無料

Photo-diary razimn 2005年10月

これがその新規則ウイング

98310FIA.jpg

なかなか不恰好なウイングです(笑)
スポンサーサイト

タイヤ交換復活!!

たった1年でタイヤ交換は復活するそうです。
これでまたフェラーリが強くなるぞう!!
F1委員会が行われ、来季以降に向けた規則変更パッケージについて話し合われた。来季は“ノックアウト”予選方式が導入され、タイヤ交換が復活、2008年に向けては、革新的な“ダブルリヤウイング”、スリックタイヤの復活が提案された。2008年の新ルール案は、前倒しにされて2007年に導入される可能性もある。
 grandprix.comによると、F1委員会は、FIAがオーバーテイクチャンスを増やす目的で提案した革新的なウイングのコンセプトは理に適っているという点で同意に達し、2008年の採用に向け、検討される可能性が出てきたという。
 さらに2008年には、より幅広のスリックタイヤが復活し、タイヤサプライヤーは1社に絞られることになりそうだ。ただし、サプライヤーに関してはまだ問題が解決しておらず、変更される可能性もある。
 スリックタイヤの復活と、レースで1セット以上のタイヤを使用できるといった案は、採用される見込みが高いだろう。タイヤ交換に関しては、来季には復活し、1セットタイヤルールはたった1年で廃止されることになりそうだ。チームは週末を通して、タイヤ7セット(あるいは28本)までの使用に制限されるとみられる。2.4リッターV8エンジンの導入により十分にスピードが落とせるとFIAが考えたことが、タイヤ交換復活に一役買うことになるだろう。
 チームは新ルールパッケージを1年前倒しにして2007年に導入する可能性についても話し合っている。

さちさんのブログをリンクに追加しました。これからもよろしく御願いいたします。!!

いったい・・・・・

田宮の新製品に モールドインナーハード(26mm幅用)とソフトがあありましたが、いったいなぜ今頃発売なのでしょう??もうすでにモールドインナーは2種類発売されているし、いまさらねー・・・・というきがします

新しいミニ4駆??

新しいミニ4駆成るものが、タミヤから発表されました。
かなり変わった形をしていて、以前遊んだことがある私にとっては興味をそそられます。
TAMIYA.jpg


画像が小さくてすんません・・・・
06_thumb.jpg

F201にどっぷり

F201は楽しいです!
今回はフェラーリのボディですが、つぎはBARで行こうかなと思っております。

旧ブログから、記事の移植をしていきます

20051007143210s2.jpg

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

中国GP決勝結果

ミハエルらしからぬスピン、琢磨のギヤボックス
去年とはまったく正反対の様子です
決勝結果 . .
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位
1 5 F.アロンソ ルノー 1:39'53.618 56 183.234 1
2 9 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス 1:39'57.633 56 183.111 2
3 17 R.シューマッハ トヨタ 1:40'18.994 56 182.461 2
4 6 G.フィジケラ ルノー 1:40'19.732 56 182.439 2
5 15 C.クリエン レッドブル 1:40'25.457 56 182.266 3
6 12 F.マッサ ザウバー 1:40'30.018 56 182.128 3
7 7 M.ウェーバー ウィリアムズBMW 1:40'30.460 56 182.115 6
8 3 J.バトン B・A・R Honda 1:40'34.867 56 181.982 5
9 14 D.クルサード レッドブル 1:40'37.865 56 181.891 6
10 11 J.ビルヌーブ ザウバー 1:40'53.595 56 181.419 10
11 18 T.モンテイロ ジョーダン 1:41'18.266 56 180.682 10
12 2 R.バリチェッロ フェラーリ 1:41'26.430 56 180.440 4
13 8 A.ピッツォ二ア ウィリアムズBMW 1:39'23.847 55 180.858 9
14 20 R.ドーンボス ミナルディ 1:39'53.277 55 179.970 13
15 16 J.トゥルーリ トヨタ 1:40'56.442 55 178.093 10
16 21 C.アルバース ミナルディ 1:35'36.880 51 174.331 16
  4 佐藤琢磨 B・A・R Honda ギアボックス 34 169.938 8
  19 N.カーティケヤン ジョーダン アクシデント 28 179.831 13
  10 J-P.モントーヤ マクラーレン・メルセデス エンジン 24 175.966 4
  1 M.シューマッハ フェラーリ スピン 22 184.645 10
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位


セッションレポート . .
10月16日(日)
晴れ/ドライコンディション
 
 中国GP決勝は、思いもよらない展開で幕を開ける。レコノサンスラップ(グリッドに並ぶためのアウトラップ)で、ミハエル・シューマッハ(フェラーリ)とクリスチャン・アルバース(ミナルディ)が接触。両者のマシンは激しく壊れたため、スペアカーを使用することになり、ピットスタートを余儀なくされる。なおこの接触事故は、レース後審議されることになった。
 
 F1最終戦の舞台となる上海インターナショナル・サーキットは、昨日に続き快晴。気温25℃、路面温度28℃のコンディションの中、午後2時(日本時間午後3時)、決勝がスタート。ポールポジションのフェルナンド・アロンソ(ルノー)が素晴らしいスタートを決め、トップで1コーナーへ。3番グリッドのキミ・ライッコネン(マクラーレン・メルセデス)も好スタートを切り、2番グリッドのジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)に並びかけるが、イン側にいたG.フィジケラがポジションをキープしたため、ルノーが1-2体制のまま、1コーナーをクリアしていく。
 
 4番グリッドからのスタートとなったジェンソン・バトン(B・A・R Honda)は、やや遅れ、ファン-パブロ.モントーヤ(マクラーレン・メルセデス)に交わされ、ポジションを落としてしまう。その後方、佐藤琢磨(B・A・R Honda)が17番グリッドから素晴らしいスタートダッシュを見せたかに思われたが、ジャンプスタートの裁定が下され、佐藤はドライブスルー・ペナルティを受けることになる。そのため最後尾まで順位を落とす苦しい展開となる。
 
 トップのF.アロンソは、ファステストラップを連発し、2番手以下を大きく引き離しに掛かる。コンストラクターズ・タイトル獲得のために、ルノーの前に出たいマクラーレン・メルセデスだったが、K.ライッコネンとJ-P.モントーヤは、G.フィジケラにブロックされてしまいF.アロンソは独走態勢を築く。
 
 18周目、4番手走行のJ-P.モントーヤが、なんらかの事情で飛び出てしまった排水溝の蓋を踏むというアクシデントに見舞われる。このアクシデントでJ-P.モントーヤは、左フロントタイヤ交換のため、緊急ピットインを余儀なくされる。タイヤ交換の際は給油ができないため、再びピットインをしなければならないJ-P.モントーヤは大きく順位を落とす。
 
 J-P.モントーヤのアクシデントにより、異物の排除とコースのチェックのためセーフティカーが出動。セーフティカーの出動により、各ドライバーは続々と1回目のピットストップを実施。このピットストップで、G.フィジケラを交わしておきたかったK.ライッコネンだが、G.フィジケラの方が静止時間が短く、ポジションを上げることができない。22周目、10番手までポジションを上げていたM.シューマッハだったが、セーフティカー走行中にスピンし、なんとコースオフ。コースに復帰できずリタイアに終わる。
 
 24周目にリ・スタート。しかしJ-P.モントーヤはピットインし、そのままガレージに入る。タイヤだけではなくサスペンションも傷めてしまったようで、そのままリタイアに終わる。コンストラクターズ・タイトルを賭け戦うマクラーレン・メルセデスにとっては、あまりにも痛いリタイアとなってしまう。
 
 セーフティカーの導入により、アドバンテージをなくしてしまったF.アロンソだが、リ・スタート後も快調で、2番手のチームメイトG.フィジケラを引き離す。しかし、29周目、ジョーダンのナレイン・カーティケヤンが大クラッシュを喫し、マシンの撤去のため再びセーフティカーが導入される。これより、F.アロンソ、G.フィジケラ、K.ライッコネンをはじめ、ほとんどのドライバーが2度目のピットストップを実施。このピットストップで、K.ライッコネンは、G.フィジケラを交わすことに成功し、ポジションをアップさせる。
 
 なおラルフ・シューマッハ(トヨタ)、フェリペ・マッサ(ザウバー)、クルスチャン・クリエン(レッドブル)、佐藤はピットに入らずそのまま周回したため、トップF.アロンソで、以下、R.シューマッハ、F.マッサ、C.クリエン、K.ライッコネン、G.フィジケラと大きく順位が変動する。レースは34周目にリ・スタート。8番手までポジションをアップした佐藤だったが、ギアボックスのトラブルに見舞われ突然マシンがスローダウン。B・A・R Hondaでの最後のレースは残念ながらリタイアに終わる。
 
 第2スティントを長めにとったF.マッサ(44周目)、C.クリエン(45周目)、R.シューマッハ(47周目)がピットインをしたため、再び順位が入れ替わる。トップは依然としてF.アロンソ、2位K.ライッコネン、3位G.フィジケラ、4位R.シューマッハの順で終盤戦を迎える。ところが、49周目、G.フィジケラにドライブスルー・ペナルティの裁定が下る。2度目のセーフティカー導入でピットインする際、G.フィジケラはピットレーンで意図的にペースを落とし、K.ライッコネンやR.バリチェッロを塞いだ行為が、レギュレーション違反となったからだ。ペナルティによりポジションをなるべく落としたくないG.フィジケラは、ギリギリまでプッシュし、49周目にドライブスルー・ペナルティを受ける。この結果、R.シューマッハに交わされてしまうが、C.クリエンの前に出ることには成功する。
 
 レースも残り5周を切ったところで、2位のK.ライッコネンがファステストラップを連発し、トップのF.アロンソにプレッシャーをかける。K.ライッコネンは4秒差まで追い詰めるが、F.アロンソが逃げ切りチェッカー。F.アロンソの勝利により、ルノーのコンストラクターズ・タイトルが決定した。
 
 3位はR.シューマッハが入り、トヨタは最終戦で有終の美を飾った。4位はG.フィジケラで、以下、C.クリエン、F.マッサ、マーク・ウェーバー(BMWウィリアムズ)、J.バトンというトップ8位だった。
 
 この結果により、ルノーはドライバーズ・タイトルに続き、オール・ルノー体制では初のコンストラクターズ・タイトルも獲得した。

ミハエルが引退??

ミハエル・シューマッハーのマネージャー、ウィリー・ウェーバーは、7度F1世界チャンピオンに輝いたミハエルは2008年シーズン末まで現役を続けるかもしれないと述べた。
 すでにグリッド上で最年長のドライバーであるミハエルの現在のフェラーリとの契約は来季末で終了するため、その後、彼はマクラーレン・メルセデスへ移籍し、代わりにキミ・ライコネンがフェラーリ入りするとのウワサもある。
 だが、ドイツのシュツットガルター・ナハリヒテン紙に対し、ウェーバーはミハエルがフェラーリを去ってライバルチームのひとつへ移る可能性を改めて否定した。
「現時点ではその可能性はないと断言できる。まったくメリットがないからだ。まず第一に、ミハエルはフェラーリの一員であることに完全に満足している。そして第二に、マーケティング面でも、彼にとってはメルセデスよりもフェラーリに所属している方が有利だろう。メルセデスはラグジュアリーカーの象徴であるのに対し、フェラーリは純粋なスポーツカーだからね。ドライバーのイメージとしてはフェラーリの方がずっといい」
 さらに、現在の契約が終了した時点でミハエルが現役を引退するとのウワサについて、ウェーバーはまだミハエル自身が第一線を退くべき時期が来たとは感じていないと述べた。
「確信を持って言えるわけではないが、おそらく2008年末が彼にとっての潮時になると思う。だが私の予想は間違っている可能性もある」

日本GP決勝結果

琢磨はスタート直後の接触で、完走したが、成績抹消になりました。

決勝結果 . .
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位
1 9 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス 1:29'02.212 53 207.266 1
2 6 G.フィジケラ ルノー 1:29'03.845 53 207.203 1
3 5 F.アロンソ ルノー 1:29'19.668 53 206.591 3
4 7 M.ウェーバー ウィリアムズBMW 1:29'24.486 53 206.406 2
5 3 J.バトン B・A・R Honda 1:29'31.719 53 206.128 1
6 14 D.クルサード レッドブル 1:29'33.813 53 206.047 1
7 1 M.シューマッハ フェラーリ 1:29'36.091 53 205.960 1
8 17 R.シューマッハ トヨタ 1:29'51.760 53 205.362 1
9 15 C.クリエン レッドブル 1:29'54.137 53 205.271 6
10 12 F.マッサ ザウバー 1:29'59.721 53 205.059 9
11 2 R.バリチェッロ フェラーリ 1:30'02.845 53 204.940 10
12 11 J.ビルヌーブ ザウバー 1:30'25.433 53 204.087 8
13 18 T.モンテイロ ジョーダン 1:30'41.749 52 199.633 12
14 20 R.ドーンボス ミナルディ 1:29'13.775 51 199.009 14
15 19 N.カーティケヤン ジョーダン 1:29'51.967 51 197.599 12
16 21 C.アルバース ミナルディ 1:29'19.802 49 190.985 12
  8 A.ピッツォ二ア ウィリアムズBMW スピン 9 156.764 10
  16 J.トゥルーリ トヨタ アクシデント 9 155.917 17
  10 J-P.モントーヤ マクラーレン・メルセデス アクシデント 0 0.000 -
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位

ミニ4駆????

今日タミヤのページを見ると( http://www.tamiya.com/japan/mini4wd/index.htm )ミニ4駆を超えるミニ4駆ってありました??
一体なんのことだろう・・・
まあ楽しみだ-

ホンダがBARを完全買収、佐藤琢磨はホンダエンジンの新チーム

ほんと良かったです!!

F1日本GP(鈴鹿・9日決勝)を目前に控えた4日、佐藤琢磨(28)=BARホンダ=が来季から新規参入チームに移籍する形でF1に残留することが濃厚となった。ホンダはこの日、新規チームの参戦が決まればエンジンを供給すると発表。佐藤もこのチームからオファーを受けていることを明かした。ホンダはさらに、BARの株式を年内に全株取得し、来季は38年ぶりに単独チームで参戦することも決定。佐藤とともに新たな門出を迎える。

 ジョーダン・トヨタからの誘いもあるだけに佐藤は「シートの空いているすべてのチームと交渉は続けている」と話すが、それでも新チームは「一番可能性を秘めていて期待感が大きい」と最有力であることは間違いない。

 昨季は初の表彰台も経験した佐藤だが、今季は8位入賞が1度だけの不振続き。BARホンダが来季はジェンソン・バトン(英国)とフェラーリから加入するルーベンス・バリチェロ(ブラジル)の起用を決定し、シート喪失が決まっていた。

 「残念だったがF1で戦っていく決意に変わりはなかった」と佐藤。F1から日本人ドライバーがいなくなってしまう不安を吹き飛ばして日本GPへ。「今はBARのドライバーとして鈴鹿に集中したい」鈴鹿と最終戦・中国(16日)の好成績を手土産に、新たな挑戦を開始する。(小尾 幸輔)

 ◆佐藤 琢磨(さとう・たくま)1977年1月26日、東京・新宿区生まれ。28歳。早大時代は自転車選手として活躍。97年に鈴鹿レーシングスクール・フォーミュラ(SRS―F)を首席で卒業し、翌年に渡英。2000年から英国F3選手権に本格参戦、01年日本人初の同シリーズ王者となった。02年にジョーダン・ホンダからF1デビューし、日本人では7人目のフル参戦ドライバーに。昨年6月の米国GPでは3位となった。163センチ、60キロ。
 
◆ホンダ38年ぶり単独チーム

 ホンダ・フルワークス復活が決まった。ホンダはこの日の会見で、BARホンダの運営会社を傘下に持つBARホールディングス(英国)の株式を全額取得し、来季からホンダ単独チームとして参戦すると発表した。

 ホンダは今年1月に同社株の45%を取得し、資本参加していた。さらに、共同オーナーのブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)が持つ残り55%の株を年内に買い取ることで合意した。

 ホンダは2000年にBARと車体の共同開発を含むエンジン供給契約を締結。規制によりBATのたばこ広告が07年から全面禁止になることを受け、同社が手放すことになった株式をホンダがすべて買い取ることになった。本拠地は引き続き英国に構え、現体制も継続。チーム名は未定だという。

 同社の大島裕志モータースポーツ部担当執行役員は「チャンピオンシップ獲得に向け、チーム一丸になって取り組んでいく」と表明。ホンダはF1活動第1期、1968年以来38年ぶりのフルワークス復活で再び頂点に挑む。
プロフィール

ラジマニ

Author:ラジマニ
のんびりマイペースに綴っていくラジマニ(Razimn)のブログです。F1、鉄道が主です。

最近は年に1回の鈴鹿サーキット詣でを継続中。
鉄道では、東は北海道から西は九州まで、被写体を求めてあちらこちらに出かけています。


鉄道ブログランキングに参加してます!よかったらクリックお願いします!!→鉄道コム
人気blogランキングへ RC Maniax
FC2 Blog Rankingランキング参加中!!クリックよろしく!!

現在使用機材(すべてキヤノン)
IXY 32S
EOS Kiss X3
EOS 7D mark II

EF-S 18 - 55 mm F3.5 - 5.6 IS
EF-S 18 - 135mm F3.5 - 5.6 IS STM
EF-S 55 - 250 mm F4 - 5.6 IS
EF 70 - 200 mm F4L IS USM

EF 50 mm F1.8 II
EF 300 mm F4L IS USM
Extender EF1.4× II

当ブログの記事、画像の著作権は放棄していません.無断での利用、改ざん、複製などは行ってはいけません。

最近の記事
FC2ブログランキング
ぜひクリックをお願いします!!

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
ぶつぶつ・・・
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ユーザータグ

24系 DD51 EF65 381系 485系 トワイライトエクスプレス 115系 キハ40系 EF81 EF64 14系 103系 221系 223系 宝殿 183系 EF510 113系 EF66 DE10 サロンカーなにわ ED79 EF210 函館 山崎 くろしお 100系 キハ183系 北斗 683系 新大阪 曽根 札幌 789系 はまなす 681系 475系 北斗星 205系 北越 287系 白鳥 201系 青森 281系 四日市 東十条 カシオペア N700系 高岡 211系 12系 京都 E26系 姫路 105系 いなほ 413系 F1 岡山 207系 700系 清洲 583系 キハ261系 日本海 300系 富山 DE15 500系 225系 DF200 直江津 谷川 185系 あけぼの 油川 キハ40 広島 長岡京 五稜郭 117系 オホーツク 東富山 キハ283系 大阪 富田浜 はくたか 200系 新潟 キハ281系 E231系 E2系 須磨 こうのとり 283系 大宮 尾久 上野 189系 津軽宮田 E4系 加古川 下滝 あずさ 柏原 東室蘭 尼崎 本輪西 白浜 EH500 御着 E3系 熊谷 野田 鈴鹿 383系 向洋 水橋 島本 711系 黒山 くびき野 E351系 新倉敷 785系 しなの 南松本 EF200 茨木 C56 0系 キハ85系 E233系 新青森 キハ120系 敦賀 521系 EH200 大沼 倶利伽羅 321系 福山 701系 亀田 キハ150系 きたぐに ばんえつ物語 西明石 C57 EH800 福知山 相生 堺市 285系 山城 長鳥 富田 梁瀬 松本 平田 黒井 ED45 227系 枇杷島 カムイ 釜谷 稲沢 荻川 E127系 SLやまぐち 美袋 白石 和田山 塚本 名古屋 間島 引退 亀山 岐阜 E5系 春日山 塩浜 西川原 おおぞら サンダーバード 村上 赤プレ 網干 やくも 佐々木 つがる フェラーリ 福島 塩屋 E751系 下庄 733系 313系 EF67 苗穂 花園 とかち 石動 塚山 E257系 新津 平野 佐藤琢磨 文学少女 相模湖 三岐鉄道 暁学園前 高田 糸魚川 豊栄 郡山 甲府 セメント 大サロ 瀬戸 天神川 仁川 大津トンネル 八本松 キハ47 赤羽 後潟 上夜久野 ひめじ別所 藍本 鶴ヶ丘 天王寺 加古川線 西袋 余目 渡島当別 大麻 ドクターイエロー 津和野 会津若松 エアポート 倉敷 森ノ宮 米子 丹波竹田 泉沢 高槻 浅香 323系 市島 キハ11形 越中大門 キハ189系 米原 新山口 はまかぜ 芦屋 しらさぎ 今宮 145系  琴似 篠目 左堰 朝来 鶯谷 ラッピングトレイン 923形 東三条 根雨 長岡 C11 高尾 山家 綾部 三滝 きのさき 南紀 サンライズエクスプレス 上郡 出雲 上石見 生山 野田生 DD452 太平洋セメント キハ185系 春日井 池袋 金光臨 向日町 岩船町 岩見沢 415系 石生 87系 トワイライトエクスプレス瑞風 安芸長束 上野原 かいじ 脇野田 北新井 堅田 奥内 中沢 下夜久野 旧型客車 島内 竜野 島高松 キハ52系 新井口 渋谷 E259系 杉本町 E1系 山科 キハ120 上道 マイテ49 金沢 弁天町 宮原 ホンダ トロロッソ ブルーノ・セナ 新幹線 タミヤ 国鉄色 HOT7000系 のぞみ 原色 27号機 黒坂 新札幌 すずらん 山梨市 砂越 瀬辺地 蟹田 岸辺 呉羽 川部 東酒田 秋田 鶴岡 保内 久宝寺 南今庄 府屋 平林 河内堅上 高井田 キハ110 稲穂 721系 213系 奥出雲おろち 新宮 落部 船平山 510系 豊岡 須原 ことぶき  七飯 椿 玉柏 紀伊新庄 紀伊富田 ノロッコ 千歳 中津川 厚狭 富良野 徳島 横川 落合川 阿漕  倉本 登別 南部 和歌山 大桑 岩代 七重浜 荘原 柏崎 C62 鹿討 津軽新城 芦原橋 三田 馬堀 こだま くずりゅう 桑園 上八木 中島 キハE120系 はまかいじ 289系 撫牛子 ニセコ 中富良野 宗谷 キハ110系 交通科学博物館 旭山動物園 鯨波 堂島 広田 苫小牧 大歳 キハ181 摂津富田 有年 土崎 越後石山 長門峡 川棚温泉 江・浅井三姉妹博覧会 勝木 大津京 千里丘 回送 上狛 甲種輸送 土岐市 吉塚 ワム 妙高 あつみ温泉 小岩川 早通 新神戸 ヘッドマーク ノスタルジー 桜木町 東神奈川 酒田 青森車両センター 東高島 東淀川 鍋倉 仁山 梅小路 津山 大月 フォーミュラチャレンジ・ジャパン 四方津 ノースレインボーエクスプレス 大安寺 KE65 苗穂工場 勝沼ぶどう郷 ひかり 金手 札幌運転所 みまさかスローライフ 徳佐 福知山線 柏矢町 豊科 紀伊浦上 大久保 紀伊田原 猿橋 田端 明石 下里 湯川 武蔵浦和 HK100 DD511 英賀保 253系  紀伊勝浦 上菅 HD300 あいづ 瀬野 アイランドエクスプレス四国II 豊浦 SAF1 西条 121系 2000系 津幡 天空の城竹田城跡号 保々 キハ85 梶屋敷 牧山 谷浜 古座 311系 中庄 串本 紀伊田辺 相野 朝里 西中 安治川口 札苅 湯ノ峠 ひだ 小樽築港 キハ183 茂辺地 オヤ31 HB-E300系 青海 上磯 西高岡 伯耆溝口 ラベンダー畑 学田 東京 サンライナー E655系 C58 E129系 備中広瀬 橋本紡 半分の月がのぼる空 山本ケイジ 新白島 キハ28系 あかつき 貴生川 長坂 肥前竜王 肥前白石 備後落合 渡川 みどり湖 手原 小淵沢 三里 甘地 E353系 魚住 フライアッシュ 丹生川 福崎 仁豊野 甲西 三雲 立川 石部 鳥沢 香呂 朝霧 さよなら運転 三縄 備前一宮 八鹿 横浜 熱海 金川 KTR8000 南与野 行田 出雲市 庭瀬 三軒茶屋 法界院 亀岡 備前原 西日暮里 国府 M250 西脇市 江原 西諫早 長居 直江  南風 十条 篠山口 出雲三成 みの 油木 出雲坂根 詫間 出雲八代 木次 我孫子 我孫子町 西浦和 祖谷口 三国ヶ丘 幡屋 加茂中 宍道 しまんと 日本GP 広野 新三田 長船 玄武洞 岩美 香住 大多喜 アニメ F103 RC F1 新下関 涼宮ハルヒ F60 大岩 湖山 上野動物園 零戦 大山口 だいせん 安芸阿賀 新広 名和 キハ187系 松崎 鳥取大学前 キハ181系  まつかぜ F1撤退 920IS 富士スピードウェイ ライコネン 土佐一宮 薊野 FIA トヨタ クビサ アロンソ 塩入 久々原 黒川 F1モデリング 土佐北川 大杉 上総東 鈴木亜久里 大原 レッドブル 総元 西畑 IXY RC BMWザウバー マクラーレン F2008K フォースインディア KERS ウィリアムズ 2009年  雷鳥 讃岐白鳥 二軒屋 引田 うずしお 佐古 N2000系 キハ189 8000系 鴨川 ムド 讃岐府中 サンポート 7200系 いしづち 蔵本 剣山 臨時 神埼 伊賀屋 肥前長田 喜々津 湯江 赤穂 池谷 文化の森 地蔵橋 播但線 廃止 勝瑞 知和 青プレ 坂下 多治見 野尻 上松 京橋 木曽福島 2600系 解体 仁方 川原石  瀬戸内マリンビュー 姫路貨物 K53編成 大阪城公園 西九条 8866レ サンライズ出雲 クモヤ443系 美作滝尾 美作加茂 三浦 サインライズ瀬戸 矢原 仁保 上郷 青野山 地福 MRT300形 シキ 北長瀬 駒形 キヤ143系 シティライナー フルーティア 719系 早島 DD15 伊勢崎 あすか 六十谷 日本海縦貫線号 紀伊中ノ島 西広島 東長原 喜多方 山都 大釈迦 鶴ヶ坂 北常盤 ブナ 郷沢 吉田 東新津 筒井 徳沢 上野尻 津川 三川 新関 紀伊日置 函館市電 塩山 備中高松 E351系 レールスター 中山 木古内 下関 EF510 おはよう信越 さつき野 来迎寺 黒井村 宮内 越後広田 菊名 R32 E6系 はやぶさ 上野芝 熊取 周参見 芳養 仙台 桔梗 209系 キハ261 矢野口 稲城長沼 キハ56系 C51 清音 東成岩 高津 半田埠頭 衣浦臨海鉄道 KTR8000形 一身田 石原 氷見 踊り子 251系 田町 川口 島尾 みのり はしだて みえ 新疋田 豊前松江 jはやぶさ くまげら 田沢 矢賀 椎田 小倉 竹田 キハ75形 田村 余呉 木之本 E721系 ゆう 札幌貨物ターミナル 平和 新見 江尾 キハ141系 岸本 石蟹 マヤ34 木野山 豪渓 方谷 井倉 サロベツ 美々 日羽 近江八幡 651系 キヤ95系 西国分寺 EF510 風っこ キハ122形 箕島 朝日 はるか キヤ141系 尾鷲 宇久井 紀伊宮原 虎姫 長浜 高島 中秋の名月 茂尻 瀬野八 鶴ケ丘 芦原橋駅  吹田 キヤ97系 南千歳 旭山動物園号 フラノラベンダーエクスプレス 上富良野 ななつ星in九州 赤平 鷲別 桂川 広島車両所 北長岡 DD51 宮島口 阿品 DF50 DD13 151系 王寺 181系 D51 キハ80 西河原 陣屋町 静狩 長万部 礼文 大岸 西武30000系 広島電鉄 鷲ノ巣 MLRV1000 蘭島 ポルシェカレラカップジャパン 豊幌 江別 手稲 能生 洞爺 大曽根 川西池田 函館運輸所 北千住 70-000形 新宿 安中貨物 ながまれ号 北広島 崎守 新守山 黄金 長都 千種 加茂 マリンビュー 恵那 美乃坂本 新今宮 ニコニコ超会議号 羽前大山 羽前水沢 8600系 ヨ8000 101系 越後川口 岩本 津久田 コキ72 瑞浪 仁賀保 武並 南鳥海 さくら夙川 遊佐 鼠ヶ関 入野 河内 梅林 123系 こまち カンセンジャー 四ツ小屋 女鹿 吹浦 いせ 小千谷 新潟貨物ターミナル 長門二見 滝部 阿川 玉江 長門粟野 宇賀本郷 湯玉 工臨 海田市 吉見 梅ヶ峠 小串 焼島 上沼垂 東港 須佐 ND552 ND60 越後早川 勝川 宇田郷 白山 三見 とき E653系 にちりん 西小倉 塩尻 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
カレンダー
09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード