわさ話は駆け巡る SUPER AGURIに続いてチーム・シューマッハ!?

いろいろな噂が立ちますねえ・・・・


シューマッハがチーム創設?


フェラーリのミハエル・シューマッハとロス・ブラウンがルノーを買い取り、自らのF1チームを作る、といううわさが出回っている。情報元は元ジョーダン・チーム・オーナーのエディ・ジョーダンだ。

1991年にシューマッハの才能をブレークさせた彼は『F1 Racing』誌に対し、前述の2人がこの話について“相談している”のを聞いたと証言している。

「チーム・シューマッハ・アウディF1、あるいはチーム・シューマッハ・フォルクスワーゲンF1といったチームが実現すれば、ドイツ国内、ひいては全世界で絶大な人気を集めるに違いない」と同誌はジョーダン元代表の言葉を伝えている。

ところで今年、本当に実現したSUPER AGURI FORMULA 1について、『BusinessF1』誌がある記事を掲載している。FIAに支払った4,800万ドル(約56億円)の供託金をHondaが負担したのではないかという内容だが、真偽のほどは明らかではない。

財政問題で黄信号が点灯しているホッケンハイムでのドイツGPを待ち望むファンに朗報――どうやら2006年は無事行われることになりそうだ。

記者会見の席上で市長兼サーキット代表のディーター・ガマー氏がドイツ国民と世界に対し、7月のF1世界選手権開催を明言した。

危機を叫ばれているサーキットはほかにもある。F1最高権威バーニー・エクレストンが『Autosprint』誌に語ったところによると、2007年のアメリカGP開催地がインディアナポリスからラスベガスに移されるかもしれない。

今年限りで契約が切れるインディアナポリスで、起きてしまった2005年の騒動は、最悪のタイミングだったと言わざるを得ない。

移行といえば移籍。エイドリアン・ニューイやピーター・プロドロモウら、主要スタッフを次々とレッドブルに引き抜かれてしまったマクラーレンが反撃に転じた。

レッドブルのチーフデザイナー、ロブ・テイラーがマクラーレンとの契約に応じ、間もなく移籍が完了すると伝えられている。

アロンソ、Hondaエンジンを評価「フェラーリもルノーより上」

アロンソの発言は意外でした。

ライバルたちを評価するアロンソ


先ごろHondaの新V8エンジンに弱点があると報じられたが、ワールドチャンピオンのフェルナンド・アロンソは、そうは思っていないようだ。

アロンソが在籍するルノー、ライバルのフェラーリ、そしてエンジンメーカーの雄Hondaは、“冬の選手権”では際立った存在にある。

その中でもアロンソはHondaが、もっともパワフルだと評価。さらにフェラーリもルノーV8より、出来は上と見ている。

先々週、スペインのラジオ局『Cadena SER(カデーナSER)』の某番組に出演したアロンソは、「僕らは確かに速い」と明言したが、「馬力の面から見れば、Hondaとフェラーリが一歩先を行っている」と話していた。

一方、連日、不振が伝えられているマクラーレンについては、アロンソも頭を抱えているようだが、2007年のマクラーレン移籍を早々と決めたことについて後悔はない様子。「今のマクラーレンに速さは見られないが、状況は速い段階で改善され、またレースで勝つことだろう。願わくば、来年そうなってほしいね」と語っている。

開会式ムービーゲット!!

トリノ五輪の開会式のフェラーリF1のドーナツターンのところを見逃した人はこのムービーをご覧になっては??ここをクリック。

やっとアグリのドライバー発表!!

やっとドライバー発表です!!つぎはマシンかな??
鈴木亜久里氏(45)が結成し、今季からF1に参戦する「スーパーアグリF1」(SAF1)は15日、来季のドライバーとして前BARホンダの佐藤琢磨(29)、昨年フォーミュラ・ニッポン総合2位の井出有治(31)と契約したことを発表した。1つのチームが複数の日本人ドライバーを起用するのは史上初。SAF1は14日に英グロスターシャー州ケンブル飛行場でシーズン序盤に使用するマシン「SA05」のシェイクダウン走行を行い、21日からのスペイン・バルセロナ合同テストで本格走行を開始する。

 “純日本製F1チーム”がいよいよ発進だ。日本人ドライバー2人、ホンダ・エンジン、ブリヂストン・タイヤ。すべて「日本」にこだわったSAF1が、いよいよ臨戦態勢を整えた。昨年11月の参戦表明から3か月半、国際自動車連盟(FIA)の承認からわずか3週間足らず。開幕戦バーレーンGP(3月12日決勝)まであと1か月を切るぎりぎりで間に合った。

 世界有数の自動車メーカーであるトヨタでさえ、1999年の参戦表明から2002年に実際に参戦するまで4年も時間をかけた。F1の世界で、メーカーが直接関与しないプライベートチームがこんな短期間で参戦できる態勢をつくることは驚異的な速さだ。佐藤は「今年はハードな1年になるが、挑戦する準備はできているし、楽しみにしている」、井出も「今年1年は、刺激的でチャレンジングな年になると思います」と、ともにチームを通じてコメントした。

 すでに14日、非公開のシェイクダウンを実施。まだカラーリングをしていない白いマシンで空港の滑走路の直線部分を2往復しただけだったが、ゼロからのスタートだったSAF1が、しっかりと形になった瞬間でもあった。「初めてF1カーを運転し、とても興奮しました。すごいパワー」全日本F3から下部カテゴリーのフォーミュラ・ドリームへいったんステップダウンしながら、最高峰にたどり着いた井出のコメントからは、胸の高鳴りを抑え切れない様子が感じられた。

 「戦いが決して容易なものではないことはわかっているが、2人のドライバーと力を合わせて頑張っていけば、きっといい結果が得られると確信している」と鈴木代表。“日本代表”の誇りを胸に、世界に挑む。

 ドライバーも決定して開幕へ向かうSAF1だが、序盤戦は大苦戦が予想される。昨季王者のルノー、マクラーレン・メルセデス、フェラーリなどの強豪チームに加え、今季から完全ワークス体制となるホンダ、トヨタの日本の2大メーカーも上位争いに絡む勢い。どうにかシェイクダウンまでこぎつけた状況のSAF1が、既存のチームに対抗するのは容易ではない。

 鈴木監督も以前から「まずはスタートに2台並べることが大前提」と話しており、高望みはしていない。シーズン途中からはオリジナルマシンの「SA06」を投入する予定で、本当の勝負はそれからとなる。

 ◆佐藤 琢磨(さとう・たくま)1977年1月28日、東京・新宿区生まれ。29歳。97年に鈴鹿レーシングスクール・フォーミュラ(SRS―F)を首席で卒業し、翌年に渡英。2000年から英国F3選手権に参戦、01年に日本人初の同シリーズ王者になった。02年にF1デビュー。04年米国GPでは3位表彰台を獲得。163センチ、60キロ。

 ◆井出 有治(いで・ゆうじ)1975年1月21日、埼玉県生まれ。31歳。90年にカートデビュー。94年から全日本F3選手権参戦。99年にフォーミュラ・ドリームに参戦し、シリーズチャンピオンを獲得。2003年にフォーミュラ・ニッポンにデビュー。04年総合3位、05年は総合で2位に入る。178センチ、63キロ。

トリノ五輪開会式続き

トリノの開会式でのF1の詳報です!

トリノオリンピックの開会式に、フェラーリが登場。旧型のF2005ではありますが、矢継ぎ早にドーナツターンを決めながら氷上を美しく舞い、そして一部観客から「百万頭の死にそうな鯨のうめき声かと思った」と無礼千万な評を貰いました。

F1なんぞにこれっぽっちも興味のない人たちにとって、あのセクシーなエキゾーストノートは単なる瀕死の鯨の断末魔の声にしか聞こえないのか…。

ドライブしたのがもし国際的有名人のミハエル・シューマッハだったら、もうちょっとましなことを言ってもらえたのかも。今回の担当は、地元出身のフェラーリ・テストドライバー、ルカ・バドエルでした(世界中からトリノに集まった観光客たちの「誰、それ?」という声が聞こえる…)。ちなみに彼は聖火ランナーも務めている。

ともあれバドエルにとっては、滅多にない晴れ舞台だったことは間違いなさそうです。苦労人バドエルに当たった一瞬のスポットライト。彼はきっと一生忘れないでしょう。モンテゼモーロ社長、人の使い方うまいな。

13日からバーレーン・テストが始まりました。ここは開幕戦が戦われるサーキットなので、この時期にサヒールでテストを行う意味というのは非常に大きい。しかし遠隔地のため、テスト参加チームはお金持ちのホンダとトロ・ロッソ、そしてフェラーリ(最近は財政事情が逼迫しているとの噂もありますが)だけです。

できたらルノーにも参加して欲しかったなぁ。フェラーリとルノーの走りを、開幕直前の今、同じサーキットで比べてみたかった。

今回フェラーリからはマッサとバドエルがテストに来ています。さすがにミハエルは、こんな遠いところまでは出てこないか。そして1日目、とりあえずバドエルがトップタイムをマークしました。しかし248F1と制限付きV10エンジンを積んだF2004を両方を使っているので、やっぱりちょっとタイム比較がしづらい。

2番手につけたのは、新型シャシーを駆るホンダのアンソニー・デビッドソン。それに同じくホンダジェームズ・ロシターが続いています。マッサは3番手。でもここまではみんなきれいに、1分32秒台に並んでいる。

今年、ウィンターテストの出来を見る限りでは、シーズンが始まったらルノー、フェラーリ、ホンダが三つ巴の争いを繰り広げそうに思えます。でも去年のショックが大きかったせいか、未だわたしはフェラーリには懐疑的。新型車だけでやってくれたら、もっとわかりやすくなると思うんですが、新型と旧型のシャシーが入り乱れているうえ、エンジンも制限付きV10とV8とが混在している状況では何とも判断し難い。

マクラーレン、新車のカラーリングを公開

なんかいかにもボーダフォンがくるということをアピールしているみたい・・・ かっこわるい・・・・どう思います??

光り輝くルックスのMP4-21
20060214193401.jpg

新しいカラーリングのMP4-21


 チーム・マクラーレン・メルセデスがニューマシンのカラーリングを発表した。今年のマシンにはこれまでとまったく違う、異色のカラーリングが施されている。

表面には新開発のコーティングが使われ、光を反射するようになっている。そのテクノロジーはマクラーレンが6か月間かけて完成させたもので、F1では初めて採用される手法だ。

「この独特のクロム仕上げの開発には、多くの研究と時間を要した」とマクラーレンのマーケティング・マネージングディレクター、エクレム・サミは解説した。「我々はいつも、スポンサーやパートナーたちがチームとのパートナーシップを通して、彼らのブランドを他社と差別化できるような方法はないかと考えている。この新しい外観は非常にフォトジェニックなデザインだ。チーム・マクラーレン・メルセデスは2005年、“テレビ広告シェア”で最も高い評価を受けた。この新しい装いによって、今後もその地位を維持したいと思っている」

「90年代半ばに以前のカラーリングを採用したことで、マクラーレン・メルセデスの、草分け的存在としてのアイデンティティーを築けたと信じている」とサミは続けた。「今日の発表も同じように革命的なものであり、チームのカラーリングとして長く生き続けていってほしい」



以前のカラーリングで、チームは9年間にわたり数多くの成功を収めてきた。1997年のメルボルンで初めて導入されてからは、すべてのレースで30%近い勝率を誇っている。

新たなカラーリング発表は、マクラーレン・グループとメルセデス・ベンツ・ハイパフォーマンス・エンジン(イルモア)のスタッフの前で行われた。グループの主要メンバーである、ドライバーのキミ・ライコネンとファン‐パブロ・モントーヤの2人も、マシンの“新しい衣装”に強い印象を受けたようだ。

「今までは新しいカラーリングについて、図面でしか知らなかった」とライコネンは感想を述べた。「実際に見ると素晴らしいし、これを世界中のサーキットでドライブしたら、ちょっとした話題を呼ぶだろう。外観と同じように速いマシンになればいいね」

一方、モントーヤは思わず「ワオ」と感嘆の声を漏らした。「なんてきれいなマシンだ。これまでしばらくMP4-21でテストを続けてきたけど、こんな姿を見ると、また格別な気持ちになるね」

トリノ五輪開会式

トリノ開会式見られましたか??まさかフェラーリF1がでてくるとは思ってもなかったのでびっくりでした。日本でもこんなことしてくれませんかねえ・・・

トップフォース再販!!

なんかむっちゃほしい!!ボディもかっこええし!!

トップフォース

Item No:58362  好評発売中('05/12) 22,050円(本体価格21,000円) ※スポット生産
top.jpg


全長=400mm


【 タミヤRC100作目を記念したハイパフォーマンス4WDバギー 】 電動RCカーシリーズ100作目を記念して1991年に登場。数多くの実戦参加から得られたデータを基に純レース仕様の4WDバギーとして開発されたハイパフォーマンスモデルがトップフォースです。強烈なウェッジシェイプをきかせた低いボディ、フラップ付きの大型リヤウイングなど、戦闘的なスタイルは今でも魅力たっぷり。しかも、ダウンフォースを発揮するエアロダイナミクスボディとアンダーカウルの組み合わせは、空力を追求するとともに、RCメカを泥やホコリから保護します。また、小さな円錐状のスパイクで構成されるスパイヤースパイクタイヤがあらゆる路面でハイグリップを発揮します。

【 高性能パーツを満載したレース用シャーシ 】 前後のギヤボックスを2mm厚のFRPプレートでサンドイッチした高剛性なダブルデッキフレームを採用。シンプルで実戦的な構造に加えて、ロワデッキにバッテリーやサーボを搭載して低重心化をも達成しました。高精度なボールデフを前後のギヤボックスに内蔵。リミテッドスリップ効果を発揮して、コーナリング中の駆動力を高めるとともに、ハードプロペラシャフトやフロントにユニバーサルシャフトを採用するなどパワーロスをおさえた高効率な駆動系が、確実なタイムアップを約束します。また、サスペンションはアジャスタブルアッパーアームを採用してキャンバー角の調整が可能。さらにアッパーアームとダンパーは取り付け位置を変更することで微妙なセッティングが可能です。ステアリングはシャープな反応を生み出す3分割タイプ。ステアリングアームの軸受けにメタルを採用してガタをおさえるとともに、鋭いステアリングさばきに忠実に反応して、思うままのコーナリングラインをトレースできます。

【 基本スペック 】 ●全長=400mm ●全幅=249mm ●全高=187mm ●ホイールベース=270mm ●トレッドF=217mm/R=205mm ●最低地上高=32mm ●タイヤ幅/径=F82/32mm R82/41mm ●フレーム=2mm厚FRP製ダブルデッキ ●駆動方式=シャフトドライブフルタイム4WD ●デフギヤ=前後ともボールデフ ●ステアリング=3分割タイロッド式 ●サスペンション=4輪ダブルウィッシュボーン ●ギヤ比=8.59(標準)~11.27 ●モーター=RS540タイプ ●スピードコントローラー=ESC仕様

【 別にお求めいただくもの 】 ●RCメカ:エクスペックGT-I 、またはESC付き2チャンネルプロポ ●バッテリー:タミヤ7.2Vレーシングパック、または7.2Vアドバンスパック各種

スーパーアグリがテスト日程を発表

いよいよアグリが始動!!マシンカラーリングも早く見たいですー!!
F201で作ったるぞ!!(笑)

誕生したての新チーム、スーパーアグリが2006年シーズンに先駆けて行われるテストの概要を明らかにした。チームがシーズン序盤戦を戦うのは2002年型アロウズを改良したもの。

「SA05」と名付けられたこの2006チャレンジャーはバレンタインデーの14日に初テストをシルバーストーンで実施する。初テストは1日だけの予定だが、チームはその後バルセロナに移動し、2月21-23日と3日間テスト。その後は開幕戦バーレーンGPへの準備に入るという。

チームにとって本当のニューマシンとなる「SA06」はヨーロッパラウンドの開幕戦から導入される見込み。


予想カラーリング

55741.jpg

ミッドランド新車発表M16

イギリスのシルバーストーンで本日3日(金)、ミッドランド・グループの運営するミッドランドF1レーシング(MF1)が、2006年F1世界選手権を戦う新車“MF1 Toyota M16”を発表した。

グレー、赤、白で彩られたニューマシンは、56年におよぶF1世界選手権史上初のロシア国籍でエントリーされている。

「予定より1年早いF1参戦を決めたことで大変な時期もあったが、刺激的な期間だった」と、これまでの過程を振り返るマネージングディレクターのコリン・コレスは、「多くの試練を経験しつつも、明確なビジョンを持ち続け、チームは一歩ずつ、その目標を目指してきた」と語り、さらに、こう続けている。

「会社を再構築し、長期プランの最初のステージとして本社を改装した。M16はMF1が、すべてを懸けたマシンで、チームの揺るぎない意図が込められている。新車を作り上げるために多額の投資をしたが、プライベートチームがトップチームにチャレンジすることの重大さは心得ているつもりだ」

「この時期に、F1の将来を担う若いスタッフに対し、多くのチャンスを与えられたことは喜ばしいことだ。テクニカル・ディレクターのジェイムス・キーとM16を作り上げたエンジニアたちは、まさにF1の将来を担う人々だ。会社を挙げて取り組んだマシンは将来の基盤であり、これからも開発は続けられていく。2006年の目標は、2005年の素晴らしい信頼性を維持しながら、ライバルチームより安定した進歩を遂げることだ。今日の発表に至るまでサポートを続けてくれたテクニカルパートナーのトヨタとブリヂストンには心から感謝している」 55742.jpg

55743.jpg

55744.jpg

55746.jpg

55747.jpg

55748.jpg

55754.jpg

ルノーR26発進!!

 ルノーF1チームは、モナコにて2006年型マシンR26を正式に発表した。ルノーはこのマシンでダブルタイトル防衛を目指す。

 すでにR26は今月10日にヘレスでコースデビューを果たし、その後もテストが進められているが、この日ようやく正式発表の日を迎え、世界中から集まったメディアの前でお披露目された。
 ルノーF1のチーム代表、パトリック・フォールは、R26の発表に際し、次のようにコメントした。
「ルノーF1チームにとって、2006年のテーマは“継続”である。今年は、マネージメント陣にも、ドライバーラインナップにも、テクニカルチームにも変更はない。ビリー-シャティヨンとエンストンの両スタッフは、2006年にも安定したパフォーマンスを発揮できるよう、全力を尽くしてきた。パフォーマンス上の目標はただひとつ。シーズン終盤に世界選手権を争うポジションにいることだ」
「グリッドにつくどのチームもそうだが、2006年も(昨年同様)、成功できるかどうかは、どれだけうまく変化に適応できるかにかかってくる。新たなV8エンジンの導入によって、信頼性とパフォーマンスの微妙なバランスを見つけることが、より重要となってくる。2005年は、この点については我がチームはうまくやれたわけだが、これについてはテクニカルパートナーのエルフと共に取り組み、ここまでのところ、RS26の出来には非常に満足している。タイヤレギュレーションが再び改正されたために、ミシュランもまた新たなチャレンジに直面している。今年はミシュランにとってF1での最後の年となるわけだが、我々のテクニカルチームとより一層緊密な作業を行うことにより、勝利の年にすることができると確信している」
 今季、レースドライバーは、昨年のチャンピオン、フェルナンド・アロンソとジャンカルロ・フィジケラのラインナップを継続、サードドライバーにはヘイキ・コバライネンを起用している。アロンソはすでに2007年のマクラーレン移籍を決めており、ルノー最後の年となる今シーズン、タイトル連覇を狙う。
web_big23.jpg

web_big22.jpg

web_big21.jpg

プロフィール

ラジマニ

Author:ラジマニ
のんびりマイペースに綴っていくラジマニ(Razimn)のブログです。F1、鉄道が主です。

最近は年に1回の鈴鹿サーキット詣でを継続中。
鉄道では、東は北海道から西は九州まで、被写体を求めてあちらこちらに出かけています。


鉄道ブログランキングに参加してます!よかったらクリックお願いします!!→鉄道コム
人気blogランキングへ RC Maniax
FC2 Blog Rankingランキング参加中!!クリックよろしく!!

現在使用機材(すべてキヤノン)
IXY 32S
EOS Kiss X3
EOS 7D mark II

EF-S 18 - 55 mm F3.5 - 5.6 IS
EF-S 18 - 135mm F3.5 - 5.6 IS STM
EF-S 55 - 250 mm F4 - 5.6 IS
EF 70 - 200 mm F4L IS USM

EF 50 mm F1.8 II
EF 300 mm F4L IS USM
Extender EF1.4× II

当ブログの記事、画像の著作権は放棄していません.無断での利用、改ざん、複製などは行ってはいけません。

最近の記事
FC2ブログランキング
ぜひクリックをお願いします!!

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
ぶつぶつ・・・
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ユーザータグ

24系 DD51 EF65 381系 485系 トワイライトエクスプレス 115系 キハ40系 EF81 EF64 14系 103系 221系 223系 宝殿 183系 EF510 113系 EF66 DE10 サロンカーなにわ ED79 EF210 函館 山崎 くろしお 100系 キハ183系 北斗 683系 新大阪 曽根 札幌 789系 はまなす 681系 475系 北斗星 205系 北越 287系 白鳥 201系 青森 281系 四日市 東十条 カシオペア N700系 高岡 211系 12系 京都 E26系 姫路 105系 いなほ 413系 F1 岡山 207系 700系 清洲 583系 キハ261系 日本海 300系 富山 DE15 500系 225系 DF200 直江津 谷川 185系 あけぼの 油川 キハ40 広島 長岡京 五稜郭 117系 オホーツク 東富山 キハ283系 大阪 富田浜 はくたか 200系 新潟 キハ281系 E231系 E2系 須磨 こうのとり 283系 大宮 尾久 上野 189系 津軽宮田 E4系 加古川 下滝 あずさ 柏原 東室蘭 尼崎 本輪西 白浜 EH500 御着 E3系 熊谷 野田 鈴鹿 383系 向洋 水橋 島本 711系 黒山 くびき野 E351系 新倉敷 785系 しなの 南松本 EF200 茨木 C56 0系 キハ85系 E233系 新青森 キハ120系 敦賀 521系 EH200 大沼 倶利伽羅 321系 福山 701系 亀田 キハ150系 きたぐに ばんえつ物語 西明石 C57 EH800 福知山 相生 堺市 285系 山城 長鳥 富田 梁瀬 松本 平田 黒井 ED45 227系 枇杷島 カムイ 釜谷 稲沢 荻川 E127系 SLやまぐち 美袋 白石 和田山 塚本 名古屋 間島 引退 亀山 岐阜 E5系 春日山 塩浜 西川原 おおぞら サンダーバード 村上 赤プレ 網干 やくも 佐々木 つがる フェラーリ 福島 塩屋 E751系 下庄 733系 313系 EF67 苗穂 花園 とかち 石動 塚山 E257系 新津 平野 佐藤琢磨 文学少女 相模湖 三岐鉄道 暁学園前 高田 糸魚川 豊栄 郡山 甲府 セメント 大サロ 瀬戸 天神川 仁川 大津トンネル 八本松 キハ47 赤羽 後潟 上夜久野 ひめじ別所 藍本 鶴ヶ丘 天王寺 加古川線 西袋 余目 渡島当別 大麻 ドクターイエロー 津和野 会津若松 エアポート 倉敷 森ノ宮 米子 丹波竹田 泉沢 高槻 浅香 323系 市島 キハ11形 越中大門 キハ189系 米原 新山口 はまかぜ 芦屋 しらさぎ 今宮 145系  琴似 篠目 左堰 朝来 鶯谷 ラッピングトレイン 923形 東三条 根雨 長岡 C11 高尾 山家 綾部 三滝 きのさき 南紀 サンライズエクスプレス 上郡 出雲 上石見 生山 野田生 DD452 太平洋セメント キハ185系 春日井 池袋 金光臨 向日町 岩船町 岩見沢 415系 石生 87系 トワイライトエクスプレス瑞風 安芸長束 上野原 かいじ 脇野田 北新井 堅田 奥内 中沢 下夜久野 旧型客車 島内 竜野 島高松 キハ52系 新井口 渋谷 E259系 杉本町 E1系 山科 キハ120 上道 マイテ49 金沢 弁天町 宮原 ホンダ トロロッソ ブルーノ・セナ 新幹線 タミヤ 国鉄色 HOT7000系 のぞみ 原色 27号機 黒坂 新札幌 すずらん 山梨市 砂越 瀬辺地 蟹田 岸辺 呉羽 川部 東酒田 秋田 鶴岡 保内 久宝寺 南今庄 府屋 平林 河内堅上 高井田 キハ110 稲穂 721系 213系 奥出雲おろち 新宮 落部 船平山 510系 豊岡 須原 ことぶき  七飯 椿 玉柏 紀伊新庄 紀伊富田 ノロッコ 千歳 中津川 厚狭 富良野 徳島 横川 落合川 阿漕  倉本 登別 南部 和歌山 大桑 岩代 七重浜 荘原 柏崎 C62 鹿討 津軽新城 芦原橋 三田 馬堀 こだま くずりゅう 桑園 上八木 中島 キハE120系 はまかいじ 289系 撫牛子 ニセコ 中富良野 宗谷 キハ110系 交通科学博物館 旭山動物園 鯨波 堂島 広田 苫小牧 大歳 キハ181 摂津富田 有年 土崎 越後石山 長門峡 川棚温泉 江・浅井三姉妹博覧会 勝木 大津京 千里丘 回送 上狛 甲種輸送 土岐市 吉塚 ワム 妙高 あつみ温泉 小岩川 早通 新神戸 ヘッドマーク ノスタルジー 桜木町 東神奈川 酒田 青森車両センター 東高島 東淀川 鍋倉 仁山 梅小路 津山 大月 フォーミュラチャレンジ・ジャパン 四方津 ノースレインボーエクスプレス 大安寺 KE65 苗穂工場 勝沼ぶどう郷 ひかり 金手 札幌運転所 みまさかスローライフ 徳佐 福知山線 柏矢町 豊科 紀伊浦上 大久保 紀伊田原 猿橋 田端 明石 下里 湯川 武蔵浦和 HK100 DD511 英賀保 253系  紀伊勝浦 上菅 HD300 あいづ 瀬野 アイランドエクスプレス四国II 豊浦 SAF1 西条 121系 2000系 津幡 天空の城竹田城跡号 保々 キハ85 梶屋敷 牧山 谷浜 古座 311系 中庄 串本 紀伊田辺 相野 朝里 西中 安治川口 札苅 湯ノ峠 ひだ 小樽築港 キハ183 茂辺地 オヤ31 HB-E300系 青海 上磯 西高岡 伯耆溝口 ラベンダー畑 学田 東京 サンライナー E655系 C58 E129系 備中広瀬 橋本紡 半分の月がのぼる空 山本ケイジ 新白島 キハ28系 あかつき 貴生川 長坂 肥前竜王 肥前白石 備後落合 渡川 みどり湖 手原 小淵沢 三里 甘地 E353系 魚住 フライアッシュ 丹生川 福崎 仁豊野 甲西 三雲 立川 石部 鳥沢 香呂 朝霧 さよなら運転 三縄 備前一宮 八鹿 横浜 熱海 金川 KTR8000 南与野 行田 出雲市 庭瀬 三軒茶屋 法界院 亀岡 備前原 西日暮里 国府 M250 西脇市 江原 西諫早 長居 直江  南風 十条 篠山口 出雲三成 みの 油木 出雲坂根 詫間 出雲八代 木次 我孫子 我孫子町 西浦和 祖谷口 三国ヶ丘 幡屋 加茂中 宍道 しまんと 日本GP 広野 新三田 長船 玄武洞 岩美 香住 大多喜 アニメ F103 RC F1 新下関 涼宮ハルヒ F60 大岩 湖山 上野動物園 零戦 大山口 だいせん 安芸阿賀 新広 名和 キハ187系 松崎 鳥取大学前 キハ181系  まつかぜ F1撤退 920IS 富士スピードウェイ ライコネン 土佐一宮 薊野 FIA トヨタ クビサ アロンソ 塩入 久々原 黒川 F1モデリング 土佐北川 大杉 上総東 鈴木亜久里 大原 レッドブル 総元 西畑 IXY RC BMWザウバー マクラーレン F2008K フォースインディア KERS ウィリアムズ 2009年  雷鳥 讃岐白鳥 二軒屋 引田 うずしお 佐古 N2000系 キハ189 8000系 鴨川 ムド 讃岐府中 サンポート 7200系 いしづち 蔵本 剣山 臨時 神埼 伊賀屋 肥前長田 喜々津 湯江 赤穂 池谷 文化の森 地蔵橋 播但線 廃止 勝瑞 知和 青プレ 坂下 多治見 野尻 上松 京橋 木曽福島 2600系 解体 仁方 川原石  瀬戸内マリンビュー 姫路貨物 K53編成 大阪城公園 西九条 8866レ サンライズ出雲 クモヤ443系 美作滝尾 美作加茂 三浦 サインライズ瀬戸 矢原 仁保 上郷 青野山 地福 MRT300形 シキ 北長瀬 駒形 キヤ143系 シティライナー フルーティア 719系 早島 DD15 伊勢崎 あすか 六十谷 日本海縦貫線号 紀伊中ノ島 西広島 東長原 喜多方 山都 大釈迦 鶴ヶ坂 北常盤 ブナ 郷沢 吉田 東新津 筒井 徳沢 上野尻 津川 三川 新関 紀伊日置 函館市電 塩山 備中高松 E351系 レールスター 中山 木古内 下関 EF510 おはよう信越 さつき野 来迎寺 黒井村 宮内 越後広田 菊名 R32 E6系 はやぶさ 上野芝 熊取 周参見 芳養 仙台 桔梗 209系 キハ261 矢野口 稲城長沼 キハ56系 C51 清音 東成岩 高津 半田埠頭 衣浦臨海鉄道 KTR8000形 一身田 石原 氷見 踊り子 251系 田町 川口 島尾 みのり はしだて みえ 新疋田 豊前松江 jはやぶさ くまげら 田沢 矢賀 椎田 小倉 竹田 キハ75形 田村 余呉 木之本 E721系 ゆう 札幌貨物ターミナル 平和 新見 江尾 キハ141系 岸本 石蟹 マヤ34 木野山 豪渓 方谷 井倉 サロベツ 美々 日羽 近江八幡 651系 キヤ95系 西国分寺 EF510 風っこ キハ122形 箕島 朝日 はるか キヤ141系 尾鷲 宇久井 紀伊宮原 虎姫 長浜 高島 中秋の名月 茂尻 瀬野八 鶴ケ丘 芦原橋駅  吹田 キヤ97系 南千歳 旭山動物園号 フラノラベンダーエクスプレス 上富良野 ななつ星in九州 赤平 鷲別 桂川 広島車両所 北長岡 DD51 宮島口 阿品 DF50 DD13 151系 王寺 181系 D51 キハ80 西河原 陣屋町 静狩 長万部 礼文 大岸 西武30000系 広島電鉄 鷲ノ巣 MLRV1000 蘭島 ポルシェカレラカップジャパン 豊幌 江別 手稲 能生 洞爺 大曽根 川西池田 函館運輸所 北千住 70-000形 新宿 安中貨物 ながまれ号 北広島 崎守 新守山 黄金 長都 千種 加茂 マリンビュー 恵那 美乃坂本 新今宮 ニコニコ超会議号 羽前大山 羽前水沢 8600系 ヨ8000 101系 越後川口 岩本 津久田 コキ72 瑞浪 仁賀保 武並 南鳥海 さくら夙川 遊佐 鼠ヶ関 入野 河内 梅林 123系 こまち カンセンジャー 四ツ小屋 女鹿 吹浦 いせ 小千谷 新潟貨物ターミナル 長門二見 滝部 阿川 玉江 長門粟野 宇賀本郷 湯玉 工臨 海田市 吉見 梅ヶ峠 小串 焼島 上沼垂 東港 須佐 ND552 ND60 越後早川 勝川 宇田郷 白山 三見 とき E653系 にちりん 西小倉 塩尻 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
カレンダー
01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード