無料

Photo-diary razimn 2005年09月
FC2ブログ

フェラーリF2004完成

とりあえずF201のボディ、F2004が完成しました
ただ、カラーリングのみでなぜかハイノーズです(笑)
スポンサーサイト



ブラジルGP決勝結果

琢磨はミッドランドとも話し合いをしているようです
ついにマクラーレンがルノーをかわして1位になりました(コンストラクターズ)

順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位
1 10 J-P.モントーヤ マクラーレン・メルセデス 1:29'20.574 71 205.439 1
2 9 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス 1:29'23.101 71 205.342 1
3 5 F.アロンソ ルノー 1:29'45.414 71 204.491 1
4 1 M.シューマッハ フェラーリ 1:29'56.242 71 204.081 3
5 6 G.フィジケラ ルノー 1:30'00.792 71 203.909 3
6 2 R.バリチェッロ フェラーリ 1:30'29.747 71 202.822 6
7 3 J.バトン B・A・R Honda 1:29'24.301 70 202.404 4
8 17 R.シューマッハ トヨタ 1:29'25.343 70 202.365 6
9 15 C.クリエン レッドブル 1:29'28.687 70 202.239 6
10 4 佐藤琢磨 B・A・R Honda 1:30'05.528 70 200.861 6
11 12 F.マッサ ザウバー 1:30'16.625 70 200.449 10
12 11 J.ビルヌーブ ザウバー 1:30'17.449 70 200.419 11
13 16 J.トゥルーリ トヨタ 1:29'04.725 69 200.243 8
14 21 C.アルバース ミナルディ 1:30'26.178 69 197.237 12
15 19 N.カーティケヤン ジョーダン 1:29'30.524 68 196.393 12
  18 T.モンテイロ ジョーダン メカニカルトラブル 55 196.420 14
  7 M.ウェーバー ウィリアムズBMW 周回数不足 45 129.713 13
  20 R.ドーンボス ミナルディ エンジン 34 193.363 13
  8 A.ピッツォ二ア ウィリアムズBMW アクシデント 0 0.000 -
  14 D.クルサード レッドブル アクシデント 0 0.000 -
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位


セッションレポート . .
9月25日(日)
曇り/ドライコンディション
 
 フェルナンド・アロンソ(ルノー)とキミ・ライッコネン(マクラーレン・メルセデス)によるタイトル決定戦となったブラジルGPはいよいよ決勝日を迎えた。決戦の舞台となるアウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェには、昨夜から激しい雨が降り注いだが、その雨も朝方には上がる。しかし上空は厚い雨雲に覆われ、いつ雨が降り出してもおかしくない不安定な天候の中、午後2時(日本時間26日午前2時)、フォーメーションラップがスタート。なお、ザウバー・ペトロナスのジャック・ビルヌーブは、パルクフェルメ保管中にマシンに調整を加えたことにより、予選タイムを抹消されるペナルティを科され、ピットスタートを選択。これにより、12番手のティアゴ・モンティロ(ジョーダン)以降のドライバーは、グリッドが1つ繰り上がることになった。
 
 そして決勝がスタート。ポールポジションのフェルナンド・アロンソ(ルノー)が好スタートを切り、2番グリッドのファン-パブロ・モントーヤ(マクラーレン・メルセデス)を抑え、トップで1コーナーへ。3番手グリッドのジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)は1コーナーまではポジションをキープするが、5番グリッドのキミ・ライッコネン(マクラーレン・メルセデス)と7番グリッドのミハエル・シューマッハ(フェラーリ)に交わされ、順位を落とす。
 
 その後方では、13番グリッドからスタートしたアントニオ・ピッツォニア(BMWウィリアムズ)にデビッド・クルサード(レッドブル)が接触。たまらずホームストレート上でスピンしたA.ピッツォニアは、D.クルサード、そしてチームメイトのマーク・ウェーバー(BMWウィリアムズ)を巻き込みながらコースアウトしてしまう。このアクシデントによりマシンの損傷の大きいA.ピッツォニアとD.クルサードはリタイアする。
 
 このアクシデントによりコース上に撒き散らされたマシンパーツの撤去のため、レースはセーフティカーが導入される。なおM.ウェーバーは自力でコースに復帰するが、マシンのダメージが大きく、修理のためピットインを余儀なくされる。
 
 また、前日の公式予選でタイム計測を行なわず、グリッド最後尾からスタートした佐藤琢磨(B・A・R Honda)は、中盤グループのアクシデントをうまく交わし、11位までポジションアップを果たす。
 
 レースは3周目にリ・スタート。直後の1コーナーで5番手に順位を落としていたG.フィジケラがM.シューマッハを交わし、4番手へ。またJ-P.モントーヤもバックストレートエンドでF.アロンソを交わしトップに浮上する。
 
 トップに立ったJ-P.モントーヤは、ファステストラップを次々と更新しながら、2番手のF.アロンソを引き離しにかかる。一時は4秒以上の差をつけられたF.アロンソだったが、17周目あたりからペースも上がり、J-P.モントーヤとの差を少しづつ詰めていく。しかし3番手走行のK.ライッコネンは、トップ2台のペースについていけず、徐々に引き離されてしまう。
 
 22周目、F.アロンソが最初のピットインを行なう。F.アロンソは8.1秒の静止時間でコースに復帰。このピットストップを皮切りに、上位陣が続々とピットインを開始する。トップのJ-P.モントーヤは、28周目にピットイン。これによりK.ライッコネンがトップとなる。燃料が軽くなったK.ライッコネンはペースを上げ、31周目にようやくピットイン。10.0秒とやや長めの静止時間となったが、F.アロンソの前に出ることに成功し、マクラーレン・メルセデスは1-2体制を築く。
 
 3番手に順位を落としたF.アロンソだが、K.ライッコネンが優勝しても3位に入れば、自力でタイトルを決定することができる。すでに4番手のM.シューマッハは15秒以上後方にいるため、無理をする必要はまったくなかった。48周目、F.アロンソは2回目のピットストップを行なうが、M.シューマッハの前でコース復帰を果たす。
 
 トップを走るJ-P.モントーヤは、2番手K.ライッコネンに4.4秒差をつけ、54周目に2回目のピットイン。F.アロンソに順位を奪われることなくコースに復帰する。一方、K.ライッコネンは59周目にピットイン。5.8秒の静止時間でコースに復帰するが、僅差でJ-P.モントーヤがトップを守る。
 
 終盤に入り、F.アロンソがペースを落としたため、マクラーレン・メルセデスの2台も無理をせず、安全策を採る。結局順位に変動はなく1位J-P.モントーヤ、2位K.ライッコネンの順でチェッカー。マクラーレン・メルセデスは今季初の1-2フィニッシュを飾った。そしてF.アロンソは3位でフィニッシュ。この瞬間、24歳58日でのタイトル獲得という、史上最年少チャンピオンが誕生した。
 
 4位にはM.シューマッハが入り、以下、G.フィジケラ、ルーベンス・バリチェッロ(フェラーリ)、ジェンソン・バトン(B・A・R Honda)、ラルフ・シューマッハ(トヨタ)がポイントを獲得。グリッド最後尾から1ストップ作戦に出た佐藤は、一時6番手まで順位を上げたものの10位でフィニッシュ。残念ながらポイント獲得にはいたらかった。
 
 ドライバーズ・タイトルは逃したマクラーレン・メルセデスだが、今回1-2を飾ったため、コンストラクターズ・ランキングは、ルノーを交わし、トップに浮上。しかし、両チームの差は、わずか『2』ポイント。こちらは最終戦までもつれそうだ。

F1佐藤がホンダ残留否定 移籍を希望

【リオデジャネイロ22日共同】自動車F1シリーズで、来季正ドライバーの座を失うことが決まっている佐藤琢磨(BARホンダ)は22日、サンパウロで記者会見し「来年、このチームにはいないでしょう」と、控えドライバーとしてチームに残留することを否定した。
 BARホンダは21日、新加入のルーベンス・バリチェロ(ブラジル)と、移籍問題で揺れていたジェンソン・バトン(英国)の2人を来季の正ドライバーとして発表。これについて佐藤は「僕自身はこういう結末になると思っていなかった」と無念そうに話した。 佐藤のマネジャーは、10月9日決勝の日本グランプリまでに進路を決めたいとしているが、他チームの来季布陣は決まっているところが多く、状況は厳しい。

琢磨はどこのチームにいくんでしょうか??

佐藤正ドライバーの座失う Bホンダがバトンらと契約

ほんとに残念です。
 【ロンドン21日共同】自動車のF1シリーズに日本人としてただ1人参戦しているBARホンダの佐藤琢磨が21日、来季は同チームの正ドライバーの座を失うことが決まった。
 BARホンダは同日、ジェンソン・バトン(英国)と契約を延長し、あらたに複数年契約を結んだ。既に、現在はフェラーリに所属しているルーベンス・バリチェロ(ブラジル)の、来季からの移籍加入を発表しており、これで2人の正ドライバーが確定。佐藤は今後、控えドライバーとしてチームに残るか、移籍先を探すことになる。
 同チームのニック・フライ代表は「2005年までで(佐藤)琢磨との契約は終わる。今後については現在、話し合いを行っている」とコメントした

やっと作るぞ!!

やっとF201のボディを購入しました
フェラーリF2004を作るぞー
こんな感じかな??11270469198637.jpg

ベルギーGPを忘れたいシューマッハ

ミハエルにとっては厳しいレースだったようです・・・・

ミハエル・シューマッハがレース終了前にサーキットを後にすることは極めて珍しいことだが、ベルギーGP決勝当日はさっさと帰ってしまった。

特に上位に入る可能性もあったレースなだけに、リタイアで終わったベルギーGPはシューマッハにとって手痛い一戦となった。シューマッハがサーキットに長居をしなかったとしても無理はない。

「今シーズン起きたことの中で、できるだけ早く忘れたい出来事の一つだよ」とシューマッハはレース後に語った。「最初は怒っていたけれど、すぐにその怒りも覚めると思うよ。全く愚かなアクシデントでリタイアさせられるなんて、本当にばかげているよ」

嫌なアクシデントを早く忘れようとして、シューマッハはその晩、妻のコリーナや数人の友人たちと過ごしていたようだ。

「レースは僕が望んだようにはいかなかった。スタート直後に雨が降り始めて、その後はトップまで登っていかれるはずだったんだ。残念なことに雨は降らなかったし、レースは思いがけない方向に進んだしね。ポイントが獲れると信じていたし、モントーヤの事故も考慮に入れるなら、もっといい結果を手にできたはずだよ。とにかく、“もしも”や“でも”、“たぶん”といったことは僕の辞書にはないんだ」

「僕たちの一番の目標はもっと競争力を発揮することだった。でもまた、思い通りにはならなかったね。いい走りはできたけれど、十分ではなかった。普通の天候だったらチャンスはなかっただろうし、ウエットでも良くなかったからね。シーズン残り3戦に向けて、これからもパフォーマンスを改善するために、ベストを尽くしていかなければならない。そのことだけに集中し続けることになるだろう」

ベルギーGP後、シューマッハは数日の休暇を取り、水曜日にはスポンサーのイベントに出席する予定になっている。

そして2005年F1シーズンはヨーロッパに別れ告げて、ラスト3戦が行われるブラジル、日本、そして中国へと移動する。

イタリアGP決勝

琢磨惜しい!!
給油のリグが壊れなければ、バトンの位置でゴールできたのに。。。。
相変わらずトップ4は前線と同じ・・・
トヨタの好調とフェラーリの不調が特に目立ちました・・・

決勝結果 . .
順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回 平均速度 (km/h) 最高位
1 10 J-P.モントーヤ マクラーレン・メルセデス 1:14'28.659 53 247.096 1
2 5 F.アロンソ ルノー 1:14'31.138 53 246.959 2
3 6 G.フィジケラ ルノー 1:14'46.634 53 246.106 2
4 9 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス 1:14'51.434 53 245.843 2
5 16 J.トゥルーリ トヨタ 1:15'02.445 53 245.242 3
6 17 R.シューマッハ トヨタ 1:15'12.584 53 244.691 3
7 8 A.ピッツォ二ア ウィリアムズBMW 1:15'13.302 53 244.652 4
8 3 J.バトン B・A・R Honda 1:15'32.294 53 243.627 3
9 12 F.マッサ ザウバー 1:15'44.072 53 242.996 7
10 1 M.シューマッハ フェラーリ 1:16'04.729 53 241.896 6
11 11 J.ビルヌーブ ザウバー 1:14'29.901 52 242.362 9
12 2 R.バリチェッロ フェラーリ 1:14'33.570 52 242.163 5
13 15 C.クリエン レッドブル 1:14'34.359 52 242.121 9
14 7 M.ウェーバー ウィリアムズBMW 1:14'35.624 52 242.052 14
15 14 D.クルサード レッドブル 1:14'51.151 52 241.215 13
16 4 佐藤琢磨 B・A・R Honda 1:14'52.104 52 241.164 4
17 18 T.モンテイロ ジョーダン 1:14'42.264 51 237.041 15
18 20 R.ドーンボス ミナルディ 1:14'53.706 51 236.437 15
19 21 C.アルバース ミナルディ 1:15'26.715 51 234.713 19
20 19 N.カーティケヤン ジョーダン 1:15'45.892 50 229.135 20


セッションレポート . .
9月4日(日)
晴れ/ドライコンディション
 
 前日の夜に天候が崩れ、激しい雨が降り注いだが、朝方には天候は回復し、路面は完全ドライ。アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァは気温28℃、路面温度45℃というコンディションの中、決勝を迎える。
 
 午後2時(日本時間午後9時)、予定通り決勝がスタート。ポールポジションのファン-パブロ.モントーヤ(マクラーレン・メルセデス)、2番手フェルナンド・アロンソ(ルノー)は共に好スタートを切り、1コーナーへ。今季最高位タイとなる4番グリッドからスタートした佐藤琢磨(B・A・R Honda)はやや遅れ、5番グリッドのヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)に交わされるが、佐藤は最終のパラボリカでJ.トゥルーリをパス。オープニングラップをチームメイトのジェンソン・バトンに続く4番手で戻ってくる。
 
 トップのJ-P.モントーヤは、序盤からファステストラップを連発しながら、2番手以下を引き離しにかかるが、F.アロンソもファステストラップで応酬し、ぴったりと追従。3番手のジェンソン・バトン(B・A・R Honda)は、トップ2台のペースについていけず、徐々に引き離されていき、今回も序盤からマクラーレンとルノーのマッチレースの様相を見せ始める。
 
 13周目には7番手を走行するミハエル・シューマッハ、その翌周にはルーベンス・バリチェッロとフェラーリ勢が1回目のピットイン。そして16周目、表彰台圏内の4番手を走行する佐藤が1回目のピットイン。静止時間8.5秒とチームは素早い作業で佐藤をコースに送り出すが、ここで思わぬトラブルが佐藤を襲うことになる。燃料補給でトラブルが発生し、チームは確認のために翌周佐藤をピットに戻し、追加の給油を実施。この緊急ピットインにより16番手までポジションを落とした佐藤は、追加の燃料を搭載した重たいマシンでのドライブを余儀なくされ、ペースを上げることができず。
 
 2番手を走るF.アロンソは19周目に1回目のピットイン。静止時間は11秒と第2スティントを長めにとる作戦を採ったようだ。そして、前日の公式予選でトップタイムを記録しながら、エンジン交換による“10グリッド降格”のペナルティで11番グリッドからスタートしたキミ・ライッコネン(マクラーレン・メルセデス)の直前でコースに戻り、約1周半に渡り、K.ライッコネンを抑えることに成功する。とはいえ、この時点でピットインを行なっておらず、車重の軽いK.ライッコネンはスピードに勝り、20周目の1コーナー手前でF.アロンソをオーバーテイク。しかし、オーバースピードで1コーナーをショートカットしたために、一旦F.アロンソを先行させた後、続くロッジアの進入で再びF.アロンソを抜き去った。
 
 トップのJ-P.モントーヤは20周目にピットイン。後続とのタイム差からトップままコースに復帰を果たす。優勝争いを演じる2台は予想通り2ストップ作戦を採ってきたが、驚くべきはK.ライッコネンだった。レース序盤からジャック・ビルヌーブ(ザウバー・ペトロナス)に阻まれ、ペースを上げられなかったK.ライッコネンだが、J.ビルヌーブがピットインをすると猛然とプッシュ。22周目にはラルフ・シューマッハ(トヨタ)のピットインで2番手までポジションを上げると、23周目、24周目と立て続けにファステストを記録し、25周目に1回目のピットイン。K.ライッコネンの静止時間は11.5秒、この時点で1ストップ作戦を選択したことが有力となる。
 
 5番手でコースに復帰したK.ライッコネンだったが、ここで再び不運に見舞われることに。右回りのモンツァで負担のかかる左リアタイヤにトラブルが発生。K.ライッコネンは28周目、この左タイヤのみを交換するための緊急ピットインを余儀なくされ、11番手までポジションをダウン。しかし、K.ライッコネンは諦めず、終盤に向けて再びペースを上げ、チェッカーまで10周を切った44周目には4番手を走行するJ.トゥルーリを交わし、3番手のジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)に迫る。しかし、G.フィジケラの背後につけた45周目のロッジアで痛恨のスピン。幸いマシンにダメージはなく、レースに復帰を果たすが、J.トゥルーリに交わされ5番手にポジションを落としてしまう。
 
 チームメイトのJ-P.モントーヤは、第2スティント以降も2番手のF.アロンソのタイム差を一定に保ち、トップのまま終盤へ。しかし、残り5周を切ったところで、J-P.モントーヤの左リアタイヤにもK.ライッコネン同様のトラブルが発生。チームは緊急ピットインに備え、タイヤ交換を用意するが、J-P.モントーヤはペースを落としながらもコース上に留まる。約10秒あったF.アロンソとのタイム差は6.2秒、4.9秒とみるみる縮まるが、最後は3.5秒差でF.アロンソを抑え切り、トップでチェッカー。7月のイギリスGP以来となる今季2勝目を挙げた。
 
 優勝したJ-P.モントーヤは、「終盤、左リアタイヤにトラブルが発生し、グリップがなくなった。アロンソのペースを考えながら、ギリギリのペースで走った」と苦しいレースだったとコメント。一方、2位のF.アロンソは「終盤プッシュしたけどダメだった。2位でも満足しているよ。キミより前でフィニッシュできたんだからね」と満足げにコメントした。3位はG.フィジケラが入り、4位は47周目にパラボリカでJ.トゥルーリを抜き返したK.ライッコネンが入った。以下、J.トゥルーリ、R.シューマッハ(トヨタ)、アントニオ・ピッツォニア(BMWウィリアムズ)、J.バトンというトップ8。佐藤は中盤以降もペースを上げられない苦しい戦いが続き、トップから1周遅れの16位でチェッカーを受けている。
 
 この結果、ポイントリーダーのF.アロンソとK.ライッコネンのポイント差は3ポイント拡がり『27』。ヨーロッパ・ラウンド最終戦となる次戦ベルギーGP(9月11日決勝)でF.アロンソがK.ライッコネンに4ポイント差をつけてフィニッシュすれば、残り3戦の結果を待たずして、ドライバーズ・タイトル獲得が決まる。また、地元モンツァで入賞圏外の10位フィニッシュと惨敗のM.シューマッハは、F.アロンソとのポイント差が『48』となり、残り4戦の結果を待たずして、6年連続のドライバーズ・タイトル獲得の可能性は消滅している。
プロフィール

ラジマニ

Author:ラジマニ
のんびりマイペースに綴っていくラジマニ(Razimn)のブログです。F1、鉄道が主です。

最近は年に1回の鈴鹿サーキット詣でを継続中。
鉄道では、東は北海道から西は九州まで、被写体を求めてあちらこちらに出かけています。


鉄道ブログランキングに参加してます!よかったらクリックお願いします!!→鉄道コム
人気blogランキングへ RC Maniax
FC2 Blog Rankingランキング参加中!!クリックよろしく!!

現在使用機材(すべてキヤノン)
IXY 32S
EOS Kiss X3
EOS 7D mark II

EF-S 18 - 55 mm F3.5 - 5.6 IS
EF-S 18 - 135mm F3.5 - 5.6 IS STM
EF-S 55 - 250 mm F4 - 5.6 IS
EF 70 - 200 mm F4L IS USM

EF 50 mm F1.8 II
EF 300 mm F4L IS USM
Extender EF1.4× II

当ブログの記事、画像の著作権は放棄していません.無断での利用、改ざん、複製などは行ってはいけません。

最近の記事
FC2ブログランキング
ぜひクリックをお願いします!!

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
ぶつぶつ・・・
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ユーザータグ

DD51 24系 EF65 381系 485系 トワイライトエクスプレス 115系 キハ40系 EF81 EF64 14系 221系 103系 223系 宝殿 183系 EF510 113系 DE10 EF66 サロンカーなにわ ED79 EF210 山崎 函館 北斗 100系 キハ183系 くろしお 683系 曽根 札幌 新大阪 789系 はまなす 681系 475系 北斗星 205系 白鳥 北越 287系 青森 201系 N700系 東十条 京都 四日市 281系 カシオペア 12系 211系 高岡 E26系 姫路 F1 413系 いなほ 105系 清洲 キハ261系 岡山 700系 207系 583系 日本海 DE15 300系 富山 500系 225系 広島 あけぼの 185系 長岡京 谷川 DF200 直江津 キハ40 油川 オホーツク 五稜郭 117系 東富山 200系 キハ281系 新潟 富田浜 はくたか キハ283系 大阪 津軽宮田 E2系 加古川 上野 須磨 189系 283系 こうのとり 尾久 大宮 E231系 柏原 あずさ 下滝 E4系 御着 東室蘭 383系 野田 熊谷 E3系 EH500 白浜 向洋 本輪西 尼崎 鈴鹿 水橋 島本 キハ85系 711系 茨木 黒山 E351系 0系 新倉敷 くびき野 785系 新青森 しなの 相生 E233系 C56 キハ120系 EF200 南松本 321系 倶利伽羅 EH800 キハ150系 白石 701系 亀田 大沼 敦賀 福知山 堺市 285系 C57 ばんえつ物語 EH200 521系 福山 きたぐに 西明石 春日山 平田 岐阜 名古屋 富田 亀山 227系 松本 枇杷島 SLやまぐち カムイ 釜谷 長鳥 美袋 荻川 梁瀬 山城 E5系 黒井 E127系 引退 ED45 塚本 和田山 稲沢 苗穂 間島 石動 塩浜 塩屋 下庄 花園 西川原 サンダーバード 赤プレ 313系 EF67 ひめじ別所 福島 村上 おおぞら E751系 佐々木 塚山 E257系 やくも フェラーリ とかち つがる 網干 733系 甲府 大サロ 赤羽 新津 豊栄 三岐鉄道 平野 余目 米子 暁学園前 向日町 西袋 秋田 新山口 瀬戸 高田 上夜久野 郡山 旧型客車 糸魚川 天王寺 キハ47 後潟 藍本 セメント 相模湖 天神川 文学少女 仁川 佐藤琢磨 鶴ヶ丘 八本松 大津トンネル 倉敷 津和野 加古川線 ラッピングトレイン 長岡 根雨 上野原 琴似 朝来 森ノ宮 石生 145系 DD452 東三条 サンライズエクスプレス 野田生 しらさぎ 南紀 金光臨 船平山 安芸長束 池袋 上石見 大麻 生山 三滝 左堰 渡島当別 415系 キハ185系 越中大門 会津若松 泉沢 エアポート 綾部 山家 米原 923形 高槻 鶯谷 高尾 きのさき 春日井 浅香 87系 丹波竹田 芦屋 上郡 かいじ 今宮 市島 はまかぜ ドクターイエロー 岩船町 岩見沢 C11 キハ11形  篠目 323系 キハ189系 出雲 太平洋セメント トワイライトエクスプレス瑞風 中庄 須原 川部  呉羽 横川 阿漕 510系 厚狭 ノロッコ 稲穂 脇野田 竜野 北新井 保内 堅田 キハ52系 金沢 宮原 島高松 島内 鶴岡 上道 マイテ49 弁天町 27号機 新井口 中沢 砂越 奥内 高井田 富良野 キハ120 東酒田 豊岡 下夜久野 千歳 河内堅上 四ツ小屋 HOT7000系 岸辺 瀬辺地 府屋 徳島 すずらん 南今庄 平林 中津川 国鉄色 山科 落合川 七飯 久宝寺 黒坂 椿 ブルーノ・セナ  キハ110 紀伊富田 紀伊新庄 山梨市 E1系 E259系 奥出雲おろち 渋谷 新宮 トロロッソ 新札幌 原色 玉柏 ことぶき 蟹田 タミヤ のぞみ ホンダ 新幹線 721系 213系 杉本町 落部 千里丘 猿橋 明石 東神奈川 くずりゅう DD511 桜木町 KE65 アイランドエクスプレス四国II 豊浦 東高島 英賀保 東淀川 金手 土崎 ED75 大月 SAF1 ひかり 後三年 新神戸 ニセコ 桑園 旭山動物園 宗谷 鯨波 ひだ 柏崎 C58 撫牛子 大津京 芦原橋 津軽新城 梅小路 C62 キハ183 キハ181 七重浜 交通科学博物館 飯詰 四方津 勝沼ぶどう郷 121系 2000系 キハ28系 登別 苫小牧 青海 西高岡 朝里 小樽築港 甲種輸送 西条 大歳 津山 キハE120系 キハ110系 E129系 289系 有年 ノスタルジー 勝木  みまさかスローライフ 田端 鍋倉 徳佐 紀伊勝浦 紀伊田辺 湯川 相野 紀伊浦上 上狛 サンライナー 津幡 出雲市 伯耆溝口 江・浅井三姉妹博覧会 備中広瀬 堂島 広田 ノースレインボーエクスプレス 大安寺 苗穂工場 札幌運転所 青森車両センター 福知山線 川棚温泉 越後石山 こだま 半分の月がのぼる空 土岐市 馬堀 吉塚 牧山 和歌山 南部 E655系 武蔵浦和 253系 岩代 橋本紡 仁山 山本ケイジ 妙高 安治川口 紀伊田原 下里 茂辺地 三田 上磯 札苅 ラベンダー畑 中島 ヘッドマーク あいづ HB-E300系 学田 オヤ31 西中 東京 谷浜 ワム 311系 早通 天空の城竹田城跡号 キハ85 回送 上菅 あつみ温泉 瀬野 HD300 大久保 豊科 摂津富田 倉本 HK100 フォーミュラチャレンジ・ジャパン 長門峡 古座 串本 大桑 保々 小岩川 酒田 中富良野 荘原 はまかいじ 上八木 梶屋敷 新白島 湯ノ峠 柏矢町 鹿討 加茂 新潟貨物ターミナル 王寺 181系 151系 広島車両所 D51 DD13 DF50 ムド キハ189 F1モデリング アロンソ 北長岡 キハ80 クビサ 工臨 川西池田 クモヤ443系 ポルシェカレラカップジャパン キハ181系 能生 フライアッシュ 8866レ サンライズ出雲 上野動物園 零戦 MLRV1000 アニメ 涼宮ハルヒ 篠山口 北千住 さよなら運転 新守山 広島電鉄 西武30000系 大曽根 十条 サインライズ瀬戸 長居 KTR8000 三軒茶屋 西脇市 我孫子町 我孫子 K53編成 解体 三国ヶ丘 西日暮里 MRT300形 行田 南与野 西浦和 横浜 熱海 亀岡 M250 雷鳥 70-000形 シキ 日本GP KERS F2008K フォースインディア ウィリアムズ 2009年 赤穂 マクラーレン 高島 鈴木亜久里 FIA 北長瀬 瀬野八 芦原橋駅 播但線 ライコネン トヨタ 廃止 富士スピードウェイ 青プレ BMWザウバー F1 F103 キヤ97系 RC 新下関 F60 安中貨物 新宿 西河原 F1撤退 920IS  中秋の名月 レッドブル 吹田 臨時 IXY ななつ星in九州 RC 鶴ケ丘 筒井 幡屋 加茂中 宍道 直江 木次 出雲八代 油木 出雲坂根 出雲三成 八鹿 江原 金川 祖谷口 三縄 南風 備前一宮 庭瀬 国府 備前原 法界院 備後落合 渡川 肥前白石 あかつき 魚住 朝霧 肥前竜王 西諫早 肥前長田 湯江 喜々津 丹生川 三里 石部 甲西 三雲 貴生川 手原 香呂 甘地 福崎 仁豊野  みの 南千歳 旭山動物園号 フラノラベンダーエクスプレス 上富良野 陣屋町 函館運輸所 千種 北広島 ながまれ号 茂尻 赤平 マリンビュー 海田市 吉見 梅ヶ峠 宮島口 阿品 鷲別 桂川 DD51 長都 黄金 小淵沢 長坂 みどり湖 塩尻 鳥沢 立川 詫間 しまんと E353系 蘭島 豊幌 礼文 大岸 洞爺 崎守 静狩 長万部 江別 手稲 鷲ノ巣 伊賀屋 神埼 広野 長船 玄武洞 香住 新三田 大多喜 大原 総元 西畑 岩美 大岩 キハ187系 名和 大山口 だいせん まつかぜ  湖山 鳥取大学前 松崎 上総東 薊野 江津 折居 三保三隅 和木 浅利 仁万 小田 田儀 五十猛 大竹 東姫路 黒川 大杉 土佐北川 土佐一宮 塩入 久々原 大張野 和田 早島 新広 安芸阿賀 いしづち 7200系 8000系 二軒屋 サンポート 讃岐府中 美作加茂 知和 鴨川 讃岐白鳥 引田 地蔵橋 文化の森 勝瑞 池谷 剣山 蔵本 うずしお N2000系 佐古 三浦 美作滝尾 姫路貨物 2600系 多治見 坂下 瀬戸内マリンビュー   川原石 仁方 野尻 上松 仁保 青野山 地福 矢原 上郷 西九条 木曽福島 京橋 大阪城公園 小串 湯玉 マヤ34 サロベツ 美々 C51 平和 札幌貨物ターミナル キヤ141系 近江八幡 キハ141系 郷沢 ブナ DD15 日本海縦貫線号 あすか 函館市電 キヤ143系 西出雲 北常盤 大釈迦 鶴ヶ坂 はるか 朝日 氷見 島尾 みのり 川口 石原 高津 竹田 はしだて KTR8000形 田町 踊り子 EF510 西国分寺 651系 キヤ95系 キハ122形 風っこ 251系 E721系 ゆう 稲城長沼 矢野口 羽前大山 羽前水沢 ニコニコ超会議号 新今宮 仁賀保 カンセンジャー 吹浦 女鹿 こまち 8600系 ヨ8000 にちりん E653系 とき 上沼垂 西小倉 白山 コキ72 101系 いせ さくら夙川 南鳥海 レールスター E351系 塩山 EF510 中山 菊名 209系 キハ261 R32 宮内 越後広田 入野 河内 鼠ヶ関 遊佐 長浜 虎姫 来迎寺 おはよう信越 さつき野 田村 余呉 木古内 キハ56系 桔梗 仙台 備中高松 下関 123系 梅林 黒井村 はやぶさ E6系 六十谷 紀伊中ノ島 東長原 西広島 紀伊日置 周参見 上野芝 熊取 芳養 武並 恵那 玉江 三見 宇田郷 須佐 長門粟野 阿川 宇賀本郷 長門二見 滝部 東港 ND552 岩本 津久田 瑞浪 美乃坂本 越後川口 小千谷 ND60 勝川 越後早川 伊勢崎 駒形 東成岩 半田埠頭 衣浦臨海鉄道 一身田 箕島 紀伊宮原 日羽 尾鷲 宇久井 みえ キハ75形 豊前松江 椎田 小倉 木之本 jはやぶさ くまげら 新疋田 矢賀 田沢 岸本 江尾 上野尻 徳沢 津川 三川 山都 喜多方 シティライナー フルーティア 719系 新関 東新津 井倉 石蟹 新見 方谷 木野山 吉田 清音 豪渓 焼島 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
カレンダー
08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
RSSフィード